【レビュー】軽井沢スウィートグラス「コテージ トントゥの庭」に泊まった

スポンサーリンク

軽井沢スウィートグラスに新しくできた「コテージ トントゥの庭」に泊まってみました。隅々までこだわった、上質な空間でした。

コテージ トントゥの庭 ~開放的な隠れ家~

http://sweetgrass.jp/greenstyle/facility/cottage_tonttu.html

軽井沢スウィートグラス
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579

体験レビュー

ちょっと道を迷いつつ、スウィートグラスに到着したのは18時過ぎ。標高1,000mを超える高台にあるので、東京とは気温も空気の感じもまったく違います。6月でも長袖必須。ウィンドブレーカーとかフリースの一枚でもあれば快適そうです。

受付では薪ストーブの使い方やゴミの出し方をレクチャーいただいて、いざ「トントゥの庭」へ!コテージの真横に車が停められるので超便利ですね。

そして・・・扉を開けると・・・おおー!木の香りがする!キレイ!白い!シンプル!!!!!!!

P6300265

右奥にあるのが入口。その右側に、お風呂とトイレが別々に。真ん中には大きなダイニングテーブル。キッチンが対面式でオープンな空間にあるため、料理をしていても会話ができるのはよいですね!

P6300260

黒い煙突の薪ストーブを奥に見ながら、イスでまったり。ブレちゃってるけど、右奥にある階段を上がると、二階のロフトへ行けます。ロフトにはハンモックもあって、子供たちも楽しめそう。

P6300262

薪ストーブはハマります。暖かくなるまで少し時間がかかるけど、ひとたび勢いがついたらピザも焼けるしお湯も沸かすしダッチオーブンもウマイし、極上の時間が過ごせました。外は寒いのに、薪ストーブのおかげで室内は半袖で過ごせるほどに!

P6300261

片方はゆりかごタイプ、もう片方は固定タイプのイス。真ん中の子テーブルもいい感じ。

P6300279

ハナマサで買ったピザにズッキーニを乗せて、薪ストーブで焼く。パリパリかつジューシーでウマイ!安い食材でも、調理方法ですごく味が変わりますね。

P6300275

一般的なガスコンロもあるから、薪ストーブ以外でも手軽に調理が可能です。

P6300273

二階へ上がる階段。一階に個室がひとつ、二階にロフトという構成なので、寝室を男女別に分けたり、オトナの部屋と子供の部屋という振り分けが可能。一階の個室も「バタン」と閉まる扉ではなく、カーテン式なので疎外感がありません。

P7010291

冒険気分で二階のロフトを進むと、奥にはハンモックが!

感想

「コテージ トントゥの庭」は、とにかく上質です。世間のコテージにありがちな、「なんか古くさい感じ」や「いなたい感じ」が微塵もありません。

たとえば、キッチンや薪ストーブ、外のテラスに置いてあるアメリカンなBBQグリルには、(よくも悪くも)一切の説明書きがありません。これがふつーのコテージだったら、いろんなところに日本語のシールが貼られ、「熱湯注意」とか「ガスの元栓は閉めましたか?」みたいな青とか赤の文字が躍っていると思います。

しかし、「コテージ トントゥの庭」はそんなものが一切なく、実は目に入ってくる範囲にほとんど「文字」がないことに気づかされます。「文字」が入ってくると、人間の脳は「処理」を求められますが、「文字」がなければ感覚のままで過ごすことができます。

さらに、お風呂とトイレ以外には「バタン」と閉まる扉がなく、すべての空間がつながっているために一体感がキチンとあります。グループで泊まりに行ってるのに女の子たちが個室から出てこなくて微妙、ということもありません。

日常から解放される、素晴らしい空間でした。バスルームはヒノキの香りが本当に心地よかった!

次回また遊びに行くときのためのメモ書き。

  • 箸がないので、割り箸でもあるとよいかも
  • アメニティ一切なし。タオルが汚れたら敷地内にコインランドリーと乾燥機あり
  • コンビニやスーパーも車ならすぐの距離
  • ふたりの利用だと持て余す広さなので、やっぱりグループで
  • キッチンやコンロまわりの油汚れを拭き取れるものがないので、なんか持参
  • じっくりゆっくり過ごしたい

やー、いいとこでした。

コテージ トントゥの庭 ~開放的な隠れ家~

http://sweetgrass.jp/greenstyle/facility/cottage_tonttu.html

軽井沢スウィートグラス
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579

レビューの依頼を募集しています

月間35万PV(2016年7月時点)の「扉の先通信」では、さまざまな製品・サービスのレビュー執筆依頼を募集しております。以下のページからご連絡くださいませ。

https://www.magarisugi.net/sendmail/