Cyclone Analogic TT-303買った

スポンサーリンク

ビヨビヨブリブリなアシッドベース音。ダンスミュージックシーンで一度は聞いたことがあるであろう名器「ローランド TB-303」。

1982年に発売され、一時は誰も見向きしなくなったけど90年代にダンスミュージック用として再評価された伝説の電子楽器です。オリジナルのTB-303はすごいプレミア価格になりました。

こんな音のアレね。1分40秒あたりからTB-303が登場です。

で、TB-303の大ブーム・超プレミアに乗って、TB-303の音を模倣した楽器もたくさんリリースされてきました。

その中でも、外観までほぼ完璧に模倣していて、これはさすがにマズイんじゃないかと言われつつも販売が続いているのが「Cyclone Analogic TT-303」。

Cyclone analogic Official Store

http://www.cyclone-analogic.fr/en/

大きさも、ボタンの配置も、ほぼオリジナルのTB-303です。遠くから見てたら分からない感じ。音もしっかりTB-303サウンドで、ビヨビヨブリブリ言わせています。

tt-303_4

tt-303_2

※画像はhttp://www.cyclone-analogic.fr/en/より

前置きが長くなりましたが、この「TT-303」を購入しました!

到着したら試用レビューも書いてみます。楽しみです!

後日追記

本家ローランドからも、ついにTB-303の外観まで模した「TB-03」が発表されました。

TT-303との主な違いは・・・

  • アナログではなくデジタル(ACBテクノロジーによる再現)
  • 筐体が金属製に(TT-303はTB-303と同じくプラスチック製)
  • つまみがちょっと大きい(TT-303はTBー303と完全に同一)
  • オーバードライブ、ディレイのデジタルエフェクト内蔵
  • シーケンサー部分が打ち込みやすくなっているぽい
  • 本体サイズがちょっと小さい(TT-303はTBー303と完全に同一)
  • 単三電池4本またはUSBバスパワー駆動(TT-303は単二電池4本)

価格はTB-03の方がちょっと安い感じです。デモ動画を見たところ、デジタルでもしっかりとTB-303サウンドが再現されていてかなりよかったです。エフェクター内蔵も便利ですね。

私は本格的にDAWを構築してナンダカンダをつなげてタンスのように積み上げて・・・ではなく、極力シンプルなセッティングで趣味程度にアシッドベースで遊びたいので、TB-03のオールインワンっぷりは非常に気になるのでした。

もちろんTR-09も・・・