クラトムの種って売ってるのね【観賞用】

スポンサーリンク

2016年に危険ドラッグ扱いとなった「クラトム(ミトラガイナ・スペシオーサ)」という植物があります。メキシコのプロレス技みたいな名前ですな。

【外部サイト】危険ドラッグの成分5物質及び1植物種を新たに指定薬物に指定 |報道発表資料|厚生労働省

東南アジア原産の植物で、タイでは古くから嗜好品として使われていたようです(現在はタイでも違法扱い)。

私自身はクラトムは一度も使用したことがなく・・・実体験はまったくありませんが・・・

クラトムの種、売ってるのね。

http://www.marcheaozora.com/?pid=120317213

もちろん、観賞用としての販売です。法律の規制も「直ちに人の身体に使用可能な形状のものに限る」と限定されているので、クラトムの種や花を持っているだけでは規制の対象になりません。葉の部分を乾燥させて粉末状にしていたら規制対象となります。

アメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)の情報によると、クラトムは以下のような作用があるようです。

【外部サイト】DrugFacts: Kratom | National Institute on Drug Abuse (NIDA)

クラトムは脳にどんな影響を与えますか?

クラトムはヘロインと覚醒剤の両方に似た効果を引き起こす可能性があります。 クラトムの葉に含まれるミトラギニンと7-α-ヒドロキシ ミトラジンの2つの化合物は脳内のオピオイド受容体に作用し、鎮静・鎮痛、多幸感をもたらします。

(上記サイトより引用・翻訳俺)

ヘロインと覚醒剤に似た効果!!!!!!!!! マジかと!!!!!!!!!

少量の摂取だと覚醒効果が高まり、大量の摂取だと鎮静効果が高まるそうです(不思議だー)。

アメリカではクラトムは合法なので、ネット通販でもいろいろ売られています。

【外部サイト】Buy Kratom Powder | FREE SHIPPING

ただまんこ ういうのって、ぶっちゃけ期待外れのことの方が多いです。

「弱いマリファナに似た雑草」とか「軽いLSDに似た植物のタネ」とか、だいたいどれもこれもまったく違います。本家から訴えられるレベルで違います。

本気ですごいものだったら、もっと話題になってるだろうし・・・。

日本だと、とにかくアルコールが激安なのでアルコールでバカになるのが一番なのでしょう。酔っていれば犯罪を犯しても罪が軽くなるらしいよ♡

というわけで、それぞれの国の法律と文化に融合できるようなトビ方を考えていきましょう。まぁ、アルコールのトビってクリエイティブじゃないから苦手なんですけどね・・・。