サイケデリック中二病

メンタルハンディキャップにもっと理解を!精神のパラリンピック

投稿日:

vapemania728*90

ついに目前に迫ってきた2020年 東京オリンピック。爆心地も公園に変わるとのことで、もう戦後ではない感が増してきましたね。

さて、オリンピックとともに注目されるのはパラリンピック。身体障害者(肢体不自由、脳性麻痺、視覚障害、知的障害)を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会(wikipediaより)です。

で、だ。

障害は身体のみに起こるものではありません。私たちの精神も、身体と同様に障害を負うものです。そんな、メンタルハンディキャッパーたちがもっと輝ける場面があってもよいではないか!よいではないか!ということで、精神のパラリンピックというものを考えてみました。one, two, ready steady go.

ひきこもりだらけのマラソン大会

部屋の扉を開けたところから、42.195kmのマラソン大会!給水所にはオカンの作ったオムライスがサランラップをかけられて待っているぞ!

鬱病だらけの騎馬戦

動かない身体にムチ打って、いざ出陣!なお、「がんばれ!」という声援はご遠慮ください。

自傷だらけの水泳大会

観衆よ、目を背けるな!これが彼らの・彼女たちの生きてきた証だ!すべての責任は我々の側にある!自傷跡治療への保険適用を!

統合失調症だらけの伝言ゲーム

幻聴・誇大妄想なんでもござれ!果たして最後はどんなストーリーが完成するのか?

躁病だらけの水中クンバカ

できないことなんてない!あふれるエネルギーを身体に宿し、いざ水中の息止めへ!ものすごく早く出てくる人と、怖いくらい潜っている人に二分されそうな予感。

PTSDだらけのすべらない話

人は誰もひとつはすべらない話を持っている・・・PTSDを乗り越えて、爆笑の渦は起こせるのか?

で、だ。

こういう話をすると「不謹慎だ」とか「障害者をバカにしている」と叩かれがちですが、パラリンピックも、かつてはそうだったと思うのです。「身体に障害がある人をスポーツで競わせるなんてとんでもない!」という偏見ですね。でも、本人たちが本気で挑んでいれば、そこに障害なんて関係なく、感動を与えてくれます。

メンタルハンディキャッパーを社会の片隅に追いやるのではなく、負け組と烙印を押すのではなく、みんなが一緒に過ごせる世界こそ、正しい状態ではないでしょうか。

開催を待つ!!!!!!!

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-サイケデリック中二病
-, , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.