【検証】ベニテングタケのスープでうまいラーメンは作れるのか?

スポンサーリンク

長野のキノコ狩りで手に入れたベニテングタケ。そのまま焼いて食べたら、あまりのウマサに悶絶したけどお腹も痛くて悶絶してしまったため・・・

【関連】ベニテングタケを食べてみた

余ったベニテングタケを鍋で煮込んで出汁を取ってみました。煮込み終わった液体がコレ

PA140025

キレイな琥珀色というか、尿みたいな色というか・・・。そして、ベニテングタケは煮込むと赤色が抜けて白いキノコになります。知らなかった!

ナマで食べたら強烈にウマかったベニテングタケ。この出汁から作ったスープが強烈にウマかったら、「ベニテンラーメン」みたいな名前で売り出せないかしら・・・名前もキャッチーだし、これはビルが建つんじゃないかしら・・・。

が、んが。

いや〜〜〜〜、強烈なキノコ臭です。シイタケともちょっと違うし、本能的に苦手と思わせる臭いの種類。精液の臭いをかいだときの気分に似ているかも。

恐る恐る飲んでみると、まーーーーーキノコ味です。ナマのキノコ味。塩を追加して、ちょっとスープぽくはなったけど、やっぱり臭いがキツイ。漢方薬だと思えばまだマシなのかなー。おいしくいただける香りではないですね・・・。

そしてやっぱり・・・スープにしても、キました!

というわけで、臭いと味とサイケデリックな一面から、残念ながらラーメンには適していないという結論に至りました。食べるならナマのままのを軽く炙るのがおいしいです!