ムツゴールドの真相を調べてみた【カンナビスカップ】

スポンサーリンク

動物王国・ムツゴロウ氏は大麻栽培免許を持ち、自ら開発した「ムツゴールド」なる品種は、カンナビスカップで入賞するほどの実力らしい・・・という都市伝説が長いことあります。

カンナビスカップというのは、大麻専門誌「HIGH TIMES」が主催している世界的な大麻の品評会。ミシュランガイドみたいなものでしょうか。ムツーゴルドが「入賞」したという部分は、話によっては「優勝」だったり「準優勝」だったりマチマチですが、まぁランクインしたことがあるよ、という感じです。

カンナビスカップについては、伝説の雑誌「BURST HIGH」が詳しいです。買えるうちに買っておきましょう。

西暦2001年、「BURST HIGH(バースト・ハイ)」なる雑誌が登場しました。いろんな思い出があるので、紹介します。

で、本当のところをカンナビスカップのサイトで調べてみました。

CANNABIS CUP PAST WINNERS

http://www.cannabiscup.com/past-winners/

・・・・結論。ムツゴールドはカンナビスカップで賞なんて取っていない!!!!!!!!!

まぁ、ムツゴールドなる品種が本当にあるのかどうかはムツ氏界隈しか知らないだろうし、ロマンあふれるお話ですよね。いまんとこ私も、「これ・・・ムツゴールドだぜ・・・」というのには出会ったことがありません。

それにしても「ムツゴールド」って素晴らしい響きだと思います。誰が最初に言い出したんだろう? 言葉の響きと、ムツゴロウさんの「ひょっとしたらそうかも」な感じが、都市伝説に拍車をかけたのでしょう。

オウム真理教が作ったLSDを「OLストリート」と呼んだ人もなかなかのセンスですし、エスカップのコーラ割りを「エスコーク」と呼んだのも、なかなかだと思います。歌手のリアーナは「マリアーナ」というダジャレみたなブランドを作りましたが・・・。

スヌープ・ドッグに続いてR&Bシンガー/モデルのリアーナも、「マリアーナ by リアーナ」という大麻ブランドを立ち上げるようです。

なお、奄美大島で密かに開発されて来たという「Shiatsu Kush」は実在しています。

奄美大島で密かに育てられてきたという伝説のマリファナ「Shiatsu Kush」について調べてみました。

奄美・指圧ということで・・・ビッグダディが生みの親じゃないかというウワサもあったけど、ダディはいつもプンプン怒っているので個人的には関係ないと思っています。

マリファナの名品を名前に冠したNATUuR社のCBDリキッドシリーズにムツゴールドが登場する日は・・・たぶん来ない。

CBDリキッドの常識を変える!オランダ・NATUuR(ナチュール)社のテルペン入りCBDリキッド試してみました。

ロマンって素敵!!!!! いつか俺も、自分の名前のマリファナブランドと似顔絵入りアシッドペーパーを作りたいです!