サイケデリクス

UPSマークには要注意!粗悪なエクスタシーもどきがイギリスで流通中

投稿日:

vapemania728*90

宅配会社「UPS」のロゴが勝手に刻印された錠剤がイギリスのアンダーグラウンドシーンの一部で流通し、非常に危険なことになっているという報道がありました。

via: https://metrouk2.files.wordpress.com/2019/01/sei_48185696-4a1d.jpg

via: https://metrouk2.files.wordpress.com/2019/01/sei_48185696-4a1d.jpg

 

【外部サイト】Ecstasy pills in Britain 'cut with drug which makes people have sex with trees' | Metro News

イギリスで錠剤型のドラッグといえば、MDMAを主成分とする「エクスタシー」が有名ですが、こちらのものはエクスタシーと名乗りつつ、非常に高容量の「α-PVP」が含まれているとのこと。

α-PVPといえば・・・フラッカやバスソルトといった名前で、「もはやドラッグではなくて毒」と言われたほどの危険な物質。人の頭を噛みちぎったり、全裸で走り回ったり、木とセックスしたり、ヒドいでは片付けられないほどのヒドい作用があり、ぶっちゃけ死ぬよ、と・・・。

日本でも2000年代初頭に出回っていたけれど、2012年10月から麻薬指定されたため、現在は製造・輸入・販売・所持・使用・譲受が禁止されています。俳優の清水健太郎さんはα-PVPの所持で通算6回目の逮捕となりました。

本物のエクスタシーは匂いのない錠剤ですが、こちらのUPSモノは嘔吐物のような匂いがあるようです。

エクスタシー(MDMA)とは

では、本物(?)のエクスタシーとは何かと聞かれたら・・・MDMAを主成分として、だいたいが錠剤、たまに粉末 in カプセルの形で流通し、ゴクリと飲むと一晩くらい「愛」を感じ続けられるようになるものです。ダンスミュージックとも相性がよいため、主にヨーロッパのクラブシーンで人気となっていました。

ただし、狭いクラブでエクスタシーを使用して踊りまくっていると、気づかないうちに脱水症状を起こしてブっ倒れることがあります。エクスタシーに伴う事故が相次いだため、海外のクラブには「無料のウォーターサーバー」が置いてあることもしばしば。

・・・ずいぶん昔、かなりブイブイ言わせてそうな女の子から「日本人ってさー、クラブでもお酒ばっかり飲んでるじゃん? 向こうじゃさー、みんな水しか飲んでないのにチョー盛り上がってるんだよ?」というようなことを言われ、お、おう・・・となったことがあります。たぶんその盛り上がり・・・水だけじゃないからね・・・とは言えませんでした。

 

勝手にロゴを使われて評判を下げられたUPSはかわいそうですね・・・。

あやしげなモノには手を出さないようにしましょう!木とセックスして死んでたら気まずいぞ!

 

※日本ではMDMA・エクスタシー、α-PVPのいずれも法律で禁止されています

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-サイケデリクス
-, , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.