腸溶性のカプセルを使って、CBDを最大限吸収できるかやってみた【レビュー】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)製品が、幅広く一般にも受け入れられてきました。CBDオイルCBDリキッドCBDクリスタルCBDワックスに・・・さまざまなバリエーション、摂取方法がある中で、実はもっとも効率よくCBDを吸収できるのは「直腸摂取」です。

CBDオイルメーカー・エンドカ社のデータによると、CBDオイルのような飲用(Oral)はCBDの吸収率が20%、CBDリキッドのような喫煙・吸入(Inhalation)摂取は30%、直腸(Rectal)摂取なら、驚異の60%強!!!!!!!

anal

画像引用元:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd/

乱暴に話を進めれば、CBDオイル 1滴を口から入れるより、お尻に入れた方が3倍の効果が期待できるというわけです。

とはいえ、だ。CBDオイルのスポイトをお尻に突っ込むのは勇気がいります。次は口から摂るかもだし。

「エクスタシー得たけりゃ肛門よ」と前世紀より歌われておりますが・・・

快楽を追求し過ぎてお医者さんに面倒をかけるのも恐縮です。

【外部サイト】直腸にテニスボールでストーマ造設も|m3.com意識調査|医療情報サイト m3.com

また、2年くらい前に「座薬タイプのCBDオイル」がごくわずかにだけ流通したこともあったのですが、日本においてCBD製品は「健康食品」として輸入認可を申請しており、「さすがに座薬は食品じゃないだろ」ということで、現在は輸入ができなくなったようです。そりゃごもっとも・・・。

産業用大麻から作られた「CBDオイル」。座薬としてお尻(アナル)から挿入・吸収できる「RAW CBD坐剤」を試してみました。

で、ふと思い出しました。

「胃で溶けずに腸で溶ける」という薬があったじゃないか、と。

CBDが胃酸に負けずに腸まで届けば、アナルから挿入するのと同じことになるのでは・・・?

まぁ、CBDが胃酸によってTHCに変化する?というような情報もありつつ・・・

「CBDを模擬胃液(SGF)にさらすと、Δ9-THCおよびΔ8-THCに変化した」という話がありました。マジかと。

「腸溶性」の空カプセルを買ってみました。ネットでなんでも買える時代万歳。

腸溶性の空カプセルとは

腸溶性の空カプセルとは、その名の通り「胃で溶けずに腸で溶ける」ように設計された空のカプセルです。中身は入っていないので、好きなものを入れられます。

小林カプセル 耐酸性カプセル DRcaps 規格:3号 基準内容量:0.27/0.12g サイズ(内径×充填後全長):5.0×15.5

いろいろなサイズがあったけど、「3号」という小さなサイズにしました。

注文してから約7日、ようやく届きました。なかなかのんびりな配送でした。

空のカプセルがみっちり。

直径 5mm、長さ1.5cmくらい。飲みやすいサイズです。

CBDクリスタルの腸溶性カプセルを作ってみた

それでは早速作ってみましょう。カプセルの中に入れるのは、CBDの純粋な結晶粉末「CBDクリスタル」にしました。CBD以外は一切含まれていない、純度の高い粉末です。

パウダー状になっているので、スパーテルですくって・・・

カプセルに詰めます。スパーテルでざっくり2杯分入れたけど、まだまだ余裕のあるサイズ。

CBDクリスタルの腸溶性カプセルを飲んでみた

完成したカプセルを飲んでみました。小さなカプセルだから飲み込むのも簡単です。

ごっくん( ๑´・ᴗ・`๑) ❤

で。

当然ながら、即効性はありません。飲んだ瞬間には何も感じません。

「胃で溶けずに腸で溶けるのって、どのくらい時間かかるのかなー」とボンやり過ごし・・・

約2時間くらい経過したころ、CBDの効果を体感し始めました。

CBDクリスタルの腸溶性カプセルの感想

おおおー! これが腸吸収ということでしょうか。CBDクリスタル 2杯分とは思えぬ、すーっと深い体感があります。

腸で溶けるまでは即効性がないけれど、腸で溶け始めたらいきなり効果が来ますね。時間をきちんと意識しておかなきゃ。

そして・・・

効果はなかなか長く続きました。体感 3時間くらい(途中で寝た)。

CBDペーストの腸溶性カプセルを作ってみた

CBDクリスタルの体験がなかなかよかったので、メディカルグレードのCBDペーストでも作ってみました。先日レビューした「ファーマヘンプ 40% CBD Golden Amber Paste CBD2000mg/5ml」です。

超高濃度な40%!ファーマヘンプ社のメディカルグレードCBDペーストを使用してみました。

CBDペーストの先端とカプセルのサイズがぴったりです。このままむにゅーっと抽出します。

あんまり出し過ぎるとカプセルからこぼれるので注意。

フタを付けて完成!これで0.25mlくらいの量です。

いっぱい作ってみました。

CBDペーストの腸溶性カプセルを飲んでみた

カプセルにしてしまえば、ぶっちゃけCBDクリスタルもCBDペーストも違いはありません。ペーストの方が重量があるので、水と一緒に飲むときに口の中で浮きづらいくらいかしら。

ごっくん( ๑´・ᴗ・`๑) ❤

で。

当然ながら、CBDペーストも即効性はありません。飲んだ瞬間には何も感じません。

約2時間くらい経過したころ、CBDの効果を体感し始めました。

CBDペーストの腸溶性カプセルの感想

うん!さすがCBDペーストは作用時間が長い!じっくりまったりと効果を感じられました。

なにより、カプセルにしてあればCBDペースト特有の味の苦さ、辛さをまったく感じることなく摂取できるのは非常によいですね。

カプセルひとつにつき0.25mlのCBDペーストを入れるとして、「ファーマヘンプ 40% CBD Golden Amber Paste CBD2000mg/5ml」なら20カプセル作れる計算ですね。32,400円で販売されているから、1カプセル 約1,620円。まぁ、まったく安くはないけれど「ここぞ!」というときに使うなら、アリかもしれません。

CBD腸溶性カプセルのまとめ

CBD腸溶性カプセルのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 少ないCBDでも強く体感できる(個人の感想です)
  • CBDの風味を感じずに摂取できる
  • カプセルに入れてしまえば、保管・運搬が簡単

デメリット

  • カプセルを作る手間がかかる
  • 即効性はない
  • 腸で溶けるまでの時間を意識する必要がある

個人的には十分すぎるほど「アリ」です。CBDクリスタルCBDペーストの新しい可能性も見えたように思えます。

到着まで時間がかかったけれど、腸溶性のカプセルは送料込みで1,300円程度(半分が送料!)です。この値段で、CBDの効果を高められるなら高くない買い物だと思います。

もうちょっと実験して追記します!

※CBD製品は「医薬品」ではなく、「健康食品(サプリメント)」です。