暖冬の影響により、今年のイギリスはマジックマッシュルームの生育が続いている模様です

スポンサーリンク

イギリスの新聞「ガーディアン」にこんな記事がありました。

【外部サイト】Late frost gives UK magic mushroom hunters an extra high | Science | The Guardian

暖冬の影響で霜が降りないことにより、イギリスでは2019年の元旦ごろでも野生マジックマッシュルームが育っている可能性がある!とのこと。そ、それみんなの共通の基準なの? 日本だと「桜の開花が遅い」みたいな共通項??

(画像はShutter Stockで購入したものです)

ガーディアン紙によると、マジックマッシュルームは通常(夏より気温の下がる)9月ごろに発芽シーズンを迎えるはずが、今年は(気温が下がりにくかったために)10月まで発芽しなかったとのこと。

さらに、地表に霜が降りることでマジックマッシュルームは発芽シーズンを終えるのに、今年はまだ霜が降りてこない!どうしよう!生え続けちゃうじゃん!という状態らしいです。

念のため記載しておくと、イギリスは日本と同じくマジックマッシュルームを法律で禁止しています。だけど、2017年から18年には約20万人が使用したとのこと。

イギリスの人口って6,600万人くらいだから、国民の33人にひとりはキノコを食ってるって、なかなかパンクな感じですね。

そして、法律で禁止されているにも関わらず、こういう記事が作られるというのもイカしてます。日本だと「日照不足に伴い、北海道の大麻の開花が遅れています」みたいな記事、絶対に出ないですよね。

北海道に自生している大麻はゼッタイに取りに行ってはなりません。これからのシーズンに向けて、その理由を紹介します。

テレンス・マッケナの著書「神々の糧(ドラッグ)―太古の知恵の木を求めて」では、人類が急速に進化したカギはマジックマッシュルームにあるという、体験者なら誰もが納得する内容が書かれています。

テレンス・マッケナの書籍について、マジックマッシュルームを食べまくってきた私の感想です。

このまま暖冬が続いて、イギリスでマジックマッシュルームがバンバン取れてガンガン食べられると・・・ふたたびイギリスが世界の覇者になるのかもしれません・・・。

続報を待つ!!!!!!!