10月17日からカナダで大麻が全面解禁!知っておきたいこととは

スポンサーリンク

2018年10月17日から、カナダ全土で大麻(マリファナ)が全面的に解禁され、18歳以上の成人であれば、大麻販売店で気軽に大麻を購入することができるようになりますヽ(o´∀`o)ノ〜♡

もっとも、これは突飛な話ではなく、カナダでは「医療用大麻」がすでに一般的になっており、健康増進の動きを受けてのこと。

映像作家・写真家の柳田好太郎さんより、リアルなカナダの大麻文化が分かる写真を提供いただきました!ありがとうございます!!!!!!

全面解禁と言っても、公共の場所では使用が禁止される等、日本のアルコールのように「コンビニで気軽に買って電車に乗りながら飲んで駅で吐く」ようなデタラメなものではありません。「酔っていて覚えていない」が言い訳になるなら、そりゃみんな酒飲むっしょ。

本日はカナダで大麻が解禁されるに当たって注意しておきたい点を考えてみました。

日本で逮捕されないように気をつけよう

日本人がカナダで大麻を吸っていたからといって、カナダの警察に逮捕されることはありません(だって合法だもん)。

また、日本の警察が海を渡ってカナダまでやってきて逮捕することもありません(だってヨソの国だもん)。

ただし、「カナダで大麻が合法だから、みんなで行って尻から煙が出るまで吸いまくろうぜー!」と、みだりに煽りまくると「麻薬特例法違反(あおり、唆し)」に違反する恐れがあります。

Twitter民におなじみの「大麻おじさん」に適用された「麻薬特例法違反(あおり、唆し)」って・・・なに?

過去には、自宅で大麻を育てて使用している様子をTwitterで丁寧にリポートしていた通称・大麻おじさんや、シャブセックスの仲間を募集する掲示板の管理人さんに「麻薬特例法違反(あおり、唆し)」が適用されました。

このブログ「扉の先通信」も、決して大麻の使用をあおり、唆すのではなく、海外の最新カルチャーを伝える目的で作成されています。

そしてもうひとつ。日本の「大麻取締法」には

この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。

という分かりにくい追記があります(大麻取締法第24条の8)。

つまり、海外で大麻を所持していたことが明確に立証されれば、日本国内で大麻取締法によって罰せられるのです。SNSに写真をUPしたり、実況中継みたいなことをやってしまうと、所持していたことがバレるので逮捕される可能性があります。

大麻を合法化する国が増えてきますが、留学中・海外旅行中に日本人が大麻を吸うと、大麻取締法違反として逮捕されるのでしょうか?

過激なことが好きなユーチューバー(仮面かぶってるようなの)はムチャしないように気をつけて!

外務省も注意喚起してます。

【外部サイト】外務省 海外安全ホームページ|現地大使館・総領事館からの安全情報 詳細

過去のものより強いということを意識しておこう

世界的な大麻ムーブメントに伴い、大麻の品種改良が続いています。ぶっちゃけ、過去のものとは比較にならないほど「強く」なっています。

特に、コンセントレートと呼ばれる濃縮物のTHC濃度はハンパないです。

大麻草から有効成分を抽出した「大麻リキッド」が話題になっています。海外では普通に販売されていますが、日本へ持ち込まないように注意しましょう。

思いっきり吸い込んだら、一服でグワングワンになってしまうかもしれません。自分の適量が分からないなら、本当に気をつけるべきです。

友人や恋人から「一緒に大麻を吸わない?」と、大麻パーティーに誘われたとき、どのように対処すればよいかをご紹介します。

反対している人がいることも忘れずに

カナダ在住の日本人の中には、大麻の解禁に反対している人もいるようです。

そういう人たちだって、自分の子供がてんかん持ちだったり、ガンになって「依存性のあるオピオイドと依存性のない大麻とどっちがいい?」って聞かれたりしたら、考え方を変えるのだろうけど・・・

お祭り騒ぎで盛り上がりすぎないようにしましょう。

ティルレイの株価、どう動くかなー。

カナダの医療大麻メーカー「ティルレイ」の株を買ってみました。どうなることか!?