※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

大麻

韓国の後追いは危険!医療用大麻の解禁は「栽培」込みで

投稿日:

vapemania728*90

以前ブログでもご紹介した、韓国の医療用大麻解禁。2019年3月12日に施行される法改正により、医療用大麻の使用が韓国で可能になるのですが・・・

この話を聞いて「なんと素晴らしい!そしてうらやましい!そしてくやしい!日本は何をやってるんだ!」という気持ちになるかもですが・・・

あえて、「ちょっと待てい」のボタンを押したい。

韓国が解禁したのは「海外で許可された大麻成分入りの医薬品」の輸入だけという点に、大きな罠があるように思えるのです。

大麻成分入りの医薬品と医療用大麻は別物

たとえるなら、韓国が解禁したのは「オレンジから抽出されたビタミン製剤の輸入」であり、「オレンジの国内栽培」ではありません。

韓国でどれだけ医療用大麻の人気が爆発したとしても、使えるのはすべて海外で作られた大麻成分入りのスプレーなどです。大麻の栽培・研究もできないし、自国産業はまっっったく潤いません(中間マージンを付けまくっていたら儲かるかもだけど)。お金はどんどん海外へ流れていきます。

大麻成分入りの医薬品として有名なのは「サティベックス」や「エピディオレックス」。製造はイギリスのGWファーマシューティカルズ社なので、今回の解禁にはウハウハでしょうね。

ちなみに、GWファーマシューティカルズ社の株は日本からでも購入可能です。私も持っていて、いい感じに上がってくれています \( ˆωˆ )/

finviz dynamic chart for  GWPH

【外部サイト】GW Pharmaceuticals plc. - Yahoo Finance

日本は絶対に栽培・研究込みの解禁にすべき

大麻は生命力の強い植物だから、栽培する土壌を選びません。LEDライトを使って室内で栽培する技術も進みまくっています。株分けをして同じ品種を増やす「クローニング」や、剪定をして収穫量を増やす「トッピング」など、栽培には日本人が得意としている技術も使われています。

自分たちで栽培・研究できるからこそ、新しい産業が生まれて「グリーンラッシュ」と呼ばれる好景気を作り出しました。海外の製品を輸入するだけではダメ!ゼッタイ!なのです。

「韓国いいなー。韓国みたいにしようよー」で、うっかり同じように「海外で許可された大麻成分入りの医薬品」の輸入だけ許可されて、「ほら、もう医療用大麻は解禁したよ?これで問題ないでしょ?」みたいなことになってしまったら・・・長い目で見ると、国を滅ぼしかねない出来事です(ФДФ;)

というわけで、韓国の後追いは危険!日本は絶対に栽培・研究込みの解禁を目指すべきです!そのためには、海外の最新トレンドニュースなどを冷静な目でチェックして、法律が変わらないうちは手を出さず、あくまで理論的に、感情に走ることなく・・・日本を変えていきたいですね!

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-大麻
-, , , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.