※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

大麻

2月17日、GHQに封印されていた大麻札が70年以上ぶりに復活!!!!!!!【富山】

投稿日:

vapemania728*90

ちょっとあおり気味のタイトルごめんなさい。

富山県高岡市にある射水(いみず)神社が、2月17日に行う五穀豊穣の祈年祭において、神札「祈年祭大麻(たいま)」を復活させることが報道されました。

【外部サイト】70年超途絶えた お札復活へ 射水神社、17日の祈年祭:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)

越中総鎮守一宮の射水神社、オフィシャルサイトを見ても・・・すごい迫力!めっちゃくちゃリッパな神社じゃないですか!

ニュース情報によると、戦前は射水神社の祈年祭において「祈年祭大麻」と書かれた神札が頒布されていたけれど、戦後のGHQの占領政策に伴って「祈年祭」の名前を「春祭」に変えたため、「祈年祭大麻」の神札は作られなくなったとのこと。

しかし本年!平成最後の年の祈年祭で!古儀復興の一環として! 70年以上ぶりに「祈年祭大麻」が頒布されるとのこと!!!!!

※念のため注:大麻を配るのではなく、神札の頒布です

その数、限定50枚。おっとちょっと少なくないですかね・・・どこでもドアがあればいいのだけど・・・(富山県高岡市は藤子・F・不二雄先生の出身地)。

伊勢神宮の神札が「神宮大麻」であるように、大麻は日本人の精神、神道と深く関わってきました。

まぁ、清らかなもの、強いもの、便利なものとして、生活に密着していたのでしょう。

いまではすっかり「マリファナの原料」という認識ですり込み教育をされてしまっているけれど、その認識を押しつけてきたアメリカは大麻畑を合法化して「これで農業復活だ!」みたいなことになっているし、マリファナとしての大麻も「害よりも薬効の方が高い」ということで、世界中で大ムーブメントになっています。私も株を買いました(大麻草そのものの株じゃなくて、大麻メーカーの株券)。

日本でも、「大麻」と聞いただけで耳を閉ざすのではなく、これまでの歴史や、現代の世界的な情勢を冷静に読み取って、次の世代へ正しくつなげていけたらよいなと思います。

お近くの方、行ってみてはいかがでしょうか!

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-大麻
-, ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.