【レビュー】スカンク風味のCBDリキッド?NATUuR E-Liquid CBD100MG #Skunk【vape】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られるCBD製品には、舌下に垂らす液体の飲用タイプや、こってりと濃いハイグレードなタイプなどいろいろあります。私もいろいろ試してきました。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

今回は「喫煙」で使用する「ヴェポライザー(vape)用補充CBDリキッド」を購入してみました。

CBDを喫煙するのは、CBDの先進国であるアメリカでもっとも人気がある使用方法です。経口摂取(飲用)のように青臭い風味に悩まされることなく、効果を実感するまでの時間がとても短いので用量をコントロールしやすいのがメリットです。

Brightfield GroupとHelloMDは「カンナビジオールを理解する」と題した調査の概要を発表しました。感想とともに紹介します。

CBDリキッドにはアップルやマンコーなど、かぐわしいかほりの製品が多い中・・・オランダのNATUuR社は「スカンクフレーバー」という、なんともよく分からない名前のリキッドを出しています。

NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk 10ml

購入元は上野のパワースポット「Vape Mania」さん。お得な会員割引や情報満載のブログなど、なんともありがたい存在です。

NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk 10ml外観

NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk 10mlはリキッド容量10mlの中にCBDが420mg含まれています。CBDの濃度は4.2%ですね。

4.2%という濃度は「なかなか高め」という感じ。濃度が高いと少ない喫煙回数でも効果を感じやすくなります。

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」を比較してみました!

10mlでどのくらい(何回くらい)吸えるかというと・・・個人差はもちろんあるけれど、かなりの回数いけると思います。CBDオイルはタバコようにチェーンスモークをする心配がなく、寝る前にちょっと一服程度であれば、1ヶ月以上は大丈夫じゃないかなと。私はCBDリキッドとヴェポライザーをほぼ毎晩のように使っていますが、まったく減りそうにありません。

原料は純度の高いアイソレートのCBDとプロピレングリコール(PG)、ベジタブルグリセリン(VG)。ビンを開けてクンカクンカしみたところ、東南アジアのスースーする軟膏のような、なんとも分かりづらい匂いがしました。なんだこれ・・・?

ビンの見た目は通常のCBDオイルとそっくりです。間違って飲用しないように注意しましょう(原材料はすべて食品としての安全性がありますが、念のため)。

この製品は「ヴェポライザー(vape)用」なので単体では使用できません。喫煙するための「ヴェポライザー(vape)」本体が別途必要です。

ヴェポライザーを用意

ヴェポライザーはカンガーテックの「TOP EVOD スターターキット」を使ってみました。

ほかにもいろいろなヴェポライザーがあるけど、最初は「スターターキット」と書かれているものがオールインワンなのでオススメです。

「TOP EVOD スターターキット」は黒くて固い箱に入っています。

vebo_3

横にスライドさせてご開帳。

vebo_4

本体、USBから充電するためのアダプタ、英文マニュアル、ギャランティカードが付属。

vebo_5

日本語マニュアルはありませんが、上のところを開けて使えという感じです。最初はちょっとキツく閉まっていたのでがんばって開けました。

vebo_6

こんな感じで開きます。本体側の透明になっているところへヴェポライザー用補充CBDリキッドをチューチューと充填します。

vebo_7

ヴェポライザー用補充CBDリキッドはサラダ油みたいに、少しだけ粘度があります。どのくらいの量を入れたらよいのか・・・は、まぁ適当に入れました。

注入後すぐに喫煙するのではなく、ヴェポライザーの芯にCBDオイルがしっかり染み込むまで10分程度はそのままにしておくのがよいようです。

NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk 10mlを使ってみた

ヴェポライザーは誤動作を防ぐために、「電源スイッチを素早く5回押す」ことで電源がONになります。カチカチカチカチカチ!と押してから、次は長押ししながら吸引します。

すーーーーーーーーはーーーーーーーー。

肺が一杯になるくらいまで吸って、しばらく肺の中で留めてからゆっくりと吐き出します。タバコみたいに「スパー、スパー」っと口の中だけで吸っていては効果が半減します。ゆっくりと過ごしましょう。

吐き出す煙はキレイな白色。壁がヤニで汚れるようなこともなさそうです。

スカンクフレーバーの味は・・・うーん!まったく美味しくない!そして実に表現しづらい!

ぶっちゃけ、ヘンプフレーバーであれば「少しスパイシーで青臭い」と表現できたけど、スカンクフレーバーは本当によく分からないというか・・・スカンクってこんな味だったっけ・・・。

ファーマヘンプ社から、待望のヴェポライザー用CBD入りリキッドが登場!気になる「ヘンプフレーバー」を試してみました。

少なくとも、「うめーうめー」と言いながら吸うものでもないですし、女の子から「ちょっと吸わせて」と言われて渡すと「え?」みたいな顔をされると思います。ふつうにおいしいフレーバーが欲しいときは、KOI社のCBDリキッドがよいと思います・・・。

ヴェポライザーを使って喫煙使用する「CBDリキッド」の選択肢が日本でも増えてきました♡ ずっと気になっていた業界最高レベルの1000mg製品を試してみました。

ただ・・・やっぱり喫煙は作用が早いですね!精神の緊張がほぐれる、ほどよいリラックス効果を感じることができました。うーんこ れはいいですね!

NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk 10mlまとめ

NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk 10mlは「スカンクフレーバー」というマニアックなものです。ふつうにおいしいフレーバーではありません。

しかし、マニアな方にはたまらん存在なのではないでしょうか。

NATUuR CBD E-Liquidには、スカンクフレーバーのほかにもさまざまなマニアックなフレーバーがラインナップされています。

上野にある「Vape Mania」さんの実店舗では試飲(試し吸い)も可能なので、気になる方はチェックしてみてください!