CBDリキッド

ひとつめに選ぶならこんな恋・CBDFX ブルーラズベリー【レビュー】

投稿日:2019年2月7日 更新日:

vapemania728*90

大麻から抽出される「CBD(カンナビジオール)」を含んだ製品が世界中で大人気になっています。私は2014年ごろから使用を始めていますが、その当時は本当にマイナーな存在だったので、まさかトレンドリーダーみたいなキレカワ女子のお口から「CBDが気になる」なんてお言葉が出てくる時代になろうとは思いもしませんでした。

で、そんな風に最近になってCBD製品が気になりだした人は「ぶっちゃけ、どれがよいの?」と悩んでしまうこともあるようです。そう。2014年当時に比べると、ものすごく製品ラインナップが増えました。

飲用タイプの「CBDオイル」なら、とりあえず濃度が高めでフルスペクトラムなファーマヘンプ社の製品がコスパも高いしオススメしやすいけれど、さらにややこしいのはヴェポライザーで喫煙する「CBDリキッド」です。

CBDリキッドはCBD濃度のバリエーションも多いし、フルスペクトラムかアイソレートかの違いもあるし、さらにフレーバーがたくさんあって・・・ついでに、そのフレーバーも「AK-47」とか、キレカワ女子にはサッパリ分からない名前だったりするので・・・

back to the basic.

ややこしすぎるラインナップに一石を投じるように、実に素直で分かりやすく、ひとつめにオススメしやすい製品が登場したのでレビューです!

CBDFX Blue Raspberry 1000MG (30ml)

CBDFX Blue Raspberry 1000MG (30ml)」はリキッド容量30mlの中に1000mgの純粋なCBDを含んだCBDリキッド。CBD濃度は3.3%、CBD 1mgあたりの価格は約12.5円なので、コスパも非常に高い製品です。

まずは外観からご紹介します。

多くのCBD製品が10mlボトルなのに対し、CBDFXは30mlなのでボトルサイズは大きめ。ゆっくりたっぷり吸えますね。

裏面。日本では違法な成分となる「THC」は一切含まれず、精製(アイソレート)されたピュアなCBDのみを含んでいます。いわゆる、「フルスペクトラム」なタイプではないので、純粋なCBDのみの体験となります。

CBDリキッドを使用(喫煙)するときには「ヴェポライザー」という喫煙器具が別途必要となります。

今回、ヴェポライザーはビギナーユーザーでも扱いやすい「Eleaf iStick Pico」を用意しました。吸い口(ドリップチップ)は別売りの長いタイプに変更しています。

長いドリップチップを使うことで、CBDリキッドが「パチッ」とはじけてお口に当たる「スピッドバック」から身を守ることができます。お口にキズがあるとアレコレしづらいので防御は大切です。

CBDFXのフタを開けてみました。ヴェポライザーに注ぎやすいように先端が細くなっていますね。

そして・・・フタを開ける前からなんとなく気づいていたのですが、CBDFXは匂いが強めです。ブルーラズベリーの甘い香りが漂います。鼻の強い人にはいろいろバレるかもしれません。大きめのジップロックに入れたりすれば、ある程度は匂いを遮断できると思います。

iStick Picoにリキッドを注入してみました。リキッドはペペローション的なわずかな粘度のある無色の液体です。

それでは、早速試してみましょう。

CBDFX Blue Raspberry 1000MG (30ml)

ヴェポライザーのFireボタンを押して・・・

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

あー、素直においしいフレーバーです。ガムみたいな風味で、わずかにラズベリーの爽やかさを含んだ甘い香りがよいですね。甘すぎず、酸っぱすぎず、もちろん苦いとか辛いとかもなく、素直においしいフレーバーです。

思えば、最近は「O.G. KUSH」とか「TANGIE OG」とか、説明しづらいヒネったフレーバーばかりだったので、この感じはシンプルに楽しいですね。煙の感じも重すぎないし、実に吸いやすいです。喫煙習慣の少ない人でもムセかえる心配は少なそうに思います。

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

また、CBDの濃度が3.3%と高すぎず・低すぎずなので、ちゃんとフレーバーを楽しみつつ、CBDの効果も体感できます。CBDの濃度が高すぎるとフレーバーを楽しむ前に十分になってしまうし、反対に濃度が低すぎたら製品としての意味がありません。

AZTECの10% CBDリキッドなんて、かなり強烈な内容でしたからね・・・。

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

いやこれ、ホントにバランスよいです。やっぱり吸いやすいというのは大事ですね。ぶっちゃけ、煙が重くてゲホゲホとムセかえってしまうと、どれだけCBD濃度が高くても効果は半減してしまいます。きっちり吸って、きっちり吐き出せるから、ちゃんと楽しめますね。

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

というわけで・・・CBDリキッドが気になるけど、ヒネったのじゃなくてふつーに最初のひとつにオススメなのはどれ?と聞かれたら、「CBDFX Blue Raspberry 1000MG (30ml)」と「Eleaf iStick Pico」の組み合わせは非常によいと思います。

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

では・・・今日のブログはこのへんで・・・

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

あ、CBDFXにはお求めやすい500mg CBD製品もあるみたいだから、とりあえず試してみたいという人は500mg製品+iStick Pikoの組み合わせがよいと思います。

ぷはー ( ´Д`)y━━━━━━━━━━。o

CBDFXラインナップ

CBDが500mg含まれた製品はCBD濃度 1.7%、CBD 1mgあたりの価格は15円です。

今回レビューしたのと同じ、ブルーラズベリー。

CBDFX Blue Raspberry 500MG (30ml)
価格 7,500円(税込)

フルーティーシリアルフレーバー。ただのフルーティーではなくシリアル入り? ちょっとどんなのか気になります。

CBDFX Fruity Cereal 500MG (30ml)
価格 7,500円(税込)

ワイルドウォーターメロン。外人さんってスイカフレーバー好きですよね。たぶん爽やか系です。

CBDFX Wild Watermelon 500MG (30ml)
価格 7,500円(税込)

レインボーキャンディフレーバーは、おそらくとっても甘い感じだと思います。

CBDFX Rainbow Candy 500MG (30ml)
価格 7,500円(税込)

ストロベリーキウィは甘くて爽やか系でしょうか。案外こういうのがおいしかったりするんですよね。

CBDFX Strawberry Kiwi 500MG (30ml)
価格 7,500円(税込)

1000mg製品のCBD濃度は3.3%、CBD 1mgあたりの価格は約12.5円。まず、ブルーラズベリー。

CBDFX Blue Raspberry 1000MG (30ml)
価格 12,480円(税込)

まぁ500mg製品と同じフレーバーなんですが、フルーティーシリアル。

CBDFX Fruity Cereal 1000MG (30ml)
価格 12,480円(税込)

CBDFX唯一の難点は、ボトルサイズが大きいので万が一フレーバーが好みではないとき、なかなか吸い終わらないことでしょうか。

CBDFX Rainbow Candy 1000MG (30ml)
価格 12,480円(税込)

フレーバーが分からないまま買うのは不安・・・というときは、Vapemaniaショップで試飲させてもらったり、ショップページのレビューを読むとよいかと思います。

CBDFX Strawberry Kiwi 1000MG (30ml)
価格 12,480円(税込)

以上!!!!!!!

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-CBDリキッド
-, , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.