温度調節がよい感じ!テクニカルMOD「Geekvape Aegis Legend Mod 200W」【レビュー】

スポンサーリンク

中国の超巨大ショッピングモールサイト「Gear Best」。XiaomiやASUSなど日本でも有名な一流メーカーの製品から、もはやそれがメーカー名なのか型番なのかさえ分からない正体不明な製品まで、ゆりかごから墓場まで取りそろえています。

SIMフリースマホのラインナップも充実していますが、オナ時くらい充実しているのがヴェポライザーのカテゴリ。日本では見たことがないようなブツが、微妙に安い値段で手に入ります。

超高濃度なCBDワックスなんかで使えるワックス用のVape Penも安いぞ。

Gearbest Yocan Evolve Plus XL Wax Vape Pen Kit - SILVER
Yocan Evolve Plus XL Wax Vape Pen Kit – SILVER

今回、「Gear Best」さまのご好意により、テクニカルMOD「Geekvape Aegis Legend Mod 200W」を提供いただいたのでレビューです!度胸あるぜ!

Geekvape Aegis Legend Mod 200W

Gearbest Geekvape Aegis Legend Mod 200W
Geekvape Aegis Legend Mod 200W

これはなに?

  • 「テクニカルMOD」と呼ばれる、アトマイザーや電池などが別売りのVapeキット
  • なぜか防水・防塵・耐衝撃性能付き。お風呂や潮吹き現場でも安心
  • 温度調節が可能なのでマニアな嗜好にも対応

Geekvape Aegis Legend Mod 200W外観

まず、外観から。「Geekvape Aegis Legend Mod 200W」はヴェポライザーの母体(?)みたいなものなので、コレだけ持っていておナニもできません。充電用のUSBケーブルは付いているくせに、肝心の電池は付属していません。

「電池ならエネループがあるよ♡」という乙女の夢を打ち砕くように、MODには「18650」という、互換性の低すぎる充電池が必要です。

本体は手のひらサイズ。ゴムとレザーとプラスチックの三つ巴な素材です。握り心地は上々。

電池は「18650」のものを2本、底面から入れます。防水・防塵を実現するためか、ガッチリとした電池カバーです。

アトマイザーを付ける側・上面にあるカバーを開けると・・・

本体に入れた電池を充電するためのUSB Micro Bのポートが登場。こちらも、防水・防塵を実現するために強めのカバーです。ただ、本体上部にUSBケーブルをつなげると、どうしてもパタンと倒れやすくなるように思えました。安定性を考えると下部に付けて欲しかった・・・。

アトマイザーは「510」という規格に準拠しているものであれば使用可能です。今回は手持ちのRBAのアトマイザーを流用しました。

アトマイザーを装着すると、ようやくヴェポライザーぽく見えますね。小さすぎず大きすぎず、「道具を持っている」気分になります。ポーチに入れるにはジャマなれど。

Geekvape Aegis Legend Mod 200Wを使ってみた

それでは、早速使ってみましょう。

Vapeするためのリキッドは、CannapressoのCBDリキッド マンゴーフレーバーにしました。

CBD濃度が業界最高の6.66%もあるので、非常に気になっている新ブランドです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【CBDリキッド】超高濃度CBD1000mg/15ml(6.7%) CANNAP…
価格:11980円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)

RBAのコットン部分へCannapressoのCBDリキッドをポタポタと染み込ませていき・・・

Geekvape Aegis Legend Mod 200W」の温度設定を200度に変更します。説明書は英文ですが、まぁなんとなく分かります。液晶画面はクッキリハッッキリ大画面。

ファイアボタンを押すと・・・ちゅぼー

¨:-y( ゚д゚)=3ブハァー

うん。きちんと吸えます。ファイアボタンが大きくてクリック感があるので押しやすいですね。本体の重量も、片手で持ち続けてもギリ疲れない重さです。タバコのように「指でつまむ」ことや「口で支える」ができる大きさ・重量ではありませんが、手で握ったまま咥えて吸い込むのなら、行為に馴れていない女の子でも大丈夫♡

そして、CannapressoのCBDリキッドはフレーバーがよいですね。きちんとふわっとマンゴーの風味を感じられます。甘すぎる感じや、ケミカルな偽物っぽい感じもなく、ほどよく上品なフレーバーです。

ただ、うまかろう安かろうと吸いまくっていると、高濃度なCBDがガツンと効いてくるため、ゆっくりとフレーバーを楽しみたいときには1000mgよりも低濃度な製品を選んでみましょう。

テクニカルMODに慣れていない方だと「温度設定とか難しそう (。ŏ﹏ŏ) 」と思われるかもですが、「Geekvape Aegis Legend Mod 200W」にはいろいろな保護回路が備えられており、温度が高くなりすぎたり、リキッドがカラになってたりすると、自動的に加熱がストップします。加熱しすぎて阿蘇山大噴火みたいになることはありません。

ぶっちゃけ、私もほとんど分かっていませんがムリヤリなんとかVapeできています。RBAだといろいろなフレーバーを気軽に楽しめるのがよいですよね!

Geekvape Aegis Legend Mod 200W まとめ

ギークヴェイプというブランド名ながら、実に素直に使いやすい製品でした。液晶画面もクッキリハッッキリ大画面だから、ボケ気味なときでも大丈夫。

電池やアトマイザーが別売りなので最初の敷居は高いけれど、細かく設定も変えられるし、CBDリキッド以外にも応用ができそうです。

防水・防塵・耐衝撃性能があるから、雑に扱っても故障の心配は少ないでしょう(MODに装着しているアトマイザーには防水・防塵・耐衝撃性能がないだろうけど・・・)。

テクニカルMODを試してみたくて、ちょっと風変わりなものが欲しい方にオススメです!

Gearbest Geekvape Aegis Legend Mod 200W
Geekvape Aegis Legend Mod 200W

Gear Best」さま、ありがとうございました!これに懲りずに!