CBDリキッド

とにかくお手軽なVapeNaturaのCBDリキッド【レビュー】

投稿日:2018年4月19日 更新日:

vapemania728*90

ヴェポライザーで喫煙摂取できるCBDリキッドに新しいブランドが登場しました。スロベニアのベイプナチュラ(vapenatura)社のCBDリキッドをご紹介します。

vapenatura フェリーナ

ヴェイプナチュラのCBDリキッドは他社製品と比較してCBDの含有量が少ない製品もラインナップされており、とにかくお手頃な価格です。他社製品のCBDリキッドの多くが1万円近くするのに比べ、2,000円以下から購入できます。

CBDリキッドがどんなものか試してみたい、強い効果は必要ないので気軽に喫煙したいという方にオススメです。

ヘンプ(カンナビス)風味

10mlの液体中に50mgのCBDを含んだヘンプフレーバーのCBDリキッド。植物を燃やして喫煙しているときの風味に近づけてあるので、タバコの代用品として喫煙につなげられるかもです。

CBDのコスパは1mgあたり39.6円。

液体の容量は10mlのまま、CBDを2倍の100mgに増やしたリキッドもあります。CBDのコスパは1mgあたり29.8円となります。

液体の容量は10mlのまま、CBDを5倍の500mgに増やしたリキッドもあります。CBDのコスパは1mgあたり13.9円となります。CBD濃度は5%になるので、効果を感じやすいでしょう。

エルダーフラワーティー風味

CBDリキッドのフレーバーとしては珍しい「エルダーフラワーティー」。ほのかに香る花のような感じです。吸い心地も軽いので、喫煙経験のない女性でも大丈夫かもです。

CBDのコスパは1mgあたり39.6円。

こちらもCBD 100mg製品があります。CBDのコスパは1mgあたり29.8円。

CBDを5倍の500mgに増やしたリキッドもあります。CBDのコスパは1mgあたり13.9円となります。CBD濃度は5%になるので、効果を感じやすいでしょう。

vapenatura フェリーナの効果的な使い方

「CBDは常に摂取し続けることで心身のバランスを保つことができる」という考え方があります(真偽は分かりません)。短期的な摂取ではなく、長期的に摂取するのが大切というものです。

その考えに基づいた場合、高濃度なCBD製品だと効果が強すぎて逆に使いづらいかもしれません。

vape naturaの50mg CBDリキッドのようにCBD濃度が低いものであれば、マイクロドージングのように使えそうです。

※マイクロドージング:明確な作用を感じないほど、ごく微量を摂取し続けることで日常生活にムリなく取り入れる方法

反対に、500mg CBDリキッドであれば効果を感じやすくなります。50mg製品の10服分=500mg製品の1服分に相当します。

エルダーフラワー風味は上品なフレーバーなので、アメリカ製の甘くて濃い味付けが苦手な方にもオススメです。

CBDリキッドの選択肢が増えるのは嬉しいですね!ライフスタイルに合わせて選んでみましょう。

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-CBDリキッド
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.