非喫煙者にもオススメ!ファーマヘンプ CBDリキッド 5% ブルーベリーフレーバー【レビュー】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られる「CBD(カンナビジオール)」配合製品。オイル状の「CBDオイル」がもっとも有名ですが、ヴェポライザーという喫煙器具を使用する「CBDリキッド」も人気です。

CBDの先進国であるアメリカでもっとも人気が高いのは「ヴェポライザー」を使って吸引する「CBDリキッド」です。CBDリキッドについて紹介します

CBDリキッドでCBDを喫煙摂取するのは、CBDオイルの経口摂取に比べてバイオアベイラビリティが高いために効率よくCBDを体内に届けることができます。下図の一番左が経口、真ん中が喫煙、一番右は直腸摂取です。

anal

画像引用元:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd/

効果を感じるまでの時間が短く、さまざまなフレーバー(味わい)を楽しむことができるのも特徴。

その反面、「喫煙」という行為はふだんタバコを吸わない人に取っては敷居が高いです(私は一切タバコを吸いません)。タバコを吸っている人ってだいたい悪臭を漂わせているし、部屋はヤニで黄色いし、ヘルスの待合室でタバコを吸うヤツとか本当にもう・・・

しかし!ファーマヘンプ社のCBDリキッドはタバコを吸わない人にもオススメな仕上がりでした!

5%CBD配合 ベポライザー用CBDオイルリキッド ブルーベリーフレーバー CBD 500mg

10mlのリキッドの中に500mgのCBDを含んでいます。濃度にすると5%。CBDリキッドで5%というのはなかなかの高レベルです!

ストロベリーやペパーミントなど、さまざまなフレーバーがある中からブルーベリーフレーバーを選んでみました。お馴染みの箱に入っています。

「E」の文字が大きく書かれているけれど、ビンの形状は経口摂取のCBDオイルと非常に似ています。CBDリキッドは喫煙摂取専用なので誤飲に注意しましょう。

経口摂取のCBDオイルはこんな見た目です↓

CBDリキッドのフタはスポイト状になっているので、ちゅーっと吸い上げてヴェポライザーの投入口へ・・・

そして、しっかりリキッドが浸透するまで数分待ってからスイッチオン!

プハァー ~~-v( =´o`=) 。o 〇 ○

ほのかにブルーベリーのかほりが漂います。あくまで「フレーバー」なのでお腹は膨らみません。また、非常にやさしい(悪く言うと弱い)ブルーベリー感です。ブルーベリーガムの最後くらいの感じです。

吐き出した煙の匂いも弱いため、部屋に匂いが残ってしまうことはなさそう。レモンバーベナのアロマキャンドルなどは用意しなくて大丈夫です。

そして、煙がものっっっすごく軽いです。ノドにゲホゲホくることがありません。

CBDリキッドと煙の重さについて

CBDリキッドは、高度に精製された純度の高いCBDを食品添加物としても認められているPG(ポリエチレングリコール)などに溶かして作られた液体です。「喫煙」という表現を使っていますが、タバコのようにハッパを燃やしているわけではなく、厳密には「CBD入りのPGの水蒸気」を吸引しています。

そのため、本来はほぼ無味・無臭。水蒸気の吸引なのでタバコの煙のようにムセかえることがありません。ヨモギ蒸しのスチームサウナで深呼吸しているようなものです。

無味・無臭の液体へ、喫煙という行為を楽しめるように(ブルーベリーやシトラスのような)フレーバーを付け足してあります。

さらに、タバコを吸う人は「煙を吸い込む」ことが好きなこともある(?)ため、CBDリキッドにもわざと「煙っぽさ」を付け足してあることがあります。

私がこれまでに使用したことのあるCBDリキッドでも、かなりの違いがありました。

一番重かったのはファーマヘンプ社のヘンプフレーバー。ノドにゲホゲホくる感じでした。

ファーマヘンプ社から、待望のヴェポライザー用CBD入りリキッドが登場!気になる「ヘンプフレーバー」を試してみました。

その次はKOI社のBLUE 1000mg CBD (30ml)/ラズベリー&ドラゴンフルーツ味。インパクトのある名前ですが、さわやかで吸いやすい味でした。

ヴェポライザーを使って喫煙使用する「CBDリキッド」の選択肢が日本でも増えてきました♡ ずっと気になっていた業界最高レベルの1000mg製品を試してみました。

そして、もっとも軽かったのがファーマヘンプのブルーベリーフレーバーです。

煙が軽いので、喫煙習慣がなくてもノドにゲホゲホくることなく気軽に吸うことができます。

また、本製品の最大の特徴は5%という業界最高レベルの濃度!!!!!!!!!

濃度が高い=少ない使用回数で効果を実感できる、というわけなので、そういった面でも気軽ですね(反対に、煙が重たくて濃度が低い製品だと大量に喫煙しないと効果を感じられません)。

コスパも決して悪くありません。最安値は別の商品になってしまうけれど、吸いやすさの点では一番だと思います。

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」を比較してみました!

10mlという容量でどのくらい吸い続けることができるのか・・・については、個人差が大きいけれど、夜の寝る前に4〜5回プカプカするくらいであれば(それで十分効果を感じられます)1ヶ月以上は持つと思います。私もヴェポライザーの中に入れっぱなしにしているけれど、ぜんぜん減っていきません・・・。

というわけで、吸いやすさと濃度の高さから、いま私が一番よく使っているのは「5%CBD配合 ベポライザー用CBDオイルリキッド ブルーベリーフレーバー CBD 500mg」でした!

今夜ものんびり過ごします。