コカ・コーラ、大麻入り飲料に参入検討記念!一足先に作ってみた

スポンサーリンク

なんと、世界最大手のドリンクメーカー・コカ・コーラ社が大麻入り飲料に参入するかも!というBIGニュースがお茶の間に舞い込んできました!!!!!!!!!

【外部サイト】コカ・コーラ、大麻入り飲料に参入検討-カナダの大麻業者と協議 – Bloomberg

大麻草から抽出されるカンナビジオール(CBD)を配合した飲料に関心を寄せていると明らかにした。CBDは精神活性作用のない成分で、痛みを鎮めるが気分を高揚させることはない。同社はカナダのオーロラ・カンナビスと飲料開発について協議していると、BNNブルームバーグテレビジョンが伝えた。

(上記サイトより引用)

はい。「大麻入り飲料」といっても、各国で解禁が続いているマリファナ(THC)の飲料ではなく、大麻のもうひとつの成分「CBD(カンナビジオール)」を配合した飲料のようです。

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

CBDは日本でも合法的に所持・使用できるから、最近はいろんなところで目にするようになりました。私も長いこと愛用しているので・・・

私は産業用大麻(ヘンプ)から抽出されるCBD製品(CBDオイル)を日々常飲しています。「3年以上CBDオイルを摂取しまくって変わったこと・変わらなかったこと」をご紹介!

一足先に、CBDオイルとコーラを使って「大麻(CBD)入り飲料」を作ってみました(違法なものではありません)。

大麻(CBD)入り飲料を作ってみた

素材:コーラ、CBDオイル

コーラを自動販売機で買ったら、まさかのブルーボディ!なんじゃコリャ。ブロガー泣かせの外観です。夏限定のデザインらしい(もう9月だぞ)。

CBDオイルはコスパに優れたお気に入り、フルスペクトラムタイプの「プレミアムブラック」をチョイス。10mlのオイル内に660mgのCBDを含んだ6.6%製品なので、効果を実感しやすく、初めての一本にオススメです。

てか、最近のCBDブームに便乗してか、わずかにしかCBDを含んでいない製品が高値で売られているのにはビビります。CBD製品を選ぶときには、きちんと「CBDの含有量(○○mg)」を確認しましょう。

缶の中にオイルを垂らしてもよく分からないため、コップを用意。

コップに注いだコーラへ、CBDオイルを適当にドロップしていきます。ポタポタ・・・

はい。では飲んでみましょう。

(/◎\)ゴクゴクッ・・・

うん。コーラです。わずかにCBD特有の青臭さを感じつつ、マズイものではありません。想像以上にコーラです。

ただ・・・CBDオイルは、その名のとおり「オイル」なので、コーラのような液体(水)に混ぜると、油と水で分離してしまいます。豚骨ラーメン屋のコップの水のように、表面にうっすらと油が浮いています・・・。

まぁ、あまり気にせず飲み続けていると、結構ガッツリとCBDの効果を感じてしまいました。よく考えたら、撮影するのに夢中でCBDオイルを何滴ドロップしたか数えていなかった・・・(๑´・A・`๑)

てへぺろ。

というわけで・・・コカ・コーラ社がどのような大麻入り飲料をリリースするのか(しないのか)、紫煙の向こう側から楽しみに待っていたいと思います!

エスコークというものもあります

今回は「CBDオイル+コーラ」でしたが、栄養ドリンクの「エスカップ」とコーラを混ぜると、「エスコーク」というパワフルな名前のドリンクが完成します(違法なものではありません)。

以前、カフェごっこをやっていたときにソフトドリンクとしてエスコークしか提供しなかったのは懐かしい思い出。

変化する時代に合わせて、楽しくやっていきましょう!