タイやシンガポールで電子タバコは違法!CBDリキッドも要注意

スポンサーリンク

夏の旅行シーズンに向けて注意喚起です!タイやシンガポールではiQOSのような電子タバコやCBDリキッドなどを喫煙するためのヴェポライザーは違法扱いで、所持しているだけで(使用していなくても)罰金が科せられてしまいます。

【外部サイト】電子タバコ(アイコス)持ち込みについて | 【公式】タイ国政府観光庁

JALも注意喚起をしています。空港の手荷物検査で見つかっても警察へ通報されるとのこと。

【外部サイト】JAL – シンガポールへのたばこ・電子たばこの持ち込みにご注意ください

うーんこ れは厳しい・・・!

本来はタバコ(ニコチン依存)への規制なのだろうけど、見た目が同じなのでCBDリキッドのヴェポライザーも規制の対象になってしまっています。

CBDの先進国であるアメリカでもっとも人気が高いのは「ヴェポライザー」を使って吸引する「CBDリキッド」です。CBDリキッドについて紹介します

飛行機のように狭くて身動きが不自由な環境に入る前こそ、CBDで気分を落ち着けておきたいのですが・・・

その一方で、タイは医療大麻の解禁に向けて動き出しています。

世界中で拡がりつつある、大麻の合法化。かつて「ブッダスティック」で一世を風靡した微笑みの国・タイでもついに医療用大麻が解禁される見通しです!

えーと、つまり、これは・・・「タバコはダメだけど大麻はOK」という現代の世界の風潮に合わせつつ、CBDリキッドは見た目が電子タバコと同じだからNG!ということでしょうか。

渡航先の情報をしっかり集めて、楽しい旅を過ごしましょう!