こだわりサロンにオススメ!超稀少なオーガニックヘンプのエッセンシャルオイル【レビュー】

スポンサーリンク

ヘンプ(アサ・大麻)が持つさまざまな可能性が広く知られるようになりました。スーパーフードのヘンプナッツ、必須脂肪酸を豊富に含むヘンプシードオイルといった食品に加えて、ここ数年はヘンプの茎や種から抽出された栄養素・CBD(カンナビジオール)も人気です。

CBDオイルが到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

そんな大注目のヘンプ製品に・・・オーガニックヘンプを100%使用した、稀少なエッセンシャルオイルが登場しました!レビューです!

オーガニックヘンプ テルペン エッセンシャルオイル

オーガニックヘンプ エッセンシャルオイルは「CBDオイル」のメーカーとしても有名な、スロベニアの「ファーマヘンプ社」が製造しています。

さまざまなメーカーが乱立し始めたCBDオイルですが、個人的にはスロベニアのファーマヘンプ社が一番のお気に入りです。まとめて紹介します!

スロベニアは中央ヨーロッパの美しい国。ヘンプ産業の先進国です。日本には「大麻取締法」という、ヘンプの栽培・使用を規制する法律があるためにヘンプ製品の開発・研究では大きな後進国。海外製品の輸入に頼るしかないのが現状です。

食品のヘンプシードオイルは「シード(種)」の名前の通り、ヘンプの「種」を圧搾して油を取り出していますが、エッセンシャルオイルはヘンプの「茎」を水蒸気蒸留させて、芳香成分を取りだしています。

ヘンプシードオイルとヘンプエッセンシャルオイルは使用しているヘンプの部位も、製造方法も異なっているわけですね。

ファーマヘンプ社のオーガニックヘンプ エッセンシャルオイルの中には「テルペン」と呼ばれる微少な成分がたくさん含まれており、テルペンにはさまざまな効果が期待されています。

外観から見ていきましょう。

エッセンシャルオイルのパッケージはカラフルなものが多い中、黒をメインにした落ち着いた雰囲気。上質な作りだから、サロンに並べていてもオシャレに決まりそうです。

一般的なエッセンシャルオイルと同じ10mlサイズ。

小さなビンなので持ち運びも簡単です。ローターの振動部分と同じくらいのサイズ感ですね。

アロマディフューザーは「ネブライザー式」のものを選んでみました。

ネブライザー式のアロマディフューザーはオイルのビンを直結させて使用します。火や水を使わないため、安全かつ衛生的です。スマホ用のモバイルバッテリーで動かすこともできますよ。

最初に緑色の空ボトルが装着されています。

ディフューザー本体からボトルの部分をぐいっと引き抜き・・・

キャップの部分を使用したいエッセンシャルオイルと交換します。

キャップの部分は10mlボトルに最適化されています。オーガニックヘンプ エッセンシャルオイルも10mlボトルなので、そのまま装着できました。

そのままディフューザー本体へ挿入して装着完了。アロマのロゴマークが前面に向いて欲しかったけど、位置が少しずれてしまいました。

ディフューザー上部のスイッチを押すと、すぐに香りが拡がってきました。ネブライザー式は香りの強さと拡散のスピードが特徴です。オイルを拡散するときに「ジジジジ・・・」というローターの振動音のようなノイズを出すけど、よほど静かな環境でなければ気にならないレベルです。

上部の操作パネルで動作時間や間隔を調整できるので、「動作は長め・間隔も長め」にしておくとよいでしょう。

オーガニックヘンプの香りは馴染みが薄いと思いますが・・・落ち着いたウッディーな香りです。ヘンプの「茎」から作っているので、花のような甘い香りではありません。秘密の茂みに顔を埋めているような、ココロ安らぐ香りです。シトラスやミントのような爽やかな系とブレンドしてもよさそうです。

オーガニックヘンプは非常に稀少なため、10mlで19,800円という高価なオイルですが、こだわりのサロンにオススメです。私も使っていきます!