CBDリキッドとは?ヴェポライザーの選び方から、激安商品まで【VAPE】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から抽出される「CBD(カンナビジオール)」には、さまざまな効果が期待されています。CBDを含む製品でもっとも一般的なのはオイル状の「CBDオイル」。口の中にポタポタと垂らして飲み込んで使用します。

CBDオイルはとてもお手軽な一方、独特の味わいを苦手に感じることがありました。

CBDの先進国であるアメリカでは「ヴェポライザー」を使って吸引する「CBDリキッド」が人気です。

本日は「CBDリキッド」を紹介します。

CBDリキッドとは

非喫煙者でもノドに負担なく吸えるファーマヘンプ社のCBDリキッドがよい感じです!

産業用大麻(ヘンプ)から抽出されたCBDを精製し、PG(プロピレングリコール)やVG(植物性グリセリン)などの液体に溶かしてヴェポライザーで喫煙(吸引)できるようにした製品が「CBDリキッド」。

ビンの見た目などはCBDオイルとソックリですが、CBDオイルは経口摂取(そのまま飲む)で使用し、CBDリキッドはヴェポライザーを使って気化させた煙(厳密には水蒸気)を喫煙(吸引)して使用します。

PGやVGは食品添加物として使われているものなので安全性は高いとされていますが、CBDオイルとCBDリキッドでは使用方法が異なります。CBDオイルのように飲み込まないよう注意しましょう。

ヴェポライザー(VAPE)とは

CBDリキッドを加熱・気化させて喫煙するための器具。魚肉ソーセージくらい細いものから、ディルドくらい巨大なものまでサイズがさまざま。ライターなどで着火するのではなく、スマホのようにUSBから充電して、電気の力で加熱します。

アマゾンでも多数販売されているので、「ヴェポライザー」で検索してみましょう。初心者の方には「カンガーテック」などがお手軽だと思います。

※ヴェポライザーで「葉タバコ専用」や「ドライハーブ専用」となっているものはタバコのハッパ用ですので、CBDリキッドには使用できません

一般的に、サイズが小さいほど重量が軽く・価格が安いけれど、一度に吸い込める煙の量が少なくなり、サイズが大きいほど重量が重く・価格が高く、一度に大量の煙を吸い込むことができます。

小さいのはこんな感じで

ヴェポライザーにCBDリキッドのカードリッジが付属した「ベイプペン」を試してみました。VAPE使用の面倒くささを省けるので便利です!

バランスのよい中くらいはこんな感じで

たくさんの製品があるために選ぶのが難しかったヴェポライザー(VAPE)。お手軽で便利においしく楽しめるものがあったのでご紹介します!

パーツを組み合わせてカスタマイズできる大きいのはこんな感じ

中国の超巨大ショッピングモールサイト「Gear Best」で凶悪そうなVAPE MODを買ってみました。この爆煙はスゴイ!!!!!!!!!

個人的には、一度巨大なのを知ってしまうと小物には戻れないですね・・・持ち運びは大変ですが、やっぱりブカーっと吸えるのは快感です。小さいのでがんばって吸うと酸欠みたいになるので・・・。

CBDリキッドの使い方

CBDリキッドはさらっとした液体です。ヴェポライザーの注入口からリキッドを入れていきます。

こぼさないように注意しましょう。

慣れてしまえばとても簡単です。ヴェポライザーの中へ入れたCBDリキッドはそのまま入れっぱなしにしておけるので、使いたいときはヴェポライザーを取り出してボタンをポチっと押すだけですぐに吸うことができます。

最近すごくラインナップが充実してきたCBDオイル製品から、「喫煙」で使用するヴェポライザー用補充CBDオイルを買ってみました。

どのくらいの回数使用(喫煙)できるのか・・・は、すごく大雑把な表現ですが「かなりたくさん」です。よほどバカみたいに吸わない限り、30mlのCBDリキッドを1ヶ月で吸いきるようなことはないと思います。私の場合は毎晩少し吸って瞑想をしたりしていますが、半年くらい使ってもまだまだ残っています。タバコを買うよりもよっぽどコスパは高いのではないでしょうか。

CBDリキッドのフレーバー

CBDリキッドにはさまざまなフレーバー(風味)があります。喫煙すると、口と鼻にわずかに風味が残る感じです(あくまで風味なので、ご飯の代わりにはなりません)。

海外で製造されたものばかりなのでフレーバーもガイジン好みのものが多いです。意外性を楽しんでみましょう。

ふつうにおいしいシトラスフレーバーや・・・

さわやかの二段重ね、スイカ&青リンゴサワーフレーバー・・・

もはや表現することさえ難しいスカンクフレーバーまで・・・

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」。ファーマヘンプ、KOI、NATUuRの3つを比較してみました!

CBDリキッドはタバコのように「ハッパを燃やした煙」ではなく、実際は「水蒸気」のため、吐き出した煙の臭いが室内や洋服に長く残ることはないように感じています。それでも、レストランなど公共の場で喫煙するときはまわりへ配慮しましょう。誰かがメシ食ってる近くでタバコを吸うヤツは最低です。

CBDリキッドの安全性

CBDリキッドで使われているPG(プロピレングリコール)やVG(植物性グリセリン)といった液体は食品添加物として使われているものなので、安全性は高いとされています。

また、タバコのハッパと違ってニコチンやタールといった有害物質・精神依存物質を含んでいません。

WHO(世界保健機構)も「CBDはTHCと同じく、乱用・依存の可能性が低い」と報告しています。

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」など、CBD(カンナビジオール)の安全性・有用性について、WHO(世界保健機構)は次のように発表しています。

CBDリキッドを使うことがタバコの禁煙につながればみんなハッピーになれそうですね。

Brightfield GroupとHelloMDは「カンナビジオールを理解する」と題した調査の概要を発表しました。感想とともに紹介します。

CBDリキッドの効果

CBDリキッドをヴェポライザーで吸引するのはCBDオイルを経口摂取で飲用するよりもバイオアベイラビリティが高いので、より効率的にCBDを体内に届けられます。

飲用(Oral)だと20%ですが、吸入(Inhalation)だと30%という数値。一番よいのは直腸(Rectal)吸収の60%強です。

anal

画像引用元:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd/

CBDオイルに比べて、ヴェポライザーとCBDリキッドならCBDを1.5倍効率よく吸収できるというわけです。

また、使用してから効果を感じられるまでの時間もCBDリキッドの方が早いです。

そんなこともあって、最近の私はもっぱらヴェポライザーとCBDリキッドです。

CBDリキッドが効かないときは

CBDリキッドをヴェポライザーで喫煙するときは、目一杯(肺一杯)吸い込んで、しばらく息を止めて肺の中で煙を留め、そして鼻や口からプハーっと吐き出すのが正しい使用方法です。

タバコを吸うときのように「スパー、スパー」と口だけで吸うのではなく、しっかりと肺の中へ入れましょう。

個人的には爆煙VAPEを使って3回くらい吸うとCBDの効果を感じられます。

なお、CBDの効果は「リラックス」です。マリファナのような「ハイ」にはなりません。効果を勘違いしてしまうと「ぜんぜんキマらないじゃん!」ということになってしまいます。

たまに「CBDオイルを飲んだけど効かなかった」という人と出会います。きちんと活用できるように、私が気をつけているポイントをご紹介します。

「今日はもう休もうかな」とか「ちょっとドキドキするので落ち着きたいな」というときに、ゆっくりと吸ってみましょう。

CBDリキッドの購入方法

日本は「大麻取締法」の規制があるため、CBDを抽出するための大麻を所持することができません(厳密には、CBDを抽出する目的で大麻を取り扱う免許を取得した個人・企業が存在していません)。

大麻取締法の規制があるので国内製造できないはずのCBDオイル。しかし、国産という製品がたくさんあるのはなぜなのでしょう・・・?

そのため、海外で製造されたCBDリキッドをインターネットの通販などで購入することになります。街のタバコ屋やコンビニでは販売されていません。

Vape Mania」や「CBDオイル輸入販売 CBD LAB」のような、国内発送をしてくれる専門の正規代理店から購入するのがオススメです。

Vape Mania」は上野に店舗があるので、気になるフレーバーを実際に試すことが可能です。

CBDリキッドがお試し可能なVAPEショップ「Vape Mania」を訪問してみました!貴重な存在です!

なお、いわゆる「個人輸入」はリスクを伴います。

日本は「CBD製品は合法だけど、(同じ大麻由来の)THCが含まれる製品は非合法」という法律が残っています。そのため、「この製品はCBDしか含まれていません。THCは一切ありません」というような証明書を申告しないと輸入ができないのです。個人レベルで行うには敷居が高く、税関を通れない場合は「お金だけ支払ったのに荷物が届かずに捨てられた」ということになりかねません。

正規代理店から購入しましょう。

激安のCBDリキッド

CBDリキッドはたくさんの種類があり、選ぶのが大変です。コスパに優れた激安商品を探してみました!以下のエントリからどうぞ。

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」。ファーマヘンプ、KOI、NATUuRの3つを比較してみました!