シバガスが法律で規制されるらしい – この国のドラッグ教育を憂う

スポンサーリンク

笑気ガス(シバガス)のエントリが急にアクセス増えたなーと思ったら、こんな報道があったんですね。

【外部サイト】危険ドラッグの代用? 医療用笑気ガス詰めた「シバガス」を初押収 近畿厚生局麻薬取締部 – 産経WEST

危険ドラッグを密売目的で所持したとして、薬事法(現・医薬品医療機器法)違反容疑で逮捕された大阪市平野区の無職男(37)の自宅から、医療用ガスの亜酸化窒素を充(じゅう)填(てん)した小型ボンベ「シバガス」計8本が押収されていたことが19日、近畿厚生局麻薬取締部への取材で分かった。

(上記サイトより引用)

うーん。なんつーか、こういったのを見るたびに「正しいドラッグ教育がされていないのが原因」という気になってしまいます。

まず、現在「シバガス」として流通しているのは、アメリカのスーパーで1個1ドルくらいで販売されている、ホイップクリーム用のガスカートリッジにステッカーを貼っただけのものだと思うのです。

iSi N2O Cream Chargers, 24-Pack

それが広く知れ渡っていれば、誰もわざわざアンダーグラウンドマーケットから高いシバガスなんて購入しなかった。つまり、怪しいところへお金が流れることもなかった。ぶっちゃけ、笑気ガスには中毒性もないし1秒くらで作用は終わるし、乱暴になるでも錯乱するでもないので(以上、すべて実体験より)、警察にしてみれば「どーでもいい」ものだったと思うのです。「しぇしぇしぇのしぇー」と叫んでしまう危険ドラッグとは違います。

だけど、アンダーグラウンドマーケットで販売されて怪しいところへ資金が流入することは防がなくてはなりません。

なので、「シバガスは酸欠になって死ぬ危険性がある」なんていう荒唐無稽な話を広めなくちゃいけない。ふつーに考えて風船ひとつのガスを吸って酸欠になるわけがない。どんな肺活量してんだよ。

「医療用ガスを充填」なんて、すごく大げさな表現を使っているけど、わざわざそんなものを密造しているヤツはいません。

VonShef 1 Pint Premium Whipped Cream Dispenser with 3 Extra Nozzles and Cleaning Brush - Red

こういうのにカチっとはめ込んで、ホイップクリームを作るためのものです。たまたま成分が同じだったというだけ。

笑気ガスがしょーもないことをもっとみんなが知っていれば。アメリカでふつーに売られていることをもっとみんなが知っていれば。作用時間は超ショートで、精神・肉体への依存性がないことをもっとみんなが知っていれば。

12月ごろに正式に規制されるようです。まぁ、しょーもないものだからどうでもいいってばいいけど、これでホイップクリームが作りにくくなるのだけが残念です。

2016年2月追記

医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づいて、指定薬物にされることが決定しました

2016年2月28日以降、亜酸化窒素を含む物質(笑気ガスやシバガス)は医療などの目的を除き製造や輸入、販売、所持、使用のすべてが禁止されます。罰則は3年以下の懲役または300万円以下の罰金です。

アメリカのスーパーで普通に販売されている、あのしょーもないガスがこんな扱いになるとは・・・苦笑しかありません。

アメリカから持ち帰るのはやめましょう。

ゴリラクリニック 笑気ガス吸い放題というのもある

男性向けの脱毛クリニック「ゴリラクリニック」では、4年間無制限でヒゲ脱毛し放題 68,800円に、追加料金 34,800円で笑気ガスが吸い放題!!!!!!!!!

東京イセアクリニック

約10万円で4年間に渡って笑気ガスを吸いまくれるわけです。ついでにヒゲもツルツルさ。

これは見逃せない話ですね・・・。