ローランドの名器「TR-909」をブラウザで再現!操作方法など

スポンサーリンク

思わず遊びまくってしまいました。テクノ/ハウスシーンで幅広く使われているローランドのドラムマシーン「TR-909」を、WEBブラウザ上で再現したサイトが登場しました。

HTML-909

http://html909.com/

HTML-909

ツマミやボタンをクリックやドラッグすることで操作できます。タブレットでも動作しました。

そして、あんまり知られていないけどローランドのサイトから、本家「TR-909」のマニュアルをダウンロードすることが可能です。

【外部リンク】Roland – Support – TR-909 – 取扱説明書

この説明書を見ながらだと、HTML-909の再現度の高さがよく分かります。

HTML-909操作方法

TR-909とほとんど同じです。

「PLAY」ボタンを押すとリズムのプレイがスタートし、下に並んだ16個のボタンが左から順番に点灯していきます。ちょっと操作しにくいけど、「TEMPO」のツマミでBPMが変えられます。

ドラムパターンを入力していくには、まず「BASS DRUM」や「SNARE DRUM」の文字をクリックして、それぞれのドラムサウンド(BASS DRUMやSNARE DRUM)を選びます。

909_1

ドラムサウンドの下にあるツマミで音質を調整します。本家TR-909にある「ATTACK」のツマミがないのが残念!

  • TUNE:左に回すと重たく短い音、右に回すと軽くて長い音に
  • LEVEL:音量
  • DECAY:左に回すと余韻が短く、右に回すと余韻が長く

続けて、16個のボタンのいずれかをクリックすると、クリックされた箇所が赤くなり、そのタイミングに来たときにドラムサウンドが再生されます(表現が難しい・・・)。同じボタンを2回押すと、赤黒い色になり、アクセントがついた音になります。

909_2

たとえば、いわゆる「四つ打ち」にしたいときは「BASS DRUM」を選んで、16個のボタンは「1、5、9、13」をクリックすればOKです。

下の方にある、フロッピー、ファイルを開く、ゴミ箱の各ボタンは「内容を一時的に保存するため」のボタンのようです。ファイル名を付けて保存のようなことはできない様子。ゴミ箱をクリックすると入力したドラムパターンはすべて消えます。

9093

いやーーーーーー、楽しい!!!!!! 次はぜひTB-303をお願いします!!!!!!!!