PC/スマホ

【レビュー】マイクロソフト Bluetoothキーボード P2Z-00023/P2Z-00051【口コミ】

投稿日:2015年11月30日 更新日:

vapemania728*90

スマホやタブレットとBluetoothで接続して使用するキーボードのレビューです。

PC011539

これは何?

スマホやタブレットとBluetoothで接続して使用するキーボード。切り替えスイッチを使うと、Windows/Android/iOS機器をスムーズに切り替えられるので、ひとつのキーボードを複数のスマホ/タブレットで使い分けることが可能です。

キーの配列は日本語配列ですが、キートップにグレーで薄く何か書いてある・・・と思ってよく見てみると、英語配列でのキーが書いてありました。

PC011541

改めて説明すると、キーボードには「日本語配列(JIS配列)」と「英語配列」の2種類があり、記号のキー位置などが異なっています。外付けキーボードを使う際には「いま接続しているのは日本語配列のキーボードですよ」とか「英語配列のキーボードですよ」というのを、接続先のスマホやタブレットで正しく設定しないと、「アットマークを押しているつもりなのに別の記号が出てくる」といった不具合が生じてしまい、「アットマークはどこにあるんだよ!」と、すべてのキーを押しまくって探すハメになってしまいます。キーボード設定大事。

しかし!一部のスマホやタブレットでは、標準でこのキーボード設定を変更できないものがあります。私が使っているASUSのZenFone5やZenPad 8.0がまさにそれで、どんなキーボードを接続しても英語キーボードとして認識されてしまいます。

そんなときも(どんなときも)、このキーボードなら英語配列での記号もキーに刻印されているので分かりやすいです。

キータッチはプラスチックな感じで気持ち浅め。新MacBookのようなペナペナと薄すぎるようなタッチではないけれど、従来のMacBook Proなどのタッチより、わずかにストロークが浅いです。

そして、最大の特徴はスマホスタンドも兼ねているキーボードカバー。パカっと開くとキーボードの電源が自動でON。右側にはマイクロUSBの充電端子と電源ボタン。

PC011542

キーボードカバーにある、絶妙なスキマにスマホやタブレットを立てることが可能です。

角度はふたつから選べます。斜めな角度はノートPCのようにキーボード入力がしやすいです。

PC011546

垂直に近い角度にすると、映像コンテンツを見るときに最適です。

PC011547

本体とキーボードカバーは磁石でひっついているだけなので、取り外しも可能。この磁力も、強すぎず弱すぎずいい感じ。

PC011543

スキマに立てているだけなので、もっと不安定かな?と思ったけれど、想像以上にちゃんとしています。電車の中で膝の上に置いて使ってみたところ、通常のノートPCのように利用が可能でした。

8インチタブレットのZenPad 8.0を横置きにするとこんな感じ。なかなかキュートです。10インチクラスのタブレットでも大丈夫そうです。

PC011545

縦に置くとこんな感じ。

PC011544

重量は374グラム。外装はすべり止め効果の高いラバー(ゴム)地になっているため、すべらないけどホコリなどが付着しやすいように感じました。

PC011550

縦の幅は文庫本とほぼ同じです。

PC011537

キーボードカバーを開閉と連動して電源がON/OFFされるのは実に快適。待たされることなく、ささっと認識されます。

カッチリとした作りなのでキーボードが「たわむ」こともなく、しっかりとタイプが可能。音量の上下ボタンや音楽の再生/ストップボタンも付いていて便利です。

シンプルにテキストを入力するだけなら、ノートPCを使わなくても十分な感じです。最近の私はタブレット+このキーボードを外出時の簡易作業環境として使っています。ノートPCをテザリングさせるような手間がないので、ささっと開いてメールを書いて送信して、というのが簡単に行えます。

唯一の難点は、本体右側に付いている電源ボタンを間違えて押してしまい、ペアリングが解除されてしまうことがあります。これ、押しボタン式じゃなくてスライドスイッチとかにして欲しかったです。

総合評価はかなり高いです。これを使わない日はないくらい。かなりオススメです!

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-PC/スマホ
-, , , , , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.