※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

イヤフォン/ヘッドフォン

迫力の重低音!LERVING Bluetoothスピーカー【レビュー】

投稿日:2016年7月11日 更新日:

vapemania728*90

LERVINGさまより「Bluetoothスピーカー」を提供いただいたのでレビューです!ありがとうございます!

LERVING Bluetoothスピーカー

これはなに?

Bluetoothのワイヤレスやオーディオケーブルの有線接続で音楽を再生するコンパクトなスピーカー。内蔵バッテリーで約5時間の再生が可能。

それでは、外観から見ていきましょう。

白い箱にブルーのラインがアクセント。シンプルで上質だからプレゼントにもしやすそうです。

lerving_1

硬質な紙のカバーと茶色い箱。こういうパッケージの製品が増えましたね。エコでよいと思います。

lerving_2

くぱぁっと開けるとこんな感じ。短いマイクロUSBケーブルやオーディオケーブルまで付いています。説明書はきちんと日本語です。

lerving_3

持ってみると・・・重い!手のひらに乗るコンパクトなサイズなのに、いい意味で裏切られる重量です。みっちり詰まっている感じがあります。

lerving_7

側面には主張しすぎないロゴマーク入り。微妙な光沢のアルミ素材で高級感があります。

lerving_5

ロゴと反対の側面にはオーディオケーブルをつなげるためのAUX端子、充電用のmicroUSB端子、microSDカードスロット。

※MP3などの音楽ファイルを入れたmicroSDカードを差し込めば、スピーカー本体から直接再生が可能になると思われますが、手元にあった2GBのカードをMacでフォーマットしてMP3ファイルを入れただけだと認識されませんでした。まぁ、本体だけだと曲名も分からないし、外部スピーカーとして使用するのがよいと思います。

microSDカードスロットの横には小さなLEDランプが付いていて、動作状態が分かるようになっています。LEDがすごく控えめなサイズなので、暗い部屋で使っていても目立ちません。

lerving_0

操作ボタンはすべて本体底面に。音量の上下、再生/ストップ、電源/入力切り替え。

底面はゴム地になっているのでヌルヌルすべることがありません。テーブルに置くとピタっと貼り付く感じです。

lerving_6

MacBook Proの横にもよく似合います。Macのアルミ素材より光沢感があります。

lerving_8

聞いてみた

まず最初におことわりです。LERVING Bluetoothスピーカーは置き場所によってかなり音の雰囲気が変わります。テーブルや床のように固い面に置くと低音がズンズン強化され、カーペットのように柔らかい場所だと中・高音が目立ちます。今回は基本的に「固いテーブルの上」という状態で試聴しました。

ひとつめ。

レビューのたびに聞いているArt of Life。コンパクトなスピーカーだから音の広がりは弱いけど、激しい音は激しく、メロディアスな音はメロディアスに、すごく丁寧に再生されています。いいですねー!いつもよりアゴが長く見えるようでした。

続いてコチラ。

もはや「最愛」という文字を目にしたら「もあ」としか読めない今日この頃(同じく、「天使」は「あまつか」になってしまう)。コンパクトなスピーカーでどこまで再現できるかなと思ったら・・・いいですね!音のチューニングがマッチしているのか、SU-METALの声がARのように浮かび上がって聞こえます。ボーカル前面って感じです。これは楽しい。

続いてコチラ。

低音がブリブリ出ている曲・・・ということで、なぜかいまごろカンナムスタイル。低音が響きます!ブリってます!楽しいです!いいですねー夏ですねー。

LERVING Bluetoothスピーカーのよい点

この大きさでこんな音が出せる時代になりましたか!というのが率直な感想。しかも実売4,000円程度です。一昔前のポータブルスピーカーなんて、音はペナッペナで低音なんてまったく期待できなかったのに・・・技術革新というのはすごいですね。

聞いていて楽しくなるスピーカーです。そういうの大切ですよね。いいです!

LERVING Bluetoothスピーカーの微妙な点

Bluetoothの感度はちょっと弱いです。MacBook Proとペアリングして3m程度離れると音が途切れがちになってしまいます。

テーブルや床のような固い場所に置いたときに特に顕著で、手で持ち上げているときにはきちんと音が鳴っているのに→床に置いたら音が飛ぶ、という状態になりがちです。本体のまわりがぐるりとアルミ製になっているので底面を床で塞ぐと電波が届きにくくなるのでしょう。

隣の部屋に置いて鳴らしたいというのは難しかもです。

また、電源ONやBluetoothのコネクトを流暢な英語音声で喋ってくれるのですが、なぜか電源OFFのときだけ「ピンポーン」という、クイズ番組で正解したときのような明るい音です。

・・・な、なぜそこでピンポン・・・。「パワーオフ」とか、もちょっと低い音とかでよかったのでは・・・。

また、ボリュームボタンなどがすべて底面にあるので、操作するときは本体を持ち上げる必要があります。

総括

コンパクトなサイズながら、かなりの爆音&ビリビリ響く低音。デザインもいいし、いつも身近に置いておきたくなります。実際、私がいま一番使用しているのはこのスピーカーです。もっと大きくて高音質なスピーカーも持っているけど、このくらいがちょうどよいというか。

難点はBluetoothの弱さとバッテリーの持続時間。バッテリーはMicroUSBから給電してあげればよいので、スマホ用のモバイルバッテリーを併用すれば解消できます。防水や防塵ではないので、アウトドアにはあまり向いていないですね。

ありがとうございました

LERVINGさま、サンプル提供ありがとうございました!!!! またおもしろいものがありましたらご連絡ください!

レビューの依頼を募集しています

月間35万PV(2016年7月時点)の「扉の先通信」では、さまざまな製品・サービスのレビュー執筆依頼を募集しております。以下のページからご連絡くださいませ。

https://www.magarisugi.net/sendmail/

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

3

フルスペクトラムで10%濃度という驚異の新製品、AZTEC CBDを脳内ふたりで試してみました!

4

どーしょーもない(褒め言葉)ジャンキーの条件を紹介するコーナーです。いわゆる「あるある」ネタです。

5

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の55%濃度です。

-イヤフォン/ヘッドフォン
-, , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.