MacBook Pro15’をMacbay2でSSDとHDDの2ドライブ構成に換装した

スポンサーリンク

我が家のメインマシン、MacBook Pro15’(Retinaモデルではない、スーパードライブ内蔵タイプ)。1680×1050の非光沢タイプ高解像度液晶と750GBのHDDでいろんなものを作っておりましたが・・・最近は自宅でもサブ機のMacBook Air 11’で作業することが多くなってきました。

画面の大きさはまるっきり違うけど、MacBook Airは片手でひょいっと持てるし、SSDだからすべての作業が速いため、ついAirを使ってしまうんですよね。

ただ、いろんなデータの保存先として大容量のHDDはまだまだ必要・・・750GBとか1TBのSSDは高いし、外付けHDDはジャマなるし・・・

ということで、MacBook Pro15’のスーパードライブをSSD(やHDD)に換装できる「Macbay2」を購入してみました。

Macbay2+

http://www.akibakan.com/BCAK0080607/

SSDはTranscendの2560GBのものを買いました。1TBでも4万円台で買える時代になったんですね・・・。

換装してみた

乾燥方法の説明書はPDFで配布されています。

まずはMacBook Proをバラし、Macbay2の取り付け(スーパードライブの取り外し)。小さなコネクタやネジがいくつかあり、ちょっと大変。以前のMacbay2にはトルクスドライバーなどの工具が付属していたけど、現在発売されているものには付属していないため、別途用意が必要です。

Macbay2はプラスチック製なので振動に弱そう(振動しそう)なイメージだったので、Macbay2側にはSSDを取り付けて、HDDはそのままの場所にしておきました。

リカバリしてみた

MacBook Proのフタを閉めてOptionキーを押しながら起動して、リカバリ領域からOS(Mavericks)をSSDへインストール。

そして起動ドライブをSSD側にして・・・いやー、速いです。OSとメインアプリ、各種作業データはSSDに入れて、動画や写真や音楽はHDDへ。SSD導入で256GBほど容量が増えたし、まだまだ使えそうです。

誰もが言っているけど、やっぱりSODはオススメです!!!!!!!!!

追伸。自作Fusion Driveはデータの安全性を最優先にしたいゆえ、まだ試していません。