グンゼ ボディワイルド ボクサーブリーフ AIRZ エアーズを履いてみた【ぱんつ】

スポンサーリンク

私には長年の悩みがありました。それは・・・完璧と思われる下着(ぱんつ)に出会ったことがないというもの。

現代の主流はボクサーブリーフのようですが、個人的にはボクサーブリーフだと愚息が正面から圧迫される感じが息苦しく、かといって股間がゆったりなサイズ感だとウェストがガバガバだし、いや別にチンコのサイズを自慢しているのではなく、閉塞感の問題としてダメでした。

※私はサイズよりメンタルで勝負するようにしています

「高級なパンツなら幸せになれるかも(ΘωΘ。)♡ と思って、伊勢丹のメンズ下着コーナーに行ってみたこともあるけれど、試着ができるわけでもないし、まわりは「彼氏のために買いに来ましたー」みたいなノリが強くて、人間が苦手な私はそそくさと退散。

「ふんどしが最強だよ」と言われたこともあったけど、持検でふんどし姿が判明したら徹底的に追求されそうで怖いし・・・

そんなときに知ったのが、グンゼが20年振りの新製品!とイキ込むコチラ。

ボディワイルド ボクサーブリーフ AIRZ エアーズ

【外部サイト】まるで「はいていないような…」 20年ぶりの新パンツ:朝日新聞デジタル

これまでのトランクスやボクサーブリーフにあった腰のゴムをなくし、腹回りも裾も切りっぱなしにした。特徴は「何もはいていない、空気のような感覚」だ。伸縮を工夫した生地を立体的に裁断することで、腰回り全体を均一にやさしく包み込み、ゴム無しでもずり落ちにくい。

(上記サイトより引用)

ゴムなしでナマの感覚!!!!!!!!! まるで履いていないような!!!!!!!!! なにそれ気になる!!!!!!!!! というわけで購入してみました。ひとつ1,500円也。

パッケージには高級感も意識高い感もありません。これなら気軽にレジへ持って行けそう。

布の感じはかなり薄手。テロテロです。素材はレーヨン 90%、ポリウレタン 10%のケミカル素材。

今回購入したのはMサイズですが、一般的なパンツのMサイズよりかなり小さめでした。Sより小さいかも。それだけ伸縮性があるということでしょうか。

また、前開きタイプではないため、放尿時には愚息は上から登場させることになります。

ではさっそく履いてみましょう・・・。

うーーーーーむーーーーー(。•́︿•̀。)

たしかに、腰や裾の部分は切りっぱなしなので、すっきりな感じはあります。しかし、前部分(チンコ部分)は尿漏れやガマン汁を吸い取るためか、少し厚手になっており、従来のボクサーブリーフと同様にチンコへの圧迫感があります。

また、私が買ったのはローライズではないタイプですが、ちょうど鎖骨のあたりがパンツの上辺でした。ヘソまわりは冷えます。

さらに、これも従来のボクサーブリーフと同様の悩みですが、個人的にはお尻部分の布が余ってしまい、気持ち悪くダブつくのです。キャッチャーくらいに尻が大きければ大丈夫なのかしら。

うーーーーーむーーーーー(。•́︿•̀。)

ナシ!!!!!!!!!

個人的には、従来のボクサーブリーフから大きく進化しているとは思えませんでした。ボクサーブリーフの悩みであったチンコへの圧迫感、お尻のダボつき感があるし、いくらなんでも「履いていない」は言い過ぎではないでしょうか。露出マニアから怒られそうです。

残念ですがお蔵入りさせます・・・DMMオークションで買ってくれたらいいのだけど・・・。

そういや、サオとタマを別々でホールドしてくれるパンツってのもありますね。

いつかの日のために・・・!