閉店間近な綱島温泉へ行ってきた

スポンサーリンク

真っ黒なお湯と大騒ぎな宴会場が素晴らしかった「綱島ラジウム温泉 東京園」。再開発に伴って5月17日から閉鎖される予定のため(追記:19日で確定しました)、最後に行ってきました。「東京園」って名前だけど住所は神奈川県です。東急東横線 綱島駅から徒歩すぐ。

【関連】閉館間近の綱島温泉で靴を盗まれた

ここにはたくさんの思い出があります。自分の親より年が離れたオッチャン・オバハンから、こちとらとっくに30超えているのに「兄ちゃんたち、学生?」と言われてゲラゲラ笑いあい、ビールをおごってもらったり、鉄板の宴会芸を教えてもらったり、人生のアレコレ(主に愛人の大切さについて)を披露してもらったり・・・

もちろんカラオケで盛り上がってみたり・・・

「オトナの社交場」に混ぜてもらっている感じがとても心地よい場所でした。ややもすれば、僕らは自分たちの世界で完結してしまいがちです。ふだん触れあうのは、せいぜい自分とは一回り上か下かの世代。もちろん、女子高生ともキャッキャもしたいけど、綱島温泉に行くとふだんは触れあうことのない、混ざり合うことのない、人生の大先輩と一緒に盛り上がることができました。

それはとても刺激的で、自分が(その年代から見ると)とてもヒヨッコであるということも、新鮮な感覚でした。

だもんで、俺は綱島温泉の2Fにある貸し切り宴会場って行ったことないんですよね。自分たちだけで盛り上がるのならヨソでもできます。綱島温泉はたしかにコストパフォーマンスも優れていたけど、安いだけに魅力を感じるのは、あまりに感性が寂しいです。ここはもっとユニークで破壊力のある魅力に溢れていました。

そしてもうひとつ。綱島温泉も百穴温泉もそうだけど、気になるところは一秒でも早く訪れておこうと改めて思いました。「いつか行きたい」なんて言ってられません。

綱島温泉と、そこに集う人生の諸先輩方、ありがとうございました!!!!!!!