ウィラーバスのWi-Fiや座席をレビュー

シェアする

スポンサーリンク

高速バス・深夜バスといえば、ほぼひとり勝ち状態ともいえるピンクのバス「WILLER EXPRESS」。俺も何回乗ったことか・・・!というわけで、Wi-Fiや座席をいろいろレビューです。

WILLER EXPRESSとは?

日本全国を走り回っている高速バスサービス。ピンク色の車体が特徴。高速バスの概念を覆す、電源やWi-Fiまで備えた快適なシートと多彩な割引キャンペーンで人気。

ウィラーのWi-Fi

バスの中にWi-Fi電波が飛んでいるからネットが快適!というアピールがされているけど、はっきり言ってつながりません。「電波はキャッチできるけどIPアドレスが振られずにネットワークに接続できない」という状態がひたすら続きます。高速で移動しているから?利用者が実は多い? 素直に自分のスマホをテザリングさせてネットにつなげた方がよいです。ここらへんは運転手さんもどーにもできないことなので、素直に利用を諦めましょう。

座席レビュー

個人的に乗ったことがある座席をレビューします。

リラックス

ウィラーの基本となるシート。三度笠のように顔が隠せるキャノピーのおかげで、寝ている顔を隠したり、まぶしさを和らげることができます。飛行機のエコノミークラスに比べてはるかに広く、快適です。座席の数が少ない「のびのび」タイプのバスなら、足をドーンと伸ばしていても大丈夫。安くてもコンセント付きなのはありがたいです。

シアター

飛行機のようにプライベートモニターが付いていて、ゲームや映画が楽しめます。が、操作するためのコントローラー(64的なの)が座席の荷物入れのところに収まっているため、まったく使わない人にとっては荷物入れられずにジャマな感じ。モニターは小さいけど字幕もちゃんと読めます。

ニュープレミアム

レザー張りでゆったり。いつものネカフェ気分で過ごせます。価格が高いためにオッチャン利用が多く、「乗ったらすでに前席のオッチャンがフルリクライニングでイビキで爆睡」ということもあり、雰囲気は微妙。広めのレザーシートは体が細い人だと滑りがちで、不安定になって寝づらいことも。プライベートカーテン付き。

ビジネスクラス

個人的には一番この座席が寝やすいです。プライベートカーテンを閉めると横からの視線は防げるけど、リクライニングした前方の席の後頭部は見えてしまいます。最後部には広いトイレと洗面、着替えルーム(ここで着替えている人を見たことないけど)もあります。

プレミア会員がオススメ

で、なんで俺がビジネスクラスやニュープレミアムみたいなシートに乗ったことがあるかというと・・・プレミア会員の「空席があれば無料でシートランクアップ」を使っているからです。最初の予約は一番安いので予約して、高額なシートへ無料でアップグレードしています。週末はさすがにムリだけど、平日の利用なら空席あること多いです。

で、もちろん移動の速度や快適性を求めれば新幹線や飛行機なのかもですが、どちらも荷物の制限が厳しいんですよね。高速バスって巨大な荷物置き場が(車体の下に)あるので、預けてしまえば安心です。飛行機でも預けられるけど、扱いが悪いのが心配。

これからもバスを使って日本全国いろいろ巡ります!

WILLER EXPRESSオフィシャルサイト