マガリスギ.net

このエントリーをはてなブックマークに追加

MAGARISUGI INFORMATIONS
最近は「クリスタルボウルのサイト」ばかり作ってます

「BIGになる方法を考えてみた」

まもなく無職になるマガリスギ。そろそろ背に腹は代えられないということで、BIGになる方法を考えてみた。

1. Twitterのフォロワーを買って信頼度UP
Twitterでどれだけフォローされているか(フォロワーがいるか)が信頼度に結びついてしまう世の中。「いかにも買いました」的な外国人フォロワーばかりだとウソくさいし、多すぎても微妙なので3,000人くらい買ってみる↓

twitterフォロワー.jp

ちなみにいまのマガリスギはフォロー 29人に対してフォロワー 1,016人。個人的には30人フォローするのが読み切れる精一杯だと思う。きっしーの「おはよ^_^」とか、読み逃したくない!

2. 若くてカワイイ女の子を広告塔に1
「秘書」でも「見習い」でもいいから、自分より立場が下の存在として若くてカワイイ女の子を広告塔にデッチあげ、「先生は今日も忙しそうに~」とか「まだまだ勉強させてもらうことがたくさんあります」とか、日々TwitterやFacebookにあげさせる。

3. 若くてカワイイ女の子を広告塔に2
そしてその子を「異業種交流会」や「Facebookの友達増やそうグループ」に出しまくり、アホな男のファンを増やす。ネイルが見えるような写真がポイント。「今日もキレイだね!」みたいなコメントが付くようになればバッチリ。

ちなみにいまのマガリスギは広告等も俺。すでにオッサン領域の俺。もちろん、「今日もキレイだね!」みたいなコメントが付くようなことはない。

4. 過去の大物に名前を似せる
「ヒルズ族」や「○○エモン」、「楽天」に対する「円天」といった、過去にBIGになった人やモノと名前を似せる。いまなら「ビット○○」が旬なのかしら。

ちなみにいまのマガリスギはマガリスギ。後にも先にもマガリスギ。

5. 男性向けなら「1億円」、女性向けなら「やせる・キレイ」をキーワードに
行動の目的やその説明はシンプルに定めるべき。男性向けなら「1億円稼げる」、女性向けなら「やせる・キレイになる」をキーワードにすれば、だいたい大丈夫。

ちなみにいまのマガリスギは「新しい音体験」や「オルタナティブな価値観」など、あまりに抽象的すぎる。

6. 雑誌に記事広告を出す
金さえ払えばどんな記事でもナンボでも出す雑誌がある。まるで取材に来たような、インタビューを受けたような体(てい)で、全部自分で書いてお金を払って雑誌に掲載してもらい、「取り上げられました!」と大見得を切ろう。

ちなみにいまのマガリスギはライター仕事以外では「SPECTATOR」とか「Free and Easy」にちょろっとイベント告知を載せてもらったことがあるくらい。A.RI.GA.TO.U.

7. 本を出す
自費出版でもゴーストライターでも本さえ出せばハッタリが効く世の中。真の大物とは深見東州くらいの冊数を出してこそだと思う。

ちなみにいまのマガリスギは16年かけてようやくバーニングマンのガイドブックを執筆中。いくらなんでも遅筆だろ、と。

8. そのすべてをもってイベントを行う
つまり、若くてカワイイ女の子を横に連れて、過去の大物に名前を似せた名前で、自費出版の本を小脇に抱えて何かを行う。

・・・なんだか、すべて「投資」としてアリな気もしてきた。もし俺がこんなことをやりだしたら悪魔に魂を売ったとお考えくださいませ。


今日のオススメ:お札タオル 1万円+100万円+1億円 3柄セット

カテゴリ:

Copyright © 1997 - ∞. マガリ企画 LLC., All Right Reserved.
事前許諾のない転載・引用はおやめください。

マガリについて | メールを送る | Twitter | Facebook | Amazon | YouTube | クリスタルボウル