東京都公認の大麻畑に行ってみた

シェアする

スポンサーリンク

東京都内で唯一、おおっぴらに大麻やケシがワッサワッサ育てられている場所・・・東京都薬用植物園に行ってみた!!!!!!! (9月ごろが見頃です)

東京都薬用植物園

P9200139

  • 東京都小平市中島町21-1
  • 休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日が休園)
  • 西武拝島線「東大和市」駅下車 徒歩2分

東京都小平市。ほとんどもう東京都なのか忘れてしまうこの地に、東京都薬用植物園はあります。

近くにはゴミ処理施設の廃熱を利用した足湯もあり、週末のプチ旅行には最適。たくさんの方がホッコリしていました。

さっそく入園

なんと入園無料です。毎日来たって大丈夫です。園内、たくさんの植物がありますが、だいたい元気がない感じです。まぁ無料だしね・・・管理もね・・・と、思っていたら、元気すぎるヤツらが左手に見えてきました。

うん、

P9200141 これ、

P9200146 麻だね。

P9200159

青々とした葉がワッサワッサと・・・何株あるのか数え切れない大量っぷり。薬用に研究栽培しているとのことですので、いずれ国産のCBDオイルが作られる日が来るのでしょうか。

5%CBDオイルドロップ CBD 500mg/10ml
価格 8,000円(税込)

CBDオイルとは
産業用大麻(ヘンプ)の茎や種から抽出した「CBDオイル」についての解説です。さまざまな効果が期待されます。

P9200174

すでに種ができているのもあれば・・・

P9200176

ぐんぐん伸びているのもある。

一応は鉄柵の内側で育てられているのだけど、もはや鉄柵に収まりきらないサイズへと・・・台風のときとか飛ばないか心配・・・(目をこらしてみたけど、周囲はキレイに掃除されていて落ち葉のひとつもありません)。

P9200166

鉄柵よりはるか上まで生長してますね・・・

P9200168

後ろの民家は窓から毎日大麻草が眺められる、カンナビス・ビューが素敵です。

  • 東京都薬用植物園のケシ・アサ試験区は監視カメラで守られています。
  • 東京都薬用植物園で栽培されているアサは酩酊成分のTHCを含まない品種と思われます。

週末のお散歩に楽しい場所ですので、時期を見て行ってみましょう。ケシの花が咲くのは5月中旬、麻の見頃は初夏〜秋のシーズンです。ご老人やご近所の方の散歩コースみたくなっているんで、ここばっかり注目しないようにね!