持ってないから書けること

スポンサーリンク

先日、若者と公園でおしゃべりしていたときのこと。

「マガリさんって、いまでも現役でアレコレ不法所持してるんですか?」

「持ってないよ!持ってたら、あんなに書けないよ!」

・・・はい。そうなんです。当たり前ってば当たり前なんだけど、あれこれ持っている状態であれこれ書くのはリスクがありすぎです。

「大麻堂」の方が「私は本気で解禁活動をしたいので、それまでは完全に禁煙しました」と語っていたのはカッコイイなーと思うし、

反対に解禁活動をやっている人がパクられるのは、分かりやすすぎてカッコ悪いなと感じてしまいます。

というわけでみんな!(そして国家権力の皆様)

俺と会った時に、挨拶もそこそこに「なんか余ってないですか?」と聞いてくるのはショックを受けるからほどほどにしとくんだ!

そして、いきなりそういう話題を書かなくなったら「こいつ、持ってんな」と思われそうなので・・・最近マガリスギを更新してなかったけど・・・これからもがんばって更新していきます!(生きるために忙しいのだよ)

あと、「kim seok」さんのお名前を拝見したときに「キメセク」と読みそうになりました。大変失礼いたしました。