CBDオイルがアマゾンから届いたので使ってみた

シェアする

スポンサーリンク

はじめにお断りです。

こちらの記事は、まだCBDオイルが一般的ではなかった2014年に作成した内容がベースとなっています。2016年9月1日にアマゾンからCBDオイル製品が一斉に削除されたため、現在はアマゾンから購入することはできません。

今後は「CBDオイル輸入販売 CBD LAB」のような正規代理店を通じて購入されることをオススメします。日本国内では大麻取締法の規制によってCBDオイルの製造ができません。「自称・国産品」よりも正規輸入品の方が安心です。

【関連】オススメ!ファーマヘンプ社のCBDオイルまとめ

また、CBDオイルが人気になったために寄せ集めの情報で構成したブログが乱立されるようになりました。私はすべて自分で体験し、自分の言葉と目線で情報を発信していきたいと考えています。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談一覧【まとめ】
私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

CBDオイルとは

産業用大麻(ヘンプ)の茎や種に含まれる大麻草特有の成分「CBD(カンナビジオール)」を抽出してオイルに溶かした製品が「CBDオイル」です。

EU諸国やアメリカで人気を博し、日本国内でも輸入販売されるようになりました。

「大麻」という植物としての大きなくくりでは(日本では所持が禁止されている)マリファナや医療大麻と同じですが、CBD製品には違法な成分「THC」が含まれておらず、作用もまったく異なるために合法的に所持・使用ができます。

CBD製品にはさまざまな形状があり、当記事で紹介しているような「チンキ」タイプ、濃度の高い医療グレードタイプ、喫煙して使用するヴェポライザータイプ、無味無臭なので料理にも使えるCBD結晶粉末なども登場しています。

CBDオイルの種類とそれぞれの使い方、作用時間について
産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」には、さまざまな種類の製品があります。それぞれの使い方をご紹介します。

CBDオイルを飲んでみた

5%CBDオイルドロップ CBD 500mg/10ml
価格 8,000円(税込)

チンキタイプのCBDオイルはビンのフタがスポイトになっているので、ちゅーっと吸い上げて、舌下に垂らしてから飲み込んで摂取します。製品のCBD濃度にもよりますが、1回につき5滴から15滴あたりが適量です。

では、さっそく飲んでみます。ポタポタ・・・。

※撮影のためにお皿にドロップしていますが、通常はそのまま口の中に出して使います。

うーん、苦い。ヨモギのような青臭い臭いで、草団子を食べている気分です。唾液がたくさん出てきてしまいます。マズすぎはしないけど、うまくもないという感じでしょうか。

※味が苦手な完全に無味・無臭のアイソレートタイプ(結晶粉末)がオススメです

【レビュー】CBD結晶粉末!エンドカボタニカル カンナビス・クリスタル・98%を試してみた【endoca】
CBDをそのまま結晶化させた「エンドカボタニカル カンナビス・クリスタル・98%」を試してみました!500mgの純粋なCBDが入っています!

そのまま60秒程度口内(舌下)にとどめておきます。ただこれも、唾液のせいでつい飲み込みがち。ムリせず適当に飲み込みました。

CBDオイルの効果

舌下に留めているときには体調の変化が感じられず、即効性はありません。

10分くらい経過したころから、気持ちが静かに安らいできました。おおおお、なるほどー。「ふはー」という感じです。

不安なことやイライラしていたことも、「ま、仕方ないか」と落ち着いて考えられる気がしました。酒で酔っ払ったときのように馬鹿になって「世界はハッピー!」と大騒ぎするのではなく、本当に静かに、気持ちの波が穏やかになる感じです。

こんな感じ↓

%e5%a4%95%e6%97%a5%e3%82%92%e7%9c%ba%e3%82%81%e3%82%8b

PCの画面を見ていると、画面のスクロールに目が追いついていないことに気がつきました。体全体が「休め」の状態になりつつあるようです。眠る直前の状態に近い感じですね。布団に入ることにしました。

車の運転や、細かな仕事の前には摂取すべきではないと感じました。

ここのところずっと不眠気味だったのが、CBDオイルを服用した日はぐっすりと眠れました。朝起きたときには心地よい脱力感が残っていて、満足のいくセックスして寝た後の感覚に近いように感じました。

CBDオイルの感想

CBDオイルは素晴らしいリラクゼーションサプリでした。アタマの中が考え事で一杯になっているときや、気持ちが不安定なとき、CBDがあれば自然とリラックスへ向かうことができます。

瞑想やマインドフルネスの状態に近いです。

CBDオイルを使って宴会のように騒ぐことは不可能だと思います。また、とても静かに安らぐので、睡眠導入剤を悪用するような「デートレイプドラッグ」にはならないでしょう。

その一方で、「気持ちが落ち着く」という作用は使用環境によっては効果を感じにくいかもしれません。

CBDオイルは効果なし?効かない!と思ったときのチェックポイント6点
たまに「CBDオイルを飲んだけど効かなかった」という人と出会います。きちんと活用できるように、私が気をつけているポイントをご紹介します。

今回のレポートは私個人が数回使っただけの感想です。他の人は別の感覚になるでしょう。

CBDオイルは完全に合法(脱法ではない)なサプリメントなので、誰でも買えます。眠くなることがあるため、車の運転中や仕事中ではなく、家でゆっくり過ごしているときに試すのがよいと思います。

麻が持つ可能性を感じさせてくれる不思議なものでした。

医療大麻とCBDオイルの違い

ガンや鬱などの難病の治療や、患者さんのQOLの向上のために「医療大麻(大麻草そのもの)」や「カンナビスオイル(大麻草の葉や花からの抽出物)」がアメリカやカナダ、ヨーロッパで幅広く使われています。

CBDオイルは癌やてんかんに効く? メディカルグレードのCBDオイルの効果について
CBDオイルは癌やてんかんに効くのでしょうか。海外の情報を中心に、さまざまな情報を集めてみました。

医療大麻もCBDオイルも「大麻」という植物から作られるという点では同じです。このふたつを比較すると、以下のようになります。

医療大麻・カンナビスオイル

  • 大麻の花・葉や、抽出物を使用する
  • THCが持つ薬効が期待できる
  • CBDも含むので、CBDの薬効も期待できる(THCとCBDの含有率の違いは品種によってさまざまです)
  • 専門の薬局を通じて購入する
  • 日本では完全に禁止されている

CBDオイル

  • 大麻の茎・種の部分から特殊な製法で抽出された成分のみを使用する
  • CBDが持つ薬効のみ期待できる
  • インターネットショッピングの通販で気軽に購入できる
  • 日本でも合法的に所持・使用できる

医療用途として期待できる効果は、やはり医療大麻の方が(成分が限定されていないため)大きいと思われます。すでにアメリカやカナダ、ヨーロッパででは、「THCが多めの医療大麻」や「CBDが多めの医療大麻」というように、たくさんの品種から自分に合ったものを選ぶことができます。

日本国内ではCBDオイルは「健康食品(サプリメント)」という扱いです。医療効果が認められた医薬品ではありません。

このブログではCBDオイルの医療効果を検証することは行いません(できません)が、強い効果を期待するときは「メディカルグレード(医療グレード)」と呼ばれる、高濃度な製品を選ぶことをオススメします。

50% CBD Golden Amber Paste CBD 2500mg/5ml
価格 43,200円(税込)

【レビュー】驚異の安定感!50% CBD Golden Amber Paste CBD2500mg/5mlを試してみた
一本に2500mgものCBDが含まれた、驚愕のメディカルグレード製品を試してみました。ワリカンしてでも買いたいクオリティです。

ここからは私の考えです

THCを含む医療大麻は日本では完全に禁止されています。CBDオイルしか使えません。

それならまず、CBDオイルで「麻」が持つ可能性を知り、みんなで「麻」への偏見をなくすところから始めてみましょう。

その次の段階で、本当に難病な人たちへ、アメリカと同じように(THCを含む)医療大麻が提供できるように政府へ働きかけてみましょう。そしてそれは、絶対に政治や思想の主張と絡めるべきではありません。あくまで医療、あくまでビジネスです。

アメリカにおけるマリファナ・ビジネスはスマホが登場したとき以上の経済効果を出し、かつての「ゴールド・ラッシュ」を彷彿させる「グリーン・ラッシュ」と呼ばれています。

その一方で、非常に残念なことに「CBDオイルは儲かるぞ」と気づいた企業やブロガーたちが微妙な製品や情報を発信するようになりました。

国産CBDオイルにまつわる、たくさんのウソ【買ってはいけない】
「国産」を謳うCBDオイルは絶対に選んではいけません。あまりに乱立しているので注意喚起のブログです。

たとえばこちら。下記のバナー画像、「CBD濃度」は何パーセントに見えますか?

ぱっと見ると「15パーセント」ですよね。だけど、よーく見ると「15」の横にあるのはパーセント記号(%)ではなく、パーミル記号(‰)なのです。

15パーミルというのは、1.5パーセントのこと。この製品のCBD濃度は「1.5パーセント」が正解です。

通常、濃度を表すのにパーミルなんて単位は使わないのに、なぜこのようなバナーを作っているのか疑問です。CBD配合量 500mg、濃度1.5%で「メディカル」というのも、正規輸入製品ならCBD配合量 2500mg、濃度50%(500パーミル)程度がメディカルグレード同等とされているのに比べると、あまりに頼りない数値です。

50% CBD Golden Amber Paste CBD 2500mg/5ml
価格 43,200円(税込)

おそらく、こういう商品は海外から濃度の高いCBDの結晶粉末を購入し、薄めまくってビンに詰めているだけだと思われます(違ったらご指摘ください)。

CBD 1000mg配合 99%クリスタル結晶
価格 16,800円(税込)

CBDオイルが特定の疾病に効果があるかどうかは未知数ですが、それでも「効果が期待できる」とされている数値を適切な価格で摂取し続けられるように、良質な製品を選ぶことが大切でしょう。

※該当製品の品質の善し悪しを述べているのではなく、消費者を混乱させる広告のあり方について疑問を呈しています。ちゃんと「1.5%」って書けばいいのに。

また、これも真偽のほどが分かりませんが一部のCBDオイルからマリファナの酩酊成分(違法成分)である「THC」が検出されたという報道がありました。

「CBDオイルからTHC検出、厚労省 大麻取締法該当のおそれ」という一部報道について【違法?】
産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の中に、いわゆるマリファナの酩酊成分(違法成分)である「THC」が含まれていたという報道がありました。マジかと。

検出されたのは「米国で販売されている人気ブランドの商品」という表現に留まっており、具体的なメーカー名や商品名は伏せられています。

CBDオイル輸入販売 CBD LAB」や「ブルーバード・ボタニカルズ 日本総代理店」のような正規販売されているCBDオイルは「THCが含まれていないことを証明する成分分析表」、「製造工程に問題がないことを証明する写真・文章」などを厚生労働省に提出し、輸入許可を得ています。

【外部サイト】ブルーバード・ボタニカルズ サプリメントへのこだわり・品質管理

私自身かなり頻繁にCBDオイルを使用しているため、念のためマリファナ(THC)の尿検査を行ってみましたが、当然ながらTHCは検出されませんでした。

CBDオイルを使用していても尿検査は大丈夫?THC反応が出るか試してみた
産業用大麻(ヘンプ)から作られたCBDオイルは、マリファナの成分である「THC」を本当に含んでいないのでしょうか?尿検査に反応が出るか実験してみました!

それでも、上記のような報道があったことを踏まえて、CBDオイルを購入するときは個人輸入等ではなく正規代理店のものを選ぶのが賢明だと思います。

これからもさまざまな情報を発信していきます。

5%CBDオイルドロップ CBD 500mg/10ml
価格 8,000円(税込)

こちらの記事もどうぞ。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談一覧【まとめ】
私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!