CBDオイルとは?効果や通販、輸入について

スポンサーリンク

CBDオイルとは、産業用大麻(ヘンプ)の茎や種からから抽出された大麻草特有の成分「カンナビジオール(CannaBiDiol・略称CBD)」を飲用できる形に加工したものです。

大麻草は部位ごとにさまざまな成分が含まれています。もっとも有名なのは、大麻草の葉や花の部分に含まれる「THC」。医療用大麻やマリファナの主成分です。THCは気分を明るくし、食欲を増進させるような効果があるため、諸外国では医療用・QOLの向上・緩和ケアなどのために研究が進められていますが、日本では大麻取締法によって規制されたままとなっています。

CBDは大麻草の茎や種に多く含まれており、THCとは異なる成分のため、効果がまったく異なり、日本国内でも合法的に所持・使用することができます。

例えるなら、「玉子」という大きなくくりでは同じものだけど、白身と黄身は味わいも栄養価も違うのと同じような感じです。CBDは医療用大麻やマリファナと同じ大麻草から作られますが、効果はまったく違います。

どこで作ってるの?どこで売ってるの?

大麻取締法の規制があるため、日本国内ではCBDオイルの原材料である大麻草を栽培することができず、すべて輸入品となっています。大麻草の研究についても、専門の学校があるカナダやアメリカに比べると極端に遅れている状態です。

大麻取締法の規制があるので国内製造できないはずのCBDオイル。しかし、国産という製品がたくさんあるのはなぜなのでしょう・・・?

CBDオイルは主にEU諸国やアメリカのメーカーが製造し、「CBDオイル輸入販売 CBD LAB」や「CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Navi」のような日本国内の正規代理店がネット通販で販売しています。アマゾンや街の薬局等では販売されていません。

これからCBDオイルを試してみたい!という方へ、通販で購入する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

どういう効果があるの?

CBDオイルの効果を感じるためにもっとも大切なのは「製品に含まれるCBDの含有量」です。これは一般的に「○○mg」という数値で表されています。CBDの含有量が少ない製品は、いくら摂取しても(そもそもCBDが少ないので)効果を感じづらいです。

次に、「○○ml」という数値で表されるオイルの液体容量が大切で、CBDの含有量と製品の容量から「含有率(%)」が導き出されます。含有率は「濃度」とも言います。

CBDの含有率が数パーセントのものは「一般向け」、20%以上のものは「メディカル(医療)グレード」と呼ばれています。

私個人の体験談としては、一般向けの商品には心地よいリラックス効果がありました。気持ちが落ち着き、目に見えているものがスローになっていく。海の上を漂っているような、ふわーっとした感覚でゆったりと過ごすことができました。

アマゾンでオーダーしていたCBDオイルが到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。現在は正規代理店からの購入をオススメします。

医療グレードのものは、一瞬にして気持ちが澄み渡るようで、作用時間の長さなども一般向けの商品とはまったく異なる体験でした。

一本に2500mgものCBDが含まれた、驚愕のメディカルグレード製品を試してみました。ワリカンしてでも買いたいクオリティです。

※あくまで私個人の体験談です

CBDの含有量は高いまま、液体容量を増やすことであえて含有率を低くしたCBDオイルもあります。毎日チビチビと続けたいときには、あえて含有率が低いものを選ぶのもかしこい選択です(もちろん、その際もCBDの含有量が高いものを選びましょう)。

CBDオイルドロップ 1000mg/30ml
価格 21,600円(税込)

アメリカ・コロラド州から「Infinite CBD」が上陸したので早速使ってみました。ココナッツオイルベースで濃度を低くしてあるので継続しやすいです!

日本国内ではCBDオイルは特定の疾患を治癒・治療する「医薬品」ではなく、健康食品(サプリメント)という扱いです。

ヘンプオイルとは違うの?

「ヘンプオイル」という、大麻の種子から油を絞った食用のオイルがあります。

ヘンプオイルはCBDオイルと製造方法が異なるため、CBDが含まれていません。さらっとしていて、料理に使うものです。

CBDオイルはドロっとしていて、独特の風味があるために料理には使えません。そのまま飲用して摂取します。

日々の健康増進のために料理で使うのはヘンプオイル、リラックスしたいときにそのまま飲むのはCBDオイルという感じです。

また、「カンナビスオイル」という製品もあります。これは大麻草の花や葉の部分も使って、大麻草が持つすべてのカンナビジオールを抽出したオイルです。日本では違法となる成分の「THC」も含んでいるため、国内では所持できません。

最近、「カンナビスオイル」を使って難病が治った!という話題がSNSでシェアされてきたので、今日はカンナビスオイルについてのブログです。

大麻を医療目的で合法的に使用できる、アメリカやカナダではカンナビスオイルが薬局で販売されています。

まとめるとこんな感じ。

  • ヘンプオイル:料理用のオイル。CBDもTHCも含まない。日本国内で合法的に所持・使用できる
  • CBDオイル:CBDだけが含まれるオイル。日本国内で合法的に所持・使用できる
  • カンナビスオイル:CBDに加えてTHCなども含まれるオイル。日本国内では所持・使用できない

てんかんや癌、難病に効くの?

まだ研究が始まったばかりなので「効く」という情報もあれば「よく分からない」という情報もあります。少なくとも一般向けのCBDオイルはCBDの含有率が低いため、リラックス以外の効果はあまり期待できないと思われます。

CBDオイルは癌やてんかんに効くのでしょうか。販売店やブログの口コミは真偽が判断できません。慎重に未来を見極める必要があります。

含有率の高い「メディカル(医療)グレード」と同等のCBDオイルは以下のような製品です。まだまだ非常に高価です。

日本国内ではCBDオイルは特定の疾患を治癒・治療する「医薬品」ではなく、「健康食品」という扱いです。安易に「難病に効きますよ!」とアピールしている販売店やブログサイトもありますが、薬機法に抵触しているし、鵜呑みにしない方がよいと思います。

アメリカでも「CBDオイルが癌に効く!」と宣伝していた企業に対して警告が出されています。

FDA(米国食品医薬品局)は、明確な証拠がないままに「ガンを治癒できる」という主張をして医療大麻製品を販売する企業に対して警告を行いました。

私のブログでは、私自身がさまざまな種類のCBDオイルを実際に摂取して、個人の感想を直接紹介していきたいと考えています。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

法律に触れないの?

CBDオイルは産業用大麻(ヘンプ)の茎や種からから抽出されており、日本の法律において違法なものではありません。完全に合法的に購入・所持・使用できます。私も持っていますし、安倍総理が使用しているというウワサもあります。

安倍総理が大麻から作られたサプリメント「CBDオイル」を「潰瘍性大腸炎」の治療目的で使用していると「アサヒ芸能」2018年 1/11号で報じられました。

ただし、個人輸入はハードルが高いです。

諸外国だとCBDだけでなく、(日本では違法なままの)THCを含んだオイルが市販されています。

一例として、カナダのエンブレム・コーポレーション社の製品はCBDとTHCの配合割合によって複数ラインナップされています。自分が求める効果に合わせて選べる感じですね。

画像引用元:https://emblemcannabis.com/collection/extracts/

THCが含まれる製品はカナダでは違法ではありませんが、日本では違法となります。

映像作家・写真家の柳田好太郎さんより、リアルなカナダの大麻文化が分かる写真を提供いただきました!ありがとうございます!!!!!!

少々やっかいなのが「ぱっと見ただけではCBDのみ(日本でも合法)なのかTHC入り(日本では違法)なのかが分かりづらい」という点です。

そのため、「CBDオイル輸入販売 CBD LAB」や「CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Navi」のような正規代理店は「この製品は間違いなくCBDしか含まれていません」という証明書や、製造工程の確認書をお役所に提出して輸入許可を得ています。

CBDオイルを個人輸入しようとした際は、同じように「この製品は間違いなくCBDしか含まれていません」という証明書や、製造工程の確認書をお役所に提出して輸入許可を得る必要があります。それがないと、税関で没収(破棄)されてしまいます。

また、信憑性は分かりませんが、「(正規代理店が販売しているものではない)一部のCBDオイルから違法成分であるTHCが検出された」という報道がありました。

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の中に、いわゆるマリファナの酩酊成分(違法成分)である「THC」が含まれていたという報道がありました。マジかと。

「お!これ安い!」と思って海外のあやしいサイトから個人輸入をしたら、税関で検査されて「これ、違法なTHCも入ってるんですけど・・・」というようなことになるかもしれません。

万が一のトラブルを防ぐためにも、正規代理店が国内で販売してくれているものを選ぶのが安全だと思います。

メーカーサイトの説明文

CBDとその加工物であるCBDオイルについて説明しているメーカーサイトの文章を読んでみました。

読んでみたのはこれ↓

http://hempmedspx.com/about-cbd/

翻訳文は長くなるので最後に紹介するとして、三行でまとめると以下。

  1. CBDは産業用大麻から抽出される
  2. THCと異なり、精神を活性化させる効果はない
  3. CBDの効能についてはFDA(米食品医薬品局)の制約があるため明記できない

・・・まず、大麻には「カンナビノイド」という化学物質が含まれています。唐辛子に「カプサイシン」が含まれているのと同じ感じですね。そのカンナビノイドの一種、「テトラヒドロカンナビノール (THC)」には精神変容の作用があり、THCを摂取することによって気分が高揚する「ハイ」になったり、じっくり落ち着く「ストーン」になったりします。お酒を飲んで陽気になったり眠ったりするのと同じですね。

ドラッグとしての大麻(以下、区別しやすいようにマリファナと書きます)は、いかにTHC含有量の多いマリファナを作るか、いかにTHCを壊さずに抽出して使用するかが重要とされてきました。

一方、大麻には繊維を取ったり油を絞ったりという、産業製品の原材料としての使い方があります(以下、区別しやすいように産業用大麻と書きます)。産業用大麻においては、THCの含有量は関係ないばかりか、THCが多いとマリファナとして使われてしまう可能性があったため、THCの少ない産業用大麻が開発されました。

CBDはこの(THCの少ない)産業用大麻の種や茎から抽出されます。CBDは天然の大麻に最も多く含まれるカンナビノイドです。

日本の法律において、大麻の種や茎から作られた製品は違法ではないため、販売・所持・使用は合法的に行えます。CBDオイルはいわゆる危険ドラッグとは異なります。

以下、CBDオイルのメーカーサイトが掲載している英文をざっくり訳したものをご紹介します。間違っているところはやさしくご指摘ください。

ここから↓

CBDって何?

CBD(カンナビジオール)とは天然の大麻に40%以上含まれる、最も多い含有量のカンナビノイドです。CBDは精神活性効果のないカンナビノイドで、THCに次いで最も研究されています。多くの研究者によると、CBDはこれまでに発見された最も重要なカンナビノイドかもしれません。

内因性カンナビノイドシステムって何?

内因性カンナビノイドシステム(ECS)とは最も新しく、最もエキサイティングな科学的発見です。ECSはリラックスすること、食べること、眠ること、特定の興奮反応、認知機能を調節します。体内で発見されたカンナビノイド受容体には神経系のCB1と免疫系のCB2の2つのタイプがあり、それぞれ脳と免疫系の中でもっとも豊富です。つまり、ECSはあなたの活動を支えるために重要なもので、小さな役割ではないのです(この、ECSに大麻のカンナビノイドが作用すると考えられています)。

なぜ産業用大麻がCBDのために栽培されるの?

マリファナとして使用される大麻はCBDが少なく、THCが多いのに対し、産業用大麻はCBDが多く含まれ、THCはもともと少ないです。私たちの産業用大麻はマリファナと同じカンナビス・サティバ・Lが原種と考えられますが、自社で特別な産業用大麻を開発してきました。

特別な品種と高度な植物遺伝学、そして最先端の生育技術の組み合わせによって、 CBDの非常に高い製品を一貫して製造することができています。 数十カ国で栽培され、アメリカへ輸入することができます。ドラッグとして使用される(THC含有量の高い)マリファナからCBDを取得する法的・実用的な必要はありません。

CBDは私の病気に役立ちますか?

FDAの規制のため、我々はCBDが特定の病気を助けることができるかどうかについての主張をすることはできません。ご自身で確認されるよう提案します。

健康な人にとってCBDは効果がありますか?

弊社の製品に興味を持つ、それぞれの人は個々の健康のゴールを持っています。当社の創業者には医療専門家もいますが、製品の利点について医療的な主張をすることができません。我々が臨床テストを完了して、当局の承認を受けるまで、CBD製品は(FDAのガイドラインに従って)栄養補助食品、または食品と見なされます。

それにもかかわらず、我々が消費者から受け取ったたくさんのフィードバックはものすごくポジティブでした。特定の健康関連の質問や懸念がある場合は、かかりつけの医師とCBDについて相談することをお勧めします。インターネット上にはCBDについての独立した研究も数多くあります。

CBDとTHCは同じものですか?

いいえ、まったく異なります。CBDとTHCはどちらも大麻に含まれるカンナビノイドですが、THCは「ハイ」か「ストーン」になります。CBDには精神活性効果がないのでハイになることはありません。

CBDの製品から「ハイ」得ることができますか?

当社のCBDは合法的に輸入できるよう、ドラッグとして使用される(THC含有量の高い)マリファナからではなく、産業用大麻から作られています。「ハイ」を得ることができるTHCの含有量が低く、CBDの多い産業用大麻を年月をかけて開発しました。娯楽用のマリファナは5%~20% ものTHCを持っています。

CBDの効果について主張することができますか?

いいえ。当社のCBDが豊富なヘンプオイル製品は販売されている方法に応じて2つの異なるカテゴリに分類することができます。食品か栄養補助食品です。我々のCBDは産業用大麻オイルの天然成分です。

ここまで↑

http://hempmedspx.com/about-cbd/より

念のため追記

現在市販されているCBDオイルは世界中どこの国でも非合法になったことはありません。なので「CBDオイルが日本で合法化」という表現は誤りです。同様に「法律の抜け穴を使った商品」でもありません。

新しい可能性を追求してみましょう。

こちらのエントリもどうぞ。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!
CBDオイルを通販で買うなら少しでも安く、激安のものを手に入れたい!ということで、いろいろとリサーチしてみました。
日本でもさまざまな製品を購入できるようになった「CBDオイル」。たくさんのラインナップの中から、特にCBDの含有量が高い「メディカルグレード」の激安商品を探してみました!