デートレイプドラッグとは?入手方法と、その防ぎ方

シェアする

スポンサーリンク

日本では馴染みのない言葉ですが「デートレイプドラッグ」と呼ばれる種類のドラッグがあります。アルコールなどに溶かして飲ませると意識が昏睡状態となり、レイプされてしまうという恐ろしいもの。

啓蒙のため、「デートレイプドラッグ」についてご紹介します。

代表的なデートレイプドラッグ

国内外で「デートレイプドラッグ」として使われているのは、主にGHBとベンゾジアゼピン類の睡眠導入剤です。日本国内ではベンゾジアゼピン類は合法の処方箋薬のため、特に注意が必要です。

GHB(γ-ヒドロキシ酪酸)

日本では2001年に規制されるまで、危険ドラッグ(当時の呼び名は合法ドラッグ)として流通し、強烈な多幸感とともに皮膚感覚が鋭敏になる作用から、SEXドラッグとして人気を博していました。GHBはアルコールと併用することで作用が倍増し、睡眠導入効果が現れます。

つまり、身体は眠っているのに性的な刺激には敏感に反応してしまうという恐ろしい状態になるのです。

国内ではすでに流通していませんが、大がかりな装置を用いずに合成できてしまうために、たまに事件になっています。

GHBを中国から輸入したアロマセラピストが気になる
麻薬を中国から輸入したとしてアロマセラピストが逮捕された件、中身はGHB入りのものだったようです。

純粋なGHBには臭いがなく、わずかに塩辛いような味なので、アルコールに混入されても気づきにくいものになっています。

代謝が早いため、尿検査で検出できるのは摂取後6時間から12時間程度。つまり、使用されて一晩たってしまうと「GHBを混入された」ということが尿検査から分からなります。

一般的な睡眠導入剤は寝覚めが悪いことが多いのに、GHBを使用して眠ると爽快な目覚めになるのも特徴です。記憶が欠落したようになるので、レイプされたことに気づかない恐れさえあります。

ベンゾジアゼピン類の睡眠導入剤

ロヒプノール、サイレースといった商品名の処方箋薬です。ジェネリック医薬品だと「フルニトラゼパム」という名前です。中毒性の高さから、すでにアメリカでは違法ドラッグ扱いとなっているのにも関わらず、日本ではいまだに処方されている不思議な存在です(日本で所持していても違法ではありません)。

アルコールと一緒に服用すると、強烈な眠さで昏睡してしまいます。

悪用を防ぐため、液体に溶かすと青色に染まるように加工されていますが、缶ビールのような液体の色が確認できない飲み物では判別ができません。

※ジェネリックは青色にならないというのは過去の話です。いまはジェネリックでも青色加工されています。

尿検査で7日間は検出されます。

大麻や覚醒剤が尿検査や血液検査で検出される期間一覧
大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

「不眠症で悩んでいるんです」と、心療内科で一芝居打てば処方されてしまうため、悪用の危険性が高いです。

日本では「ブロムワレリル尿素」が含まれた睡眠導入剤もいまだに市販され続けており、世界とのズレがあまりに大きいと思います。

文豪が自殺に使った睡眠薬がアマゾンでまだ売られている件
文豪・太宰治が幾度となく自殺に用いた睡眠薬「カルモチン」と同じ睡眠薬が、現在もふつーに販売されています。

ブロムワレリル尿素はデートレイプドラッグにはならない(と思う)けど、乱用の依存性が非常に高いものです。

その他:覚醒剤など

ほかにも、このようなドラッグが使用されると危険です。

覚醒剤

記憶を失うような睡眠導入作用はありませんが、身体の感覚が鋭敏になるため、セックスの感覚がとても向上します。まさに全身性感帯という感じで、無限のオーガズムを体験できます。「シャブ漬けにして沈める」という言葉のとおり、覚醒剤を使えば性奴隷に仕立て上げることさえ可能なようです。

MDMA(エクスタシー)

強烈な愛情が沸いてきて、ふだんは気にとめないような異性であっても好きになってしまいます。一晩で効果は切れますが、MDMAが効いている間にハメを外さないように注意が必要です。

どちらも法律で禁止されています。絶対に近づかないようにしましょう。

デートレイプドラッグから身を守るには

残念ながら、デートレイプドラッグから身を守る確実な方法は存在しません。

あなたがちょっとよそ見をしている間にドラッグを混入するのはとても簡単です。

なにより、まず「デートレイプドラッグ」というものが存在することを知りましょう。そして、信用できない人・初対面の人と飲食を共にするのは絶対に止めましょう。

もし、どこかで昏睡状態の人を見かけたら「デートレイプドラッグを盛られたのでは?」と推測し、速やかに警察へ通報し、救急車を呼びましょう。デートレイプドラッグはふたりきりの状態で使われるのではなく、バーや居酒屋のような大人数がいる場所で使われて、昏睡状態になってから連れ去られています(ふたりきりのときに使ったら犯人がすぐバレます)。

お酒の席に誘われたときには、周囲にラブホテルなどがあるのかも確認しておくべきです。歌舞伎町で終電がなくなるまで飲んでいたり、道玄坂のクラブで遊んだ先には、ラブホテルしかありません。

日本で最も入手しやすいデートレイプドラッグ

日本で最も入手しやすいデートレイプドラッグはアルコールです。「え?」と思われるかもですが、アルコールは近所のコンビニでも売ってるし、ハタチ以上であれば使用(飲用)しても合法なので、乱用者が後を絶たないものになっています。

最近は「嫌煙家」が増えて、禁煙率が高まっていますが、ドラッグとしての恐ろしさで言えばアルコールの方がはるかに危険です。タバコをどれだけ吸っても意識を失うことはありませんが、アルコールは簡単に意識を失ってしまいます。

アルコールはドラッグであること、デートレイプドラッグとして使われる危険性があることをしっかりと認識することが大切です。少なくとも、自分のキャパシティが分からないうちは摂取すべきではありません。すぐに「飲みに行きましょう」と誘ってくる相手はレイプするつもりだと考えてよいと思います。

デートレイプドラッグへの認識が広がり、被害が少しでも減ることを願っています。