デートレイプドラッグとは?入手方法と、その防ぎ方

シェアする

スポンサーリンク

日本では馴染みのない言葉ですが「デートレイプドラッグ(Date Rape Drug)」と呼ばれる種類のドラッグがあります。アルコールなどに溶かして飲ませると意識が昏睡状態となり、抵抗できないままレイプされてしまうという恐ろしいもの。

注意喚起のため、「デートレイプドラッグ」についてご紹介します。

代表的なデートレイプドラッグ

国内外で「デートレイプドラッグ」として使われているのは、主に「GHB」と「ベンゾジアゼピン類の睡眠導入剤」です。日本国内ではベンゾジアゼピン類は処方箋薬(医者からもらえる合法の薬)のため、特に注意が必要です。

※一部のブログ等で「デートレイプドラッグとは「チョコレートラブDX」「アドバンテージDX」のような、いわゆる媚薬である」と紹介されているものがありましたが、世界的な認識とは異なると思います

GHB(γ-ヒドロキシ酪酸)

日本では2001年に規制されるまで、危険ドラッグ(当時の呼び名は合法ドラッグ)として流通し、強烈な多幸感とともに皮膚感覚が鋭敏になる作用から、エロ親父を中心にSEXドラッグとして人気を博していました。GHBはアルコールと併用することで作用が倍増し、睡眠導入効果が現れ「身体は眠っているのに性的な刺激には敏感に反応する」という恐ろしい状態になります。

純粋なGHBには臭いがなく、わずかに塩辛いような味なので、飲み物に混入されても分かりません。

代謝が早いため、尿検査で検出できるのは摂取後6時間から12時間程度。一晩たってしまうと「GHBを混入された」ということが尿検査から分からなくなります。

大麻や覚醒剤が尿検査や血液検査で検出される期間一覧
大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

多くの睡眠導入剤は寝起きがだるい感覚になるのに対し、GHBは爽快な目覚めになります。記憶が欠落したようになるので、レイプされたことに気づかない恐れさえあります。

1998年7月に一斉検挙された児童ポルノ愛好家グループ「jaAL(ジャパンオールロリータ)」には、被害女性(少女)の記憶を消すための睡眠薬を研究をする「実験部」が存在していました(オウム真理教の組織を真似たとされています)。

「jaAL(ジャパンオールロリータ)」がどのような薬物を使用していたのかは報道されませんでしたが、当時は簡単に入手が可能だったGHBを使用していたことが疑われます。

ベンゾジアゼピン類の睡眠導入剤

ロヒプノール、サイレースといった商品名の処方箋薬です。ジェネリック医薬品だと「フルニトラゼパム」という名前です。中毒性の高さから、すでにアメリカでは違法ドラッグ扱いとなっているのにも関わらず、日本ではいまだに処方されている不思議な存在です(日本で所持していても違法ではありません)。

アルコールと一緒に服用すると、強烈な眠さで昏睡してしまいます。

悪用を防ぐため、液体に溶かすと青色に染まるように加工されていますが、缶ビールのような液体の色が確認できない飲み物では判別ができません。

※ジェネリックは青色にならないというのは過去の話です。いまはジェネリックでも青色加工されています。

尿検査で7日間は検出されます。海外で使用されている検査キットは楽天市場から購入可能ですので、不安があるときには早めにチェックし、警察へ相談しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

尿による薬物検査キットSTAT CASSETTE 1個入
価格:2300円(税込、送料別) (2017/11/27時点)

ベンゾジアゼピン類の睡眠導入剤は「不眠症で悩んでいるんです」と、心療内科で一芝居打てば処方されてしまうため、悪用の危険性が高いです。

また、Twitter上でも頻繁に転売されており、「生活保護を受けて無料で処方箋薬をもらう→ネットで転売して稼ぐ」という流れができています。Twitter社はマジでこういうの取り締まって欲しいんですけど・・・。


繰り返しになりますが、ベンゾジアゼピン類の睡眠導入剤はすでにアメリカでは違法ドラッグ扱いとなっているものです。

睡眠の質を向上させたいときには、産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」という新しい選択肢もあります。

CBDオイルとは?効果や通販、輸入について
産業用大麻(ヘンプ)の茎や種から抽出した「CBDオイル」についての解説です。さまざまな効果が期待されます。

先進国では大麻を医療やQOLの向上に活用する動きが活発で、かつての「ゴールドラッシュ」になぞらえて「グリーンラッシュ」と呼ばれるほどの大きなムーブメントになっているのに、日本は依存性が高くデートレイプドラッグになってしまうような睡眠薬が合法のままで、大麻は(大麻取締法の規制によって)自由に研究することすらできないというのは本当に残念に思います。

その他の違法ドラッグ

ほかにも、このようなドラッグが使用されると危険です。

覚醒剤

記憶を失うような睡眠導入作用はありませんが、身体の感覚が鋭敏になるため、セックスの感覚がとても向上します。「シャブ漬けにして沈める」という言葉のとおり、覚醒剤を使えば性奴隷に仕立て上げることさえ可能なようです。

覚醒剤の怖いところは、「ダメ!ゼッタイ!」な教育現場での内容と使用したときの実感が大きく異なること。教育現場では「一度でも使ったら廃人になる」と言われますが、覚醒剤で廃人になることは非常に希です。ヘロインと勘違いしていると思われます。

「あれ?俺まだジャンキーになってないから大丈夫じゃね?ふつーに生活できているし」と、思い込んでズルズルと使用を続けてしまうのが覚醒剤。

マーシーは「シャブをキメているときの方がマトモだった」と語っています。

常用も乱用も罪は罪です。安易に手を出さないようにしましょう。

MDMA(エクスタシー)

強烈な愛情が沸いてきて、ふだんは気にとめないような異性であっても好きになってしまいます。一晩で効果は切れますが、MDMAが効いている間にハメを外さないように注意が必要です。

ASKAや押尾学さんが使用していたことや、「MDMA」に近い「MDA」を密造していた通称・教授が逮捕された事件でも注目を集めました。

ドラッグの作り方とおとり捜査に気をつけよう【盗聴も適法】
合成麻薬・MDAを製造していた疑いで通称・教授が逮捕されました。薬物犯罪は「おとり捜査」と「通信傍受(盗聴)」が許可されていることを忘れないようにしましょう。

MDMAは錠剤の形をしているために、中に何が入っているのか分かりません。「期待以上に強い」と報道されたIKEAマークのMDMAでは死者も出ています。

【外部サイト】Eighteen-year-old dies after taking strong ecstasy in Jersey | Channel – ITV News

錠剤の成分を判別するのは非常に困難です。安易に手を出さないようにしましょう。

名探偵コナンの「ペロリと舐めて麻薬を判定」について考えてみた
出会い系カフェで「麻薬って舐めて分かるものなの?」という質問をされましたので、ネットの情報を元に考えてみました。

デートレイプドラッグから身を守るには

残念ながら、デートレイプドラッグから身を守る確実な方法は存在しません。

あなたがちょっとよそ見をしている間にドラッグを混入するのはとても簡単です。

なにより、まず「デートレイプドラッグ」というものが存在することを知りましょう。そして、信用できない人・初対面の人と飲食を共にするのは絶対に止めましょう。

お酒の席に誘われたときには、周囲にラブホテルなどがあるのかも確認しておくべきです。歌舞伎町で終電がなくなるまで飲んでいたり、道玄坂のクラブで遊んだ先には、ラブホテルしかありません。

もし、どこかで昏睡状態の人を見かけたら「デートレイプドラッグを盛られたのでは?」と推測し、速やかに警察へ通報し、救急車を呼びましょう。自分に使われたと思ったときはミネラルウオーターなどの清潔なペットボトルへ尿を入れて薬物使用の証拠を残し、速やかに警察へ通報しましょう。

日本で最も入手しやすいデートレイプドラッグ

日本で最も入手しやすいデートレイプドラッグはアルコール(お酒)です。アルコールは近所のコンビニでも売ってるし、ハタチ以上であれば使用(飲用)しても合法なので、乱用者が後を絶たないものになっています。

最近は「嫌煙家」が増えて禁煙率が高まっていますが、使用時の恐ろしさで言えばアルコールの方がはるかに危険です。タバコをどれだけ吸っても意識を失うことはありませんが、アルコールは簡単に意識を失ってしまいます。

アルコールはドラッグであること、デートレイプドラッグとして使われる危険性があることをしっかりと認識し、すぐに「飲みに行きましょう」と誘ってくる相手はレイプするつもりじゃないかと疑ってかかるくらいの心構えが大切だと思います(私はアルコールは一切摂取しません)。

デートレイプドラッグへの認識が広がり、被害が少しでも減ることを願っています。レイプと処方箋薬の転売にもっと極刑を!!!!!!!!!