FDA、ガンに効果があると主張している医療大麻製品に警告

シェアする

スポンサーリンク

FDA(米国食品医薬品局)は、明確な証拠がないままに「ガンを治癒できる」という主張をして医療大麻製品を販売する企業に対して警告を行いました。

【外部サイト】Press Announcements > FDA warns companies marketing unproven products, derived from marijuana, that claim to treat or cure cancer

警告を受けた製品は日本でも人気の「CBDオイル」です。

CBDオイルとは?効果や通販、輸入について
産業用大麻(ヘンプ)の茎や種から抽出した「CBDオイル」についての解説です。さまざまな効果が期待されます。

企業の主張には以下のようなものがありました。

  • CBDはガンの腫瘍・ガン細胞と戦う
  • CBDは他の細胞を殺さずにガン細胞のみを自殺させる
  • CBDはガン細胞の分裂・増殖を阻害し、腫瘍を増殖させない
  • CBDのような精神に影響を与えないカンナビノイドは、乳ガンを含むガンからの腫瘍の治療に効果的である

FDAはCBDオイルを「食品」として認可しており、「医薬品」の審査は行っていません。

つまり、CBDオイルに効果があるのかないのかは別として「医薬品として審査していないものを医薬品ぽくアピールするなよ」という警告です。

日本でも「○○と言われています」というような「え?誰が?」というような宣伝方法があるけれど、証明されていないものを過剰にアピールすることは、証明された適切な治療へのアプローチを妨げる恐れがあります。

かといって私が自分のブログに「この製品の宣伝方法は怪しい」って書くと「営業妨害で訴えるぞ!」っていう手紙が届くし、なかなか難しいなーと思っています。刺されたときのために身辺整理をしておかなきゃ・・・

いろいろ悩んでおられる方は、まず専門の医療期間に相談し、偏りのないフラットな情報、実証された方法を試すのがよいと思います。

私はCBDオイルを「リラクゼーションと安眠のサプリ」として使っています。それは、多くのアメリカ人と同じ使い方です。

CBDオイルは従来の医薬品の代替となるか?リサーチ結果についての感想
Brightfield GroupとHelloMDは「カンナビジオールを理解する」と題した調査の概要を発表しました。感想とともに紹介します。

どうか、よりよい未来を。