東京都公認の大麻畑・東京都薬用植物園に行ってみた【2017】

シェアする

スポンサーリンク

もう完全に毎年の恒例行事となりました。2017年も東京都公認の大麻畑「東京都薬用植物園」で大麻草の生長を見てきました!

東京都薬用植物園

  • 東京都小平市中島町21-1
  • 休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日が休園)
  • 西武拝島線「東大和市」駅 下車 徒歩2分
  • 無料

最寄り駅は西武拝島線の「東大和市」駅。新宿駅から約40分かかるので、ちょっとした小旅行気分です。平日の午前中ということもあって電車はガラガラ。ボンやりしながら向かいます。

5月に訪問したときにはこんなに小さかった大麻草。約4ヶ月でどのくらい大きくなっているのか楽しみです。

阿片が作れるケシと大麻の幼苗を東京都薬用植物園で見てきた【2017】
ケシや大麻草が栽培されている「東京都薬用植物園」を2017年も訪れてみました。満開になるのは5月中旬かしら?

東京都薬用植物園へ到着

東京都薬用植物園は駅から歩いてすぐの場所にあります。この看板もすっかりお馴染みですね。

なんと植物園前には西友がOPEN準備中!

これ、西友でお弁当を買って植物園の中で麻見をしながらほっこり過ごせるパターンじゃないですか。少し歩けば無料の足湯スポットもあるし、ワンダーランド感が高まってきました。

それでは、東京都薬用植物園にノシノシ入園です。

食ってもBADにしかならないことで有名なキチガイナスビ(ダチュラ)なども眺めつつ・・・

二重の鉄柵とブルーシートに覆われた「ケシ・アサ試験区」が見えてきました!

そう。大麻を泥棒等の被害から守るために、かなり厳重なのです。

二重の鉄柵の内側にメッシュ状のブルーシートが張られています(春にケシの花が咲くときだけブルーシートが取り除かれます)。

まぁ、それでも大麻の生長はすごいので・・・余裕で柵を越えているんですけどね。

高さ3mくらいはあるのかしら。アウトドアグロウすごいなー。

緑色が美しいです。

わさわさ・・・

ざわざわ・・・

わさわさ・・・

ざわざわ・・・

完全にグリーンカーテンです。春に植えて夏にこれだけわさわさになるのだから、ゴーヤを育てるよりも日よけに使えそうです。

10月ごろまでは見られるようなので、遠足気分でぜひどうぞ!

ボンやり考えたこと

ちょうど1年前にもここを訪れていました。わずか1年の間にさまざまなことがありました。

大麻による町おこしとして、たくさんの注目と信頼を集めていた智頭町の「八十八や」代表が逮捕され・・・(2016年10月)

智頭町の大麻栽培「八十八や」代表が逮捕された件は心底ガッカリした
鳥取県智頭町で合法的に大麻の栽培を行っていた「株式会社 八十八や」の代表が、自身が栽培していたものとは別の(違法な)大麻を所持していたことで逮捕されました。

医療大麻の解禁を訴えていた高樹沙耶さんが逮捕され・・・(2016年10月)

高樹沙耶さんら3人が起訴されたガッカリ感たるや
衝撃的な逮捕劇から拘置期限ギリギリまで引っ張られた11月15日、元女優の高樹沙耶さんら3人が大麻取締法違反で起訴されました。このガッカリ感たるや・・・。

一方、カリフォルニア州では嗜好用大麻の解禁が住民投票により可決され・・・(2016年11月)

カリフォルニア州で嗜好用大麻の解禁が住民投票により可決!世界はどう変わるのか!?日本は!?
カリフォルニア州で「嗜好用大麻」を合法化する住民投票が行われ、賛成が過半数を超えたために合法化が決定しました。世界に与える影響を考えてみたいと思います。

鳥の餌として販売されている麻の種から栽培しようとした人が逮捕され・・・(2016年11月)

鳥の餌用の「麻の実」から大麻が栽培できる?
驚きのニュースがやって来ました。鳥の餌用に販売されている「麻の実」から、大麻を栽培していたというのです。マジか!

長野の大麻村では一挙に22人が逮捕され・・・(2016年11月)

長野の大麻コミュニティ 22人逮捕の衝撃
大麻を栽培・所持していたとして22人が一斉に逮捕されました。大麻は罪の意識がなくなりやすいドラッグです。法律があることを忘れないようにしましょう。

大麻村ブームのあおりなのか「SPA!」であの村が紹介され・・・(2016年12月)

SPA!がスッパ抜いた大麻村の実態が危険すぎる
SPA!の12月20日号に、激安ヘルスとともにこんな記事が紹介されていました。

ウルグアイでは国レベルで大麻が解禁され・・・(2017年4月)

ウルグアイ・国民なら誰でも買える大麻を薬局で販売!世界初!
「世界で一番貧しい大統領」として注目を集めたホセ・ムヒカ氏が大統領を務めていた南米・ウルグアイにて、2017年7月から嗜好用大麻が全面解禁!!!!!!!!!

KAT-TUN元メンバー 田中聖さんが大麻所持容疑で逮捕され・・・(2017年5月)

KAT-TUN元メンバー 田中聖さんが大麻所持容疑で逮捕!
スカパー「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」では、まさかの「リアル尿検査」で覚醒剤疑惑を払拭した、KAT-TUN元メンバー 田中聖さん逮捕が大麻所持容疑で逮捕されてしまいました。

ネバダ州でも嗜好用大麻が解禁され・・・(2017年7月)

ネバダ州で嗜好用大麻が解禁!
2017年7月1日より、アメリカ・ネバダ州で嗜好用大麻の販売がスタートしました。これでアメリカの左側はみーんな解禁みたいな状態です。

なんつーか、日本国内では逮捕のニュースばかり、海外に目を向けると解禁のニュースばかりですね。八十八やと高樹沙耶さんのトバッチリを受けて、「やっぱり大麻と関わっているヤツはろくでもない」という風潮になったのも残念でたまりません。

厚生労働省は「大麻栽培でまちおこしはキケンがイッパイ!」というパンフレットまで作成しています。

この国は大麻農家を抹殺するつもりらしい
厚生労働省が、「大麻栽培でまちおこしはキケンがイッパイ!」というパンフレットを作成していました。

日本に定着しつつあるCBDオイルも「違法成分であるTHCが検出された」というトンデモ報道で、軽く牽制をかけられたように感じます。

「CBDオイルからTHC検出、厚労省 大麻取締法該当のおそれ」という一部報道について【違法?】
産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の中に、いわゆるマリファナの酩酊成分(違法成分)である「THC」が含まれていたという報道がありました。マジかと。

さて、次の1年で世界と日本はどのように変わるのでしょうか。まずはひとりずつが世界の現状と大麻の事実を知って、歪みのない意識になることが大切だと思います。

医療大麻が必要な人に届けられないことはもちろん、世界的な大麻ムーブメントに乗れないのが残念でたまりません・・・

【外部サイト】「有名人を生む無名の男」が語る、ブランドが乗るべき3つの波 – BIGLOBEニュース

私もまたひとつ歳を取ってしまいました。老後がそろそろ心配です。

俺の老後問題を考えてみた
超高齢者社会へと突き進む日本。私たちの老後はどのようなものになるのでしょうか。新年を前に考えてみました。