勘違い注意!大麻ライフスタイルブランド「TOKYO SMOKE」カナダに続々OPEN中

シェアする

スポンサーリンク

2018年にも嗜好用大麻が解禁される見通しのカナダにおいて、「TOKYO SMOKE」という洗練された大麻ライフスタイルブランドショップが続々とOPEN予定です。

TOKYO SMOKE

http://www.tokyosmoke.com/

現在のアデレードストリート沿いのショップに加えて、今年の夏にはウェストクイーンストリートに新しいフラッグシップストアをOPEN予定。

洗練された店内では、地元の職人たちが作ったスペシャルアイテムのほか、大麻の日である4月20日(0420)にはコーヒーとローリングペーパーを無料配布!さらに、オリジナルマガジンも発行されます。

取扱商品はとにかくオシャレ!!!!!!!! こんな感じです。ボブ・マーリーブランドも置いています。

Store-—-Tokyo-Smoke

http://www.tokyosmoke.com/store/ より

TOKYO SMOKE店舗では大麻草は購入できませんが、おいしいコーヒーを飲みながら、こういった大麻グッズを手に取ることができます。お気に入りがあれば自宅でお試しください、ということですね。また、セミナーやワークショップも開催されています。

本当の東京にある大麻グッズショップは、ラスタカラーだったり、ヒッピーテイストだったり、あんまりスマートなイメージがありません。さらに、日本ではごく少量の大麻を所持しているだけでも処罰の対象です(カナダは2018年より、30gまでの個人所有が認められる予定です)。

うーんこ れでは東京に遊びに来たカナダ人がガッカリしてしまいそう!本当の東京はぜんぜん洗練されていないし、そもそも大麻ダメじゃん!と驚きそうです。

もちろん、現行法はきっちり守るべきですが、そろそろ東京も大麻のイメージを「あやしいもの」ではなく、「リラックスとヒーリングに使える、オトナの嗜み」くらいに変化させていきたいものですね・・・。都会でバリバリ仕事しつつ、週末はタワマンから夜景を見ながら片手で巻いて片手で手マン、みたいなイメージへ・・・。

世界的な解禁ムードの中、日本国内で大麻を所持するのはあまりにワリに合わないバカらしい行為です。ダメ!ゼッタイ!