激安で購入できるコスパに優れたCBDオイルを探してみた【通販】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られ、カンナビジオールを摂取できる「CBDオイル」が日本でもたくさん販売されるようになりました。

産業用大麻(ヘンプ)の茎や種から抽出した「CBDオイル」についての解説です。さまざまな効果が期待されます。

さまざまな商品がありますので、コスパに優れたCBDオイルはどれなのか探してみました。果たして激安商品はあるのでしょうか?

まず、結論から述べると「極端に激安」は存在しません。その理由は

  • CBDオイルは製造メーカーが限られており、中国製や国内品のようなものは存在しない
  • 大麻取締法と関税法の規制により、個人輸入や個人での海外買い付けが非常に困難なため、正規代理店からの購入が一般的
  • 処方箋薬ではなく、健康食品(サプリメント)なので保険の適用外

というものです。詳しくはこちらも↓

CBDオイルを通販で買うなら少しでも安く、激安のものを手に入れたい!ということで、いろいろとリサーチしてみました。

バイアグラのコピーと言われる「カマグラ」なんて超激安ですが、技術的・法律的にそういったものが製造・輸入できないのです。

違法行為を助長することを避けるため、今回は日本国内に正規代理店があり、正規ルートで販売されているものの中からコスパに優れた激安CBDオイルを探してみました。

なお、こちらのエントリは「一般向けのCBDオイル」を比較しています。より高濃度な「メディカルグレードタイプ」の激安は以下からどうぞ。

日本でもさまざまな製品を購入できるようになった「CBDオイル」。たくさんのラインナップの中から、特にCBDの含有量が高い「メディカルグレード」の激安商品を探してみました!

※価格は2017年12月に調査したときのデータに基づいています

コスパの計算方法

CBD製品で重要なのは「製品中にどれだけCBDが含まれているか?(含有量)」です。いくら値段が高くてもCBDの含有量が少なければ効果に期待するのは難しいでしょう。

これからCBDオイルを試してみたい!という方へ、通販で購入する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

販売価格をCBDの容量で割り、CBD 1mgあたり何円かを算出して激安の製品を探しました。CBD以外の付加価値が付けられた商品もあるけど、ひとまずここではCBDのコスパのみを基準にしています。

ファーマヘンプ社

スロベニアのファーマヘンプ社は自社で産業用大麻の農地を持っており、高品質な製品を安定して供給しているフラッグシップメーカーです。

さまざまなメーカーが乱立し始めたCBDオイルですが、個人的にはスロベニアのファーマヘンプ社が一番のお気に入りです。まとめて紹介します!

CBD 500mgで8,000円=1mgあたり16円。

CBD 1000mgで19,500円=1mgあたり19.5円。

CBD 1500mgで28,000円=1mgあたり18.6円。

スロベニアの「ファーマヘンプ社」が製造するCBDオイルを試してみました。チンキタイプながら高濃度な15%!さすがのクオリティでした。

エンドカボタニカル社

自然のままの成分を大切にした「ロウ」タイプに力を入れるエンドカボタニカル社。より包括的な効果を期待する場合はロウタイプがよいのかもしれません(私の個人的な体験では差が分かりませんでした)。

一般的なチンキタイプから魅惑の結晶まで、マニアックならラインナップのCBD製品を手がけるエンドカボタニカル社の商品一覧です。

CBDオイル ドロップス 300mg/10ml
価格 5,008円(税込)

CBD 300mgで5,008円=1mgあたり16.6円。

ロウCBDオイル ドロップス300mg/10ml
価格 5,008円(税込)

CBD 300mgで5,008円=1mgあたり16.6円。

CBDオイル ドロップス 1500mg/10ml
価格 25,041円(税込)

CBD 1500mgで25,041円=1mgあたり16.6円。

ロウCBDオイル ドロップス1500mg/10ml
価格 25,041円(税込)

CBD 1500mgで25,041円=1mgあたり16.6円。

ブルーバードボタニカルズ社

幅広いラインナップが魅力のブルーバードボタニカルズ社。アメリカでとても有名なメーカーです。

安定した品質と幅広い商品ラインナップが魅力のCBDオイルメーカー・ブルーバードボタニカル社の商品をレビューと合わせてまとめてご紹介します!

CBD 83.3mgで2,580円=1mgあたり30.9円。

CBD 250mgで6,964円=1mgあたり27.8円。

CBD 500mgで12,544円=1mgあたり25円。

ブルーバードボタニカルズ社製品の中から、基本の一本と言える「ヘンプクラシックCBDオイル 500mg/60ml」を試してみました。

液体の容量はそのままに、CBDの含有量を通常の6倍にした「6X」シリーズもあります。

CBD 1500mgで27,789円=1mgあたり18.5円。

CBD 6000mgで83,354円=1mgあたり13.8円。

ブルーバードボタニカルズ社製品の中から、従来の6倍という高濃度でCBDが含まれている「ヘンプクラシック 6X CBDオイル 1500mg/30ml」を試してみました。

さらに、CBDオイルへさまざまな付加価値を加えたシリーズもあります。

「ブレインパワー6X CBDオイル」は抗酸化作用の強いアスタキサンチンを配合。

CBD 500mgで9,800円=1mgあたり19.6円。

CBD 1500mgで28,686円=1mgあたり19.1円。

CBD 3000mgで50,207円=1mgあたり16.7円。

CBD 12000mgで148,443円=1mgあたり12.3円。

「ヘンプコンプリート6X CBDオイル」はオリーブオイルベースで飲みやすいのが特徴。

CBD 500mgで9,800円=1mgあたり19.6円。

CBD 1500mgで28,686円=1mgあたり19.1円。

CBD 3000mgで50,207円=1mgあたり16.7円。

「ヘンプシグネチャー6X CBDオイル」はイライラを抑えるとされるフランキンセンスと、疲労回復や脳の活性化作用があるとされるクミンシードをブレンド。

CBD 500mgで9,800円=1mgあたり19.6円。

4本セットでかなりお買い得な「ブルーバードボタニカル社 濃縮タイプCBDオイル4種セット」のレビューです。これだけあればしばらく安心です。

ヘンプメッズ社

ヘンプメッズ社のCBDオイルはさらっとしていて飲みやすく、大容量なので毎日使いたい人には嬉しいです。

アメリカ・HEMPMEDS(ヘンプメッズ)社の「リアル・サイエンティフィック・ヘンプオイル(RSHO)」シリーズからオススメのCBDオイルをご紹介します

CBDを活性化するために脱炭酸化してある「ブルーレーベル」。

CBD 1000mgで21,963円=1mgあたり21.9円。

自然のヘンプに含まれるビタミンやミネラル、テルペンを大切に抽出した「グリーンレーベル」。

CBD 1000mgで21,963円=1mgあたり21.9円。

純度の高いCBDのみを配合した「RSHO-X」。

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】1000mg/120ml
価格 29,592円(税込)

CBD 1000mgで29,592円=1mgあたり29.5円。

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】5000mg/240ml
価格 59,004円(税込)

CBD 5000mgで59,004円=1mgあたり11.8円。

さらっとした液体だから日常使いに取り入れやすい、ヘンプメッズ社のRSHOシリーズ「RSHO-X」を試してみました。

コスパに優れた激安CBDオイル

ずいぶん長くなりましたが・・・コスパに優れた激安CBDオイルを紹介します!

お手頃価格部門

第一位はファーマヘンプ社 5%CBDオイルドロップ!

CBD 500mgで8,000円=1mgあたり16円!濃度も5%あるので、効果を実感しやすい一本です。

第二位はエンドカボタニカル社のCBDオイル ドロップスシリーズ!

ロウCBDオイル ドロップス300mg/10ml
価格 5,008円(税込)

CBD 300mgで5,008円=1mgあたり16.6円とわずかの差。お試しによさそうです。

1万円オーバー部門

圧倒的な第一位はヘンプメッズ社 RSHO-X!

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】5000mg/240ml
価格 59,004円(税込)

CBD 5000mgで59,004円=1mgあたり11.8円というのはビックリなコスパです。値段もボトルも大きいですが・・・。

第二位はブルーバードボタニカルズ社 ヘンプクラシック 6X CBDオイル!

CBD 6000mgで83,354円=1mgあたり13.8円。1万円以下部門では苦戦のブルーバードボタニカルズ社でしたが、大きなサイズはコスパがよいです。

おわりに:正規代理店製品を推す理由

冒頭に書いたように、技術的・法律的な規制があるために極端に激安な製品は存在していません。

また、先日「一部のCBDオイルから違法成分となるTHCが見つかった」という報道がありました。

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の中に、いわゆるマリファナの酩酊成分(違法成分)である「THC」が含まれていたという報道がありました。マジかと。

正規代理店で販売されている製品であれば、成分や製造工程をきちんと申告して輸入許可を得ていますが、そうではない製品に手を出すのは「知らないうちに違法成分のTHCを所持していた」というリスクを伴うかもしれません。ネット上の体験談には「THCの入ったCBDオイルを輸入したためにガサ入れを受けた」というものもありました(真偽・詳細は分かりません)。

CBDオイルに激安は存在しないと考えて、信頼できるものを選ぶ方が安心できると思います。

自分に合った一本を見つけてみましょう!