【口コミ】3年以上CBDオイルを摂取しまくって変わったこと・変わらなかったこと【効能】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から抽出されるCBD製品(CBDオイル)を私が初めて使ったのは2014年のこと。そのころは一部フリークスのみが注目する製品でしたが、いまでは水素水なみにたくさんのブランドが乱立し、高い効果を煽る口コミ寄せ集めブログや自作自演ぽいYahoo! 知恵袋の評判など、なかなかの混沌ぷりを見せています。

さらには、誤解を招くような宣伝方法に対して否定的なことを私がブログで書くと「営業妨害だから訴えるよ」みたいな手紙が弁護士の名前もなしに届いてくる時代になりました。

で、

私はかなり頻繁に(ほぼ毎日)CBDオイルを摂取し続けています。濃度もそこそこ高いものを使っています。お出かけのときのスタッシュバッグにも小さなCBDオイルを入れていて、一緒に入れているコンドームよりも使用頻度が高いように思えます涙

ヘンプメッズ社のRSHOシリーズは超高濃度のお試しパッケージみたいなのがお手頃価格で販売されています。

んで、

そんな自分を振り返り、どんな効能があって「3年以上CBDオイルを摂取しまくって変わったこと・変わらなかったこと」をご紹介します!

※あくまで個人の体験談・感想・考えです。CBD製品は特定の疾病に対して日本国内で効果が認められた医薬品ではありません

CBDオイルの効果で(?)変わったこと

ではまず、ポジティブな要素から。3年の月日を考えると、確実に「老い」に近づいているけれど、こんなことがポジティブに変わりました。

偏頭痛がなくなった

過去の私はかなりの偏頭痛持ちで、「奥田脳神経薬」のような中毒性が高いとされる市販薬を使用することがありました。奥田脳神経薬には文豪・太宰治が幾度となく自殺に用いたブロムワレリル尿素が含まれています。

文豪・太宰治が幾度となく自殺に用いた睡眠薬「カルモチン」と同じ睡眠薬が、現在もふつーに販売されています。

しかし、CBDオイルを常飲するようになってから(?)、ふと気がつくと偏頭痛の回数が激減しているのです。前回いつ頭痛薬を飲んだのか覚えていないほどになりました。

奥歯を噛みしめることがなくなった

過去の私は眠っている最中にものすごく強く奥歯を噛みしめるクセがあり、朝に目覚めたらアゴが痛くてご飯を食べられないほどでした。歯医者でも「奥歯が割れてるよ!」と驚かれるほど。

しかし、CBDオイルを常飲するようになってから(?)、ふと気がつくと奥歯を噛みしめることがなくなっているのです。完全になくなったと言ってもよいレベルで噛みしめなくなりました。

睡眠の質が改善した

過去の私は軽く不眠症気味なところがあり、市販の睡眠導入剤を服用することもありました。寝ようとしていても気分が高まって眠れなかったり、夜中に目を覚ましたりしていたのです。

しかし、CBDオイルを常飲するようになってから(?)、特に濃度が高いCBD製品の場合はすごくリラックスして子供のようにぐーすか眠れるようになりました。いまでは睡眠導入剤はまったく使っていません。

瞑想が深くなった

CBDオイルを摂取するとアタマの中のゴチャゴチャがすーっと消える(?)ので、じっくり何に想いを馳せることが簡単にできるようになりました。

頭脳明晰にはならないから受験勉強などには使えないけれど、ゆっくりとした時間を過ごしたいときには非常に便利です。

ちなみに、私が開催している倍音瞑想イベントではCBDオイルの試飲ができますよ、と。

https://peatix.com/user/114828/

※瞑想のイベントです。サイケデリックトランスパーティーではございません

CBDオイルの効果でも(?)変わらなかったこと

反対に、あまり効果を感じられなかったネガティブな要素は以下のようなものです。

花粉症には効いていない

一部のブログで「CBDが花粉症に効く!」というような宣伝が散見されますが、個人的には効果を感じていません。花粉症ゼロを公約に掲げた小池都知事には、杉山を産業用大麻の畑に転換するくらいの都民ファーストな仕事を期待したいです。

花粉症の薬はいつも個人輸入しています。

本格的な花粉症のシーズンが到来しました。いろいろ探し回った結果、アレグラのジェネリック医薬品を購入するのが安かったのでご紹介します。

セックスにも効果はないと思う

CBDを摂取しても皮膚の感覚が鋭敏になるわけではないので、セックスの感度は高まりません。また、血流の変化も感じられないからインポにも聞かないと思います。

遠赤外線とアニオン(陰イオン)による細胞を活発化によって勃起力およびサイズアップを向上へと導くコンドームが話題!!!!!!!

あえてCBDの効果を期待するならば、精神がリラックスすることによって「意識が高ぶりすぎたための早漏」や「緊張しすぎて勃たない・濡れない」という事態は回避できるかもしれません。

終電前のセリフでわかるサイケ女子の「お泊まりOKサイン」を考えてみました。もっと夏よ続け!

そう考えると、マンネリ気味の相手とのセックスに用いても意味がなさそうですね。いつでも刺激的に生きたいものですよ。

頭脳明晰にはなっていない

瞑想のような「意識を深めるワーク」には向いているけれど、受験勉強のような記憶ワーク、仕事をバリバリこなすようなシャキシャキワークには向いていません。そういうのは「スマートドラッグ」しかないのでしょうか。

最近あまりにアタマがボケてきたため、スマートドラッグに手を出してみました。継続して効果を確認してみます!

CBDオイルを摂取したら布団に入ってゆっくり休むのが一番よいですね。

CBDオイルを摂取し続けたまとめ

CBDオイルのような製品は正露丸と違って、どんな人にでも分かりやすい効果がある!とは言い切れません。気持ちを穏やかにするものなので、そもそも穏やかな人には分かりにくいかもです。

たまに「CBDオイルを飲んだけど効かなかった」という人と出会います。きちんと活用できるように、私が気をつけているポイントをご紹介します。

でも、そうでない人にはすごく助けになると思います。

寝る直前までスマホが気になってしょうがない・・・とか、あれやらなきゃこれやらなきゃが山積みで爆発しそう・・・とか、人が多いところや密室の空間が苦手・・・とか、いずれも私のことなのですが、そんな私はCBDオイルに非常に助けられています。

その一方、ガンなどの難病の治療に効くのか?については、慎重になるべきだと個人的には思います。たくさんの可能性の中のひとつとして考えるべきではないでしょうか。

FDA(米国食品医薬品局)は、明確な証拠がないままに「ガンを治癒できる」という主張をして医療大麻製品を販売する企業に対して警告を行いました。

※ガン細胞を死滅させるような「治療」の効果ではなく、緩和ケアのように安らぎを与える(得る)目的ならCBDオイルは有効だと思います

いまの時代の状態は、ここ3年間の中でもっともよいと感じています。高い送料を払って海外から個人輸入しなくても、日本国内の代理店が適切な価格でたくさんのラインナップを揃えてくれています。

日本でもCBDオイルが販売されるようになりましたので、コスパに優れた商品がどれかを調べてみました!

喫煙使用する「CBDリキッド」も、こんなにたくさんのフレーバーから選べる日が来るなんて夢にも思いませんでしたよ・・・。CBDオイルをムリヤリ喫煙していた時代が懐かしいものです・・・(あんなことするヤツはアホだと一部で叩かれましたが、リキッドがない時代だったし、何事も試すのが大切だと考えています)。

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」。ファーマヘンプ、KOI、NATUuRの3つを比較してみました!

願わくば、「CBDオイルは儲かるぞ!」と考えた考えの浅い人たちによって、この健全な状態がブチ壊されませんように・・・。私はこれからも使い続けていきたいのです・・・。

※あくまで個人の体験談・感想・考えです。CBD製品は特定の疾病に対して日本国内で効果が認められた医薬品ではありません