CBDオイルなど、CBD製品についてWHO(世界保健機構)の見解

シェアする

スポンサーリンク
Vape Mania CBD Liquid No.1

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」など、CBD(カンナビジオール)の製品が注目されています。

CBDの安全性・有用性について、WHO(世界保健機構)は以下のように発表しています。

【外部サイト】WHO | WHO recommends the most stringent level of international control for synthetic opioid carfentanil

Cannabidiol (CBD)
There is increased interest from Member States in the use of cannabis for medical indications including for palliative care. Responding to that interest and increase in use, WHO has in recent years gathered more robust scientific evidence on therapeutic use and side effects of cannabis and cannabis components.

To that end, the ECDD did an initial review of a cannabis compound called cannabidiol (CBD). Recent evidence from animal and human studies shows that its use could have some therapeutic value for seizures due to epilepsy and related conditions. Current evidence also shows that cannabidiol is not likely to be abused or create dependence as for other cannabinoids (such as Tetra Hydro Cannabinol (THC), for instance). The ECDD therefore concluded that current information does not justify scheduling of cannabidiol and postponed a fuller review of cannabidiol preparations to May 2018, when the committee will undertake a comprehensive review of cannabis and cannabis related substances.

(上記サイトより引用)

ざっくり翻訳(意訳)するとこんな感じ。

WHOの加盟国(日本も含む)において、緩和ケアや予防医療のために大麻を使用することへ関心が高まっている。WHOでは大麻と大麻からの抽出物による治療効果・副作用について化学的な証拠を集めている。

ECDD(The Expert Committee on Drug Dependence・薬物依存に関する専門委員会)は、CBDと呼ばれる大麻抽出物の最初の報告を行った。

最近の研究によると、動物およびヒトへの投与によって、てんかんなどの発作の治療に有意義な価値があることが示されている。CBDはTHCなど他の大麻成分と同様に、乱用されたり依存を生じる可能性が低い。

以上の情報はCBDのすべてを認めるものではく、2018年5月にCBD製品の完全な報告を行う予定である。

これはWHOの公式な見解です。その中で「CBDは有益であるぽい」ことや「THCと同じく乱用や依存の可能性が低い」ことが述べられています。

また、2017年9月にはWADA(世界アンチ・ドーピング機関)はCBDをドーピング禁止薬ではないとして、選手がCBD製品を使用することを認めました(THCは禁止のままです)。

一部の選手はCBDが炎症や関節と筋肉の痛みの緩和に使用できると賞賛しています。

日本ではCBD製品は医薬品ではなく、健康食品(サプリメント)という扱いなので、病院で処方されることもなければ、「○○に効く!」というような宣伝もできません(そういう宣伝をしている微妙なブログも多いけど)。

また、CBDが「大麻から抽出されている」という事実を歪曲して、完全に合法であるのにも関わらず「違法薬物」や「脱法ドラッグ」のように報道されることさえあります。

アサヒ芸能・アサ芸プラスの安倍総理とCBDオイルの記事が悪意に満ちている
「アサ芸プラス」が公開した「安倍総理がCBDオイルというグレーゾーンのドラッグを使用している」という記事が悪意にまみれていました。

しかし、世界の未来は希望があるようです。

2018年5月の発表が楽しみです!