アサヒ芸能・アサ芸プラスの安倍総理とCBDオイルの記事が悪意に満ちている

スポンサーリンク

雑誌「アサヒ芸能」2018年 1/11号とWEBメディア「アサ芸プラス」が「安倍総理 大麻サプリ使用」という記事を公開しました。

  1. 安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(1)表向きは「健康サプリ」だが…
  2. 安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(2)研究目的ですら認められず
  3. 安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(3)海外の「証明書」は信用できるか
  4. 安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(4)CBDサプリの使用感とは?

ざっくり要約すれば、「モリカケ問題でダンマリを決め込む(?)安倍総理が、潰瘍性大腸炎の治療目的でCBDオイルというグレーゾーンのドラッグを使用している」というもの。タイトルでは「違法薬物」と言い切ってますね(もちろん、CBD製品は違法薬物ではありません)。

さらに、こんなことまで。「アサ芸プラス」からの引用です。

「表向きは健康サプリとして販売されていますが、中にはマリファナなどの“代替品”として購入、使用している愛好家も少なくありません」

「CBDそのものは適法成分とされているのだが、最近、故意にTHC成分を混入させたアングラのCBDサプリ、あるいは相当量のTHC成分が残留しているCBDサプリなどが、国内で出回っている可能性がある」

「事実、海外から個人輸入した顧客からは、すでに逮捕者が出ている」

「この効き方は正直言ってヤバイ。専用のオイルは大麻草の茎から抽出して作られる濃縮オイルですから、やはりそれ相当のTHCが含まれているのではないでしょうか」

・・・もうね、いくら安倍総理が憎いからといって本当にヒドい内容です。

まず、CBDはマリファナ(THC)の代替品には絶対になりません。両方を使用すれば明確に分かるはずです。CBD成分が多く・THC成分の少ないマリファナ品種もありますが、CBDの体験とTHCの体験はまったく異なります。CBDオイルで代替できるなら大麻取締法で逮捕される人はもっと減るはずです。

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の体験を、大麻のもうひとつの主要成分「THC」と比べてみました。

故意にTHC成分を混入させた製品(カンナビスオイル)は海外では当たり前に存在しています。CBDの薬効とTHCの薬効を自分の好みに合わせて選べるのが普通です。

一例として、カナダのエンブレム・コーポレーション社はCBDとTHCの配合割合によって複数の種類のカンナビスオイルを販売しています。

画像引用元:https://emblemcannabis.com/collection/extracts/

最近、「カンナビスオイル」を使って難病が治った!という話題がSNSでシェアされてきたので、今日はカンナビスオイルについてのブログです。

これらは日本からは購入できませんし、国内にあるCBDオイルの代理店ももちろん取り扱っていません。日本で販売されているCBDオイルはアスリートのドーピング検査にも耐えられるレベルで成分を検査されたもの(THCが入っていないもの)です。

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】5000mg/240ml
価格 59,004円(税込)

CBDはWHO(世界保健機構)の見解で「乱用や依存の危険性が低く、効果が期待できる」とされ、WADA(世界アンチドーピング機構」の規定において使用は禁止されていません。

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」など、CBD(カンナビジオール)の安全性・有用性について、WHO(世界保健機構)は次のように発表しています。

もし、THCを密輸入したいのであれば、大麻草から作ったことが分かりやすいCBDサプリではなく、オリーブオイルに混ざっているものやチョコレート(エディブル)を密輸入した方が手っ取り早いでしょう。

THCとオリーブオイルの華麗なる融合!青臭い風味を取り除き、1mlあたり1mgのTHCという分かりやすい製品が登場しました。もこみちさんにも教えてあげたい!

海外からの個人輸入で逮捕者が出ているというのも信憑性に欠けます。私はCBDオイル関係の情報はかなり細かくチェックしていますが、ブログの日記以外で「個人輸入したCBDオイルで逮捕された」というものは目にしたことがありません。

そのブログの内容が真実に基づくものなのか、輸入元の販売者とのトラブルから書いた嫌がらせなのか、他の正規代理店が販売している商品を貶めるためなのか、すでに長いこと更新が止まっているため、知る由もありません。

厚労省は取材に「CBDサプリに関する逮捕者数はわかりません」と答えているし、ブログだけを情報源として記事を作成しているのなら、あまりにお粗末ではないでしょうか。

私はこれまでにたくさんのCBD製品を使用し、自宅にも大量に持っていますが警察が訪ねて来たことなど一度もありません(違法なものは何ひとつないのでいつでもどうぞ)。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

「効き方がヤバイ。THCが含まれているからだ」というのも・・・なぜ推測だけで記事を作成するのか。私は毎日のようにヴェポライザーでCBDを摂取しているけれど、THCの尿検査はシロ(反応なし)でした。

産業用大麻(ヘンプ)から作られたCBDオイルは、マリファナの成分である「THC」を本当に含んでいないのでしょうか?尿検査に反応が出るか実験してみました!

CBDオイルが日本で知られ始めた2014年ごろは、「大麻解放活動」を行っている人たちが真っ先に注目したのは事実です。でもそれは彼らの(大麻関連の)情報キャッチ力が高かったためであり、マリファナの代替品として使える!というものでは決してありません。

本当に必要としている人たちの希望を阻害しないで欲しいです。

まぁ、最悪の未来を想像すると・・・

有名人がマリファナで逮捕されて、同時にCBD製品も持っていて「CBDを使っていたらマリファナに興味が出た」と語ったり・・・

有名人が錯乱してコンビニへ走り込んで、とっさの言い訳に「CBDを使っていた」と語るとか・・・(本来はあり得ない行動です)

「安倍総理が潰瘍性大腸炎の治療目的でCBDオイルを使用している」というのが事実とするならば、なぜ「CBDオイルの可能性と現行法の規制」について論じないのでしょうか。なぜ誰かを貶めることばかり考えるのでしょうか。

大麻取締法の規制があるので国内製造できないはずのCBDオイル。しかし、国産という製品がたくさんあるのはなぜなのでしょう・・・?

私は未来に希望を持ちながら生きたいです。他人を蹴落とすことで自分を優位に感じるような考え方は何も産み出しません。