CBDが胃酸によってTHCに変化する?の話

シェアする

スポンサーリンク

脆弱性X症候群、難治性てんかんおよび骨関節炎向けに、皮膚から吸収させるためのCBDジェルを開発しているアメリカ・ペンシルバニア州のZynerba社。製品情報ページに興味深い話が掲載されていました。

【外部サイト】ZYN002 – CBD Gel – Zynerba : Zynerba

その興味深い話の前に、Zynerba社がなぜ(一般的なCBDオイルではなく)皮膚から吸収させるためのCBDジェルを開発しているのかというと・・・

それは、一般的なCBDオイルのように経口摂取(飲んで使用)では飲用した成分が消化器官を通って肝臓で代謝されてしまうため、血中に回る量が少なくなってしまうから。これを「バイオアベイラビリティが低い」と言います。

皮膚からの経皮伝達であれば消化器官を通らないので肝臓で代謝されることなく、ダイレクトに血中に届きます。これを「バイオアベイラビリティが高い」と言います。

これまでにも、CBD製品を使うなら「直腸(座薬)」→「喫煙(ヴェポライザー)」→「経口(CBDオイル)」の順番で吸収率が下がっていくことが知られていました。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談一覧【まとめ】
私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

私も最近はもっぱらヴェポライザーです。USBで充電しておけばライターを使うこともないので、さっと取り出してプカーっと吹かして気分転換できます。CBDオイル(経口摂取)は寝るときくらいですね。

再現度はいかほど?ファーマヘンプ社 CBDオイルリキッド ヘンプフレーバー【レビュー】
高品質なCBDオイルをリリースしているファーマヘンプ社から、待望のヴェポライザー用CBD入りリキッドが登場!気になる「ヘンプフレーバー」を試してみました。

そして、Zynerba社の製品情報ページに「胃酸によってCBDがTHCに変化することも防げる」と書いてありました。え・・・? CBDがTHCに変化・・・?

それの元ネタとなる、2016年4月に発表された内容がこちら↓

【外部サイト】Identification of Psychoactive Degradants of Cannabidiol in Simulated Gastric & Physiological Fluid | Drugs-Forum

ざっくり書くと、「CBDを模擬胃液(SGF)にさらすと、Δ9-THCおよびΔ8-THCに変化した」とのこと。そして「THCに変化する可能性を減らせるように摂取方法を検討すべきである」と結ばれています。

マジかと。

私はストリートで身につけた医学知識以上のものは持ち合わせていないので、深い部分までは理解できないのですが、CBDが胃酸でTHCに変化する・・・?

じゃ、CBD製品へウゲーって吐いた胃液をかけてスモークすればハイになれる・・・?

マジかと。

個人的な体験談では、CBDオイルをグビグビ飲んでもTHCのような効果を感じたことは一切ありません。リラックスしてぐーすか眠ったり、呼吸が深くなったりするくらいです。音が鋭敏に聞こえるとか、食欲が増進するようなTHC的な体験はありません。

CBDとTHCの体験の違い
産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の体験を、嗜好用大麻(マリファナ)と比べてみました。

また、かなり長期的・定期的にCBD製品を使いまくっているので、念のために「THC反応の尿検査」を行ってみたけど、もちろんシロ(反応なし)でした。

CBDオイルを使用していても尿検査は大丈夫?THC反応が出るか試してみた
産業用大麻(ヘンプ)から作られたCBDオイルは、マリファナの成分である「THC」を本当に含んでいないのでしょうか?尿検査に反応が出るか実験してみました!

しかし、もしうっかり胃の中でTHCに変化してしまったなら大変です。

CBDオイルというのは非常に新しい存在です。「万病に効きますよ!」みたいな宣伝をしているサイトも本当に増えたけど、たくさんの情報を見ながら慎重に使用すべきでしょう。

あ、いや、でもホントにCBDオイルをネタにしているサイトがこんなに増えているとは思いませんでした。

ここらへんの情報はもうちょっと調べてみます。繰り返しになるけれど、CBDオイルというのは非常に新しい存在です。たくさんの情報を見ながら慎重に使用すべきでしょう。

CBDオイルを通販で購入したいときは「CBDオイル輸入販売 CBD LAB」や「CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Navi」のような国内発送してくれる正規代理店をオススメします。