【レビュー】日常使いに取り入れやすい!CBDオイル RSHO-X 5000mg【ヘンプメッズ】

シェアする

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られる「CBDオイル」。ドロっとした液体のチンキタイプや、気化させたものを喫煙(吸引)使用するヴェポライザータイプ、粉末状のアイソレートタイプや高濃度のメディカルグレードタイプなど、さまざまな種類が日本でも購入できるようになりました。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談一覧【まとめ】
私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

私はCBDオイルを「ゆっくりほっこりしたいとき」に使っています。今日はもう仕事をしないよ!とか、のんびり過ごすよ!というときにCBDオイルがあれば、アタマの中の余計な思考(モンキーマインド)を落ち着けることができ、リラクゼーションの質が向上します。意識が深くなるので瞑想にも使えるし、なんとも便利です。私の場合は「オフにしたいときに使う」感じですね。

でも、常時CBDオイルの効果を感じていたいという人もおられると思います。

そんなときに気軽に使えそうな、ヘンプメッズ社の大容量CBDオイル「RSHO-X」を試してみました!ヘンプメッズ社はいろいろユニークなCBDオイルを作っているメーカーです。

【ヘンプメッズ】リアル・サイエンティフィック・ヘンプオイル(RSHO)のオススメ【通販】
アメリカ・HEMPMEDS(ヘンプメッズ)社の「リアル・サイエンティフィック・ヘンプオイル(RSHO)」シリーズからオススメのCBDオイルをご紹介します

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】5000mg

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】5000mg
価格 52,447円(税込)

内容量はたっぷり236ml。全体で5000mgのCBDが含まれています。モロトフカクテルにも使えそうなビンですね。

ビンの裏にある説明書きによると、1回あたりの適量は「ティースプーンに4分の3」とのこと。ティースプーン 1杯はおよそ5mlなので、4分の3なら3.75mlとなり・・・236mlの一瓶は約63回分の量ですね。1回につきおよそ80mgのCBDが摂取できます。

80mgという量はそこそこ多い量です。たとえば、こちらのCBDチューインガムは1粒につき15mgのCBDしか含まれていません。80mgだとガム 5粒を一気に食べるような感じです。

エンドカボタニカル CBD チューインガム
価格 3,218円(税込)

エントリーレベルのCBDオイルであれば「一瓶全体でCBDが83.3mg入り」というものもあります。RSHO-Xのティースプーン一杯が一瓶まるごとと同じわけです(ФДФ)

ヘンプクラシックCBDオイル 83.3MG/10ML
価格 2,580円(税込)

というわけで、最初のうちはティースプーンに半分くらいの量からスタートしてもよいと思います。

また、本製品はビンが巨大なため「ちゅーっと吸い上げるための注射器」が付属していました。ビンを傾けてドボドボ注ぐこともできるけど、うっかりこぼしたときを考えたら注射器で吸い上げるのが安全そうです。

一般のCBDオイルは少し粘度のある黒色の液体のものが多いけど、RSHO-Xはさらっとしていて完全に透明。

スプーンに乗せてペロっと舐めてみました。まったく味がありません。サラダオイルやペペローションを舐めているような感覚です。

お茶やお水に混ぜることもできるけど、油なので分離します。とんこつラーメン屋でずるずる食べてたらコップの水に油が入ったときみたいな感じです。

ほぼ無味・無臭の油なので、お茶やコーヒーに混ぜても(見た目以外は)違和感がなく、日常生活に取り入れやすいです。ミキプルーンを舐めるみたいにスプーンからダイレクトに舐めてもイヤな味はありません。

効き方は・・・とてもマイルドなように感じました。アイソレートタイプをガラスパイプで吸引したときや、メディカルグレードの濃いのを舐めたときのような「すとんっ」という切り替わり方ではなく、ぼわ〜んと穏やかに切り替わっていきます。3時間程度は効果があるようです。

容量のワリには弱いかな?というのが正直なところ。一般的な(マズい味の)CBDオイルより、マイルドにぽわ〜〜〜んと効く感じでした。

でも、この気軽さは本当に使いやすいです。ヴェポライザーと同じくらい気軽に摂取できるから、CBDオイルを使い続けたいけれどマズい味が苦手・・・とか、ヴェポライザーだと上手に吸引できない・・・という方にオススメです!今日もペロペロ舐めてます。

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】5000mg
価格 52,447円(税込)