アイソレートタイプのCBD 結晶粉末をガラスパイプで喫煙してみた

シェアする

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られるCBD製品。いわゆるマリファナと同じ「大麻草」由来ではあるけれど、精神活性物質である「THC」を一切含まないため、マリファナのように精神を深めるための用途ではなく、日々のクオリティ向上のために役立てる人が世界中で増えています。

私もこれまでにたくさんのCBD製品を使用しました。日本で正規販売されているものはほとんど試したんじゃないかというマニアっぷり。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談一覧【まとめ】
私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

私はCBDを瞑想や安眠の補助に使用しています。ココロの中にある余計な雑念(モンキーマインド)から離れて、すーっと意識を落ち着けることができます。飛行機や電車など、人が多いところは苦手なので長距離移動の際にも欠かせません。

※個人の感想です。CBD製品は医薬品ではなく、健康食品(サプリメント)です

CBD製品は「オイル」の形をした「CBDオイル」がもっとも一般的で・・・

5%CBDオイルドロップ CBD 500mg/10ml
価格 8,000円(税込)

より手軽に使用できるものとして喫煙の「ヴェポライザー」も人気ですが・・・

CBD・ヴェポライザーセット
価格 9,370円(税込)

これらは「オイル」や「ヴェポライザーのリキッドにするための液体(PG)」など、CBD以外の添加物が加えられているため、より純粋なCBD体験を求めると「CBDそのものの結晶粉末(アイソレート製品)」にたどり着きます。

CBD 1000mg配合 99%クリスタル結晶
価格 16,800円(税込)

【レビュー】リアル・サイエンティフィック・ヘンプオイル(RSHO)CBDアイソレート【ヘンプメッズ】
ヘンプメッズ社・RSHOシリーズの中から、CBDそのものの結晶粉末・アイソレートタイプを試してみました!

前置きがヒジョーに長くなりましたが・・・アイソレートタイプのCBD製品はガラスパイプを使って喫煙(吸引)使用ができるので試してみました!これ、いいですよ!

CBD結晶粉末とガラスパイプを用意

ガラスパイプはアマゾンで1,000円以下で販売されています。便利な世の中になったものです。

パイプ上部の穴からCBDの結晶粉末を投入します。穴のサイズは小さいので、コーヒーを買ったときのマドラーなどで挿入しましょう。

ガラスパイプを片手に持って、丸い底の部分をライターで加熱します。CBDの結晶粉末はすぐに液体に変わり、そのまま加熱を続けていると白い煙が細く上がってくるので・・・

すーっと吸いましょう。ボケボケしてたらすべて気化して消えてしまうので注意。

煙は少しノドに来ます。喫煙習慣がない人だとゴホゴホむせかえるかも。ヴェポライザーの方がノドには優しいですね。

そして・・・

ふはー。さすが高濃度&喫煙ということで、効果を感じるのが早いです。マズイ思いをしながらCBDオイルを舌下に留めたり、プカプカとヴェポライザーで喫煙を繰り返すことなく、一吸いで効果を感じられました。こりゃ手っ取り早いな。結晶粉末をそのまま舐めたときとは少し違うようにも感じます。

なお、ガラスパイプをライターで炙ると底面が真っ黒になりますが、これはあくまで「パイプの外側」に付いたススだから気にしなくても大丈夫かと思います。ティッシュでフキフキすれば簡単に落とせます。

ガラスパイプを使うメリットは圧倒的な「速さ」と「コストパフォーマンスの高さ」です。

精神が急にパニックを起こしたとき、ふつうのヴェポライザーではノンキすぎるけど、ガラスパイプなら素早く効果を感じられます。

難点は用量のコントロールがしづらい点と、行為の見た目が非常に怪しいという点。喫煙可能な場所であっても、人前では使えないでしょう。のーんびりやるならヴェポライザーの方がよいです。

そして、吸収率のよい喫煙使用だからアイソレートタイプの結晶はごくわずかな量(耳かき一杯分くらい)で十分です。

それにしても、CBDの効果ってすごく瞑想やマインドフルネス向けだと思うけど、そういうのが好きな人たちの間では話題になっていないのかな・・・。

CBD 1000mg配合 99%クリスタル結晶
価格 16,800円(税込)

今日は穏やかな気持ちで一日をゆっくり過ごします!ナイス休日!