手軽にVAPE!CBDリキッド・ヴェポライザーセット「ベイプペン」【レビュー】

シェアする

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られる「CBDオイル」は、スポイトで吸い上げて舌下に垂らして飲み込む製品が最も一般的です。

飲用なら摂取量のコントロールが容易で手軽に使える一方、CBDオイル特有の青臭い味が気になる方も多いと思います。

CBDの先進国であるアメリカでは「喫煙」での使用がもっとも人気があります(言葉では「喫煙」としていますが、実際は「燃やした煙」ではなく「気化した水蒸気」を吸引します)。

CBDオイルは従来の医薬品の代替となるか?リサーチ結果についての感想
Brightfield GroupとHelloMDは「カンナビジオールを理解する」と題した調査の概要を発表しました。感想とともに紹介します。

喫煙は飲用よりもバイオアベイラビリティが高いため、CBDを効率よく全身に届けることができます。経口(Oral)だと20%、吸入(Inhalation)だと30%と、1.5倍の差があります(もっとも高いのは直腸吸収の60%です)。

anal

画像引用元:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd/

しかし、喫煙しようと思うと「喫煙用のCBDリキッド」と「喫煙に使用するヴェポライザー」という2つの道具を揃える必要があり・・・なかなか面倒くさいものがありました。

たとえば、喫煙用のCBDリキッドはこんなの↓

非喫煙者にこそオススメ!ファーマヘンプ CBDリキッド  5%【レビュー】
非喫煙者でもノドに負担なく吸えるファーマヘンプ社のCBDリキッドがよい感じです!

そして、ヴェポライザーはこんなの↓

別々に購入するのは面倒・・・という声が届いたのか、ブルーバードボタニカルズ社から「あらかじめCBDリキッドが入っているヴェポライザー」が登場していたので早速使ってみました。購入元は「CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Navi」です。

CBDリキッド・ヴェポライザーセット「ベイプペン」

CBDリキッド・ヴェポライザーセット
価格 6,559円(税込)

ヴェポライザー本体は定評のあるカンガーテック社製の「EVOD」。安っぽさは感じられません。

ポーチの中には専用の充電アダプター入り。スマホのようにUSBから充電します。

ヴェポライザー本体に直接USBケーブルを接続することはできず、専用の充電アダプターが必要なのは少し面倒ですが、一般的な喫煙量であれば一回の充電で数日は使い続けられます。

ヴェポライザーは細身なので持ちやすいです。バカスカ吸うのではなく、スマートにすぃ〜〜っと吸う感じです。

部屋中を爆煙で満たすような吸い方をしたいときは「MOD」を組み合わせると爆煙VAPEが作れます。

爆煙ヴェイプ!Original HCIGAR VT250 TC Mod with DNA250 Chip【vape】
中国の超巨大ショッピングモールサイト「Gear Best」で凶悪そうなVAPE MODを買ってみました。この爆煙はスゴイ!!!!!!!!!

丸いボタンを素早く5回押すと電源がONになります。同じく5回押すと電源がOFFに。

カンガーテック「EVOD」の表示がさりげなく。

本製品には丁寧な日本語の説明書が付いているので私でも非常に分かりやすかったです。こういう製品で日本語説明書付きというのは珍しいですね。素晴らしい!

CBDリキッド・ヴェポライザーセット「ベイプペン」を使ってみた

CBDオイル充填済みのカードリッジをヴェポライザー本体へ装着します。電源ボタンを5回素早くカチカチと押して電源オン。

ボタンを長押しすると加熱がスタートし、水蒸気が弾けるようなパチパチッという音が聞こえてきたら口を付けて「すーっ」と吸引を始めます。

ヴェポライザー本体が細身ということもあって、吸い心地はちょっと固め。むせかえるほど大量には吸い込めません。

味はわずかに甘い感じですが、ほとんど無味無臭です。タバコのような「煙」ではなく、水蒸気を吸っているのでノドにキツくありません。喫煙習慣がない人でもムリなく使えそうです。

しっかりと肺に留めて・・・ぷはー。

吐き出した煙(水蒸気)にもタバコのような強い匂いがないので、室内で吸っていても大丈夫そうです(禁煙の場所では吸わないようにしましょう)。

あー、やっぱりヴェポライザーだとCBDの効果を素早く感じられますね。目の力が抜けて、心身がよい感じにリラックスできているのが分かります(個人の感想です)。

静かな夜を過ごしたいときにピッタリだと思います。アメリカでもCBDの摂取方法でベイプが一番人気なのもうなずけますね。

このお手軽さは嬉しいです!そして、毎晩のように吸ってみたけれどカードリッジはなかなか減りそうにありません。コスパよさそうです。

ヴェポライザーのメリット

ヴェポライザーを使用してCBDを摂取するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 効果を感じるまでの時間が飲用タイプより早い
  • 飲用タイプの独特な味がなく、気軽に摂取できる
  • 摂取量をコントロールしやすい
  • 喫煙可能な場所であれば、まわりの目を気にせずに使用できる
  • ベイプという行為が楽しい

ヴェポライザーのデメリット

反対に、ヴェポライザーを使用してCBDを摂取すると以下のようなデメリットがあります。

  • 効果の持続時間が飲用タイプより短い気がする
  • ヴェポライザーという道具が必要で、充電が切れると使えない

こんなシチュエーションにオススメ

CBDの作用には個人差があると思われますが、私の場合はCBDを摂取するととにかくボケーっと休みたくなります。仕事とか会話とかメールの返事とかやりたくなくて、ぼーっと過ごしたり、動画を見てたりしたいです。脳がリラックスするからだと思います。

決して「ハイ」にはならないので、パーリーピーポーがウェイってるクラブなどで使用するのには向いていないでしょう。

また、スマートドラッグのように頭脳が冴え渡ることもないので、車の運転や仕事中や試験勉強にも向いていません。

そう、ぶっちゃけていえば私にとってのCBDは「休む」ための作用しかないのです。私はアルコールを一切摂取しませんが、アルコール好きな人がチビチビやっているような感じに近いのかもしれません。

それでも、私の生活にCBDは欠かせないものになっています。

私は会社員ではなく自営業者(自分の会社)なので、ヘタしたらずーっと脳が何かに追われている状態です。あれやらなきゃ、これやらなきゃ、というのがあまりに多い毎日です。気が休まるタイミングがありません。ベッドの中でも奉仕してしまいます。

「今日は休むぞ!」と決めて、部屋の明かりを消してヴェポライザーをプカーっと吹かして、ゆるめの動画でも見ながら過ごす時間は、とても贅沢でとても大切なものになっています。

VAPEペンならではのメリットについて

ヴェポライザー用CBD入りリキッドとヴェポライザー本体を別々に購入するのではなく、あらかじめセットになったVAPEペンは「購入後にすぐ吸える」というメリットがあります。

通常、新品状態のヴェポライザーにCBD入りリキッドを補充してもすぐには吸えません。アトマイザーと呼ばれる部分へリキッドがしっかりと染み込むまで1時間程度は待たないと、空焚き状態でコイルが焼けしまってノドに辛い煙になります(たぶん身体に悪いです)。一度焼けてしまったコイルは復活不可能なので買い換えることになります。

ベイプペンならそういった心配が不要!買ったらすぐに使えるし、失敗がありません。

静かな夜を過ごしましょう!

CBDリキッド・ヴェポライザーセット
価格 6,559円(税込)

おまけ・ヴェポライザー CBDリキッド比較

CBDリキッドは各社から販売されています。コスパに優れた激安商品を探してみました!

コスパに優れた激安Vape用CBDリキッドを探してみた【通販】
さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」。ファーマヘンプ、KOI、NATUuRの3つを比較してみました!