いろいろ探り中・・・Original HCIGAR VT250 TC Mod with DNA250 Chip【レビュー】

シェアする

スポンサーリンク

中国の超巨大ショッピングモールサイト「Gear Best」では、スマホやタブレットなどのデジタルガジェットと並んで「VAPE」というカテゴリがあります。電子タバコですね。

そして、まーーーーー日本で見たことのないようなアレコレがいっぱい並んでおります。

その中から、ひときわ凶悪そうなコイツを試してみたところ・・・なかなか大変だったのでレビューです。

Original HCIGAR VT250 TC Mod with DNA250 Chip

Gearbest Original HCIGAR VT250 TC Mod with DNA250 Chip
Original HCIGAR VT250 TC Mod with DNA250 Chip

理想の状態はこれね↓

こちらの製品は「MOD」と呼ばれる、VAPEの組み合わせパーツです。好みに合わせてカスタマイズできるのが最大の魅力ながら・・・ぶっちゃけよく分からない!!!!! 調べているヒマがない!!!!!!! 早くバカスカ吸いたい!!!!!!!!!

最初に「吸い口」となるパーツ「アトマイザー」が必要です。こちらを買いました。

Gearbest Original ELEAF iJust 2 RTA Rebuildable Tank Atomizer with 5.5ml Capacity / Airflow Slot 510 Thread
Original ELEAF iJust 2 RTA Rebuildable Tank Atomizer with 5.5ml Capacity / Airflow Slot 510 Thread

「510」というのが共通の規格らしいです。

くるくるとねじ込むと・・・

vape_6

こんな感じになります。ペン型のヴェポライサーに比べるとしっかり太くて、吸い込んでみたときのエアフローも上々。

vape_3

一般的なペン型ヴェポライザーと比べると、この迫力。サイズの感じとしては、お尻に入れるのは躊躇する太さといえば分かりやすいでしょうか。

vape_4

しかし、ここでもうひとつ気づきました。これ、バッテリー入ってないじゃん!

そして、VAPEのバッテリーというのは独自規格のサイズです。ローターのように乾電池では動きません。というわけで、こちらを3本注文。

Gearbest US18650VTC4 18650 3.7V 2100mAh Li - ion Battery 30A Discharge
US18650VTC4 18650 3.7V 2100mAh Li – ion Battery 30A Discharge

これで、ようやく吸える準備が整いました!Micro USBから充電します。

ヴェポライザーを使用して喫煙したいのはこちら。ほっこり落ち着くCBDオイルです。

ヴェポライザーへCBDオイルを注ぎます。巨大だから、オイルもたっぷり入ってちょっと不安(貧乏性)。最大で5.5ml入るということなので、上記のCBDオイル(10ml)の半分以上を入れられるわけですね・・・。

いやこれ、すごい量だと思うぞ。5,000円分くらい入ってるということか・・・。

vape_8

※ヴェポライザーのCBDオイルが高価なだけですね。一般的なE-liquidであれば30mlを10ドル以下で購入可能です。

そして、MODのコントローラーで「出力」のワット数を選択します。

vape_2

出力はアトマイザーによって最適な数値が決められており、私のは30Wから80Wとのことでした。小さな数値から試したところ、5W程度だとピクリともせずに、10W程度から「ジュボジュボ・・・」という音とともにスモークが始まります。

最大で250Wというムチャクチャな数値まで上げられるけれど、出力を上げすぎるとコイルが焼けてしまうので、最初は低めから試すのがよいと思います。

そして、エアフローが快適な分だけガツンと吸えます。CBDオイルをスモークするには贅沢すぎる環境だったのか、一服しただけでも満足でした。

vape_1

うーんこ れはもっともっと使いこなしたいですね。ほっそいヴェポライザーを使って上品に吸っている女の子のとなりで、この極太サイズでブッハーと煙を吹き出して濡れさせたいですね。

もうちょっと研究してみます。「こうすればいいよ」というのがあればぜひ教えてくださいー。