CBDオイルをヴェポライザーで電子タバコのように喫煙してみた【Vape】

スポンサーリンク

最初にお断り

本記事は「飲用タイプのCBDオイルをヴェポライザー(Vape)でムリヤリ喫煙で使用してみた」という内容です。しかし、この行為は発がん性物質が発生するというご指摘をいただきました。もっと早く教えてくれよ(ФДФ)!

というわけで、喫煙使用はヴェポライザー用の「CBDリキッド」を使用するのがよいようです(この記事を書いてたころは日本国内でヴェポライザー用CBDリキッドは未発売でした)。

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」。ファーマヘンプ、KOI、NATUuRの3つを比較してみました!

もっとお手軽なVapeとCBDリキッドのセット商品もあります。ヴェポライザーを持っていないビギナーさんにはこちらの方がオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴェポライザーセット 【カンガーテック社製】
価格:6559円(税込、送料別) (2018/3/9時点)

ヴェポライザーにCBDリキッドのカードリッジが付属した「ベイプペン」を試してみました。VAPE使用の面倒くささを省けるので便利です!

以下、まだ知らないころに書いた記事です↓

産業用大麻(ヘンプ)から作られたCBDオイル。さまざまな効果が期待され、大きな注目を集めています。

産業用大麻(ヘンプ)の茎や種から抽出した「CBDオイル」についての解説です。さまざまな効果が期待されます。

私も眠れない夜やゆっくり落ち着きたい時間にCBDオイルをよく使用しています。今回、本来なら経口摂取(口から飲用)する液体状のCBDオイルを、Vapeを使って電子タバコのリキッドのように喫煙したらどうなるか実験してみました。

※CBDオイルは日本国内で合法的に所持・使用できます。購入は「CBDオイル輸入販売 CBD LAB」や「CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Navi」のような国内配送の正規代理店による通販をオススメします。

【関連】オススメ!ファーマヘンプ社のCBDオイルまとめ

CBDをVapeで喫煙するのは、CBDの先進国であるアメリカでもっとも人気がある使用方法です。経口摂取(飲用)のように青臭い風味に悩まされることなく、効果を実感するまでの時間がとても短いので用量をコントロールしやすいです。

Brightfield GroupとHelloMDは「カンナビジオールを理解する」と題した調査の概要を発表しました。感想とともに紹介します。

CBDオイルとヴェポライザーを用意

CBDオイルとヴェポライザーを用意。ヴェポライザーはさまざまな種類があるけれど、安くて使いやすいKamry社のものを選びました。

P4290241

電子タバコのリキッドと同じように、ヴェポライザーの内部へCBDオイルを染みこませます。

P4290242

CBDオイルは経口摂取だと15滴くらい使っているけど、さすがに入らないので3滴にしてみました。

P4290245
小さいから全然分からないですね・・・。綿みたいなところへ染みこんでる状態です。リキッドはヴェポライザーの中に入れっぱなしにできるので、吸いたいときにすぐ吸えるのが便利。

※繰り返しになりますが、CBDリキッドが手に入るいまの時代はCBDオイルを喫煙することはやめましょう

吸ってみた(写真なくてスミマセン)

それでは、ボタンを押してヴェポライザーの加熱をスタートすると・・・内部からジュワジュワという水分が過熱される音が。

あ、できますね。

あ、きますね。ほっこり。

煙もしっかり白く出ます(写真ないですが・・・)。電子タバコと同じ感じで、白い煙がぶはーっと出ます。しかも3滴なのに、けっこう長く吸えます。

うーん、ほっこりする。効果が出てくるのは経口摂取より早い気がします。

ただ、後半になるといきなり煙が辛くなり、ノドに痛い煙へ変化します(オイルがなくなって空焚き状態になったのだと思います)。がんばって吸い過ぎず、ちょっと煙が辛くなったら交換するのがよさそうです。味はほとんどありません。最後の方はガラムっぽい甘い感じがあったかな?という程度。

これは・・・アリです!!!!!!! ヴェポライザーを用意する手間はかかるけど、3滴でここまで効果があるならコストパフォーマンス高いです。ゆっくり落ち着きたいときによいですね!

後日追記

今回のテストは「経口摂取用のCBDオイルをVapeでムリヤリ喫煙してみた」というものですが、ちゃんとヴェポライザー用にCBDが含まれたリキッドを喫煙したときのレビューはこちらです。

最近すごくラインナップが充実してきたCBDオイル製品から、「喫煙」で使用するヴェポライザー用補充CBDオイルを買ってみました。

お手軽に試したいときには、使い捨てのヴェポライザーとCBDリキッドがセットになった商品がオススメです。

NATUuR Diposable PEN Ver.2 #MaryJane CBD2%
価格 2,800円(税込)

CBDリキッドを気軽に試してみたいという方へ!使い捨てタイプのCBD PENを試してみました。

また、ヴェポライザー用のCBDリキッドはさまざまな「フレーバー」があるのが特徴です。シーシャのように味を変えて楽しめます。フレーバーの紹介とコスパに優れたCBDリキッドについては以下のエントリから。

さまざまなメーカーからリリースされているヴェポライザー用の「CBDリキッド」。ファーマヘンプ、KOI、NATUuRの3つを比較してみました!

CBDの効能について念のため

CBDオイルは産業用大麻から作られますが、いわゆるマリファナの酩酊成分である「THC」は含まないので、ハイにはなりません。瞑想をしたときのように静かに落ち着く感じです。エロ目的には使えませんし、ジャンキーになるようなこともないと感じています。効能を間違えないようにしましょう。

CBDが一過性の流行で終わることなく、麻の可能性がゆっくりと拡がって、たくさんの未来を選択できるようになることを望んでいます。

さらにしっかりと効果を実感したいときには、純度の高いCBDの結晶をガラスパイプで吸引するのがよいと思います。

ガラスパイプで吸引している姿は非常に悪いけれど、効果は格別でした。

CBDの結晶粉末をガラスパイプで喫煙してみました。急いで効果を感じたいときにオススメです!

静かな夜を過ごしましょう!Vapeの世界は奥が深いので、またいろいろ試してみます!