CBDオイル入りのチョコレートを作ってみた【俺流】

シェアする

スポンサーリンク

TSJK100_pockytaberu20150208143421_TP_V

すっかり普及した感じのある「CBDオイル」ですが、味がとにかくマズイのが難点でした。さらに、スポイトでチューッっと吸って舌下に垂らす方法だと、人前ではなかなかやりづらいです。

海外では「CBD入りのチョコレート」や「CBD入りのグミキャンディ」も販売されているので・・・

ちょいと作ってみました。手作りチョコなんて人生初です。使用したCBDオイルは先日レビューした「4種セット」の中から、クラシックヘンプブレンドです。

【レビュー】ブルーバードボタニカル社 濃縮タイプCBDオイル4種セットを試してみた
4本セットでかなりお買い得な「ブルーバードボタニカル社 濃縮タイプCBDオイル4種セット」のレビューです。これだけあればしばらく安心です。

CBDオイル入りのチョコレートの作り方(俺流)

一口サイズのチョコレートと耐熱容器(ココット)、サランラップ、CBDオイルを用意します。

cbdchoco_1

耐熱容器にサランラップを入れて、ドライヤーを使ってチョコレートを加熱します。

cbdchoco_2

溶けてきたところへCBDオイルを投入。チョコレートの見た目は固形のままでも、触るとドロリと溶けていました。

cbdchoco_3

適当に攪拌し、手でこねてチョコレートっぽい形にします。サランラップに黄色いオイルがたくさん付着しているのが気になる・・・チョコの量が少なかったかもですね。

cbdchoco_5

冷蔵庫で冷やせば完成!

CBDオイル入りのチョコレートを食べてみた

私のスイーツスキルが低いこともあって、見た目はひどいものですね。

cbdchoco_7

クンカクンカしてもチョコレートの匂いしかありません。うーんこ れは・・・

cbdchoco_8

しっかりウマイ!マズくない!

味は9割チョコレートな感じ。鼻から抜ける香りが青臭い感じもありつつ、CBDオイルそのものを飲んだときに比べるとはるかに少ないです。

そして、もったりと効果を実感できました。舌下で摂取したときのような「効きの早さ」はないけど、確かにCBDオイルの効果です。

お鍋で大量のチョコレートを溶かして作れば、もっと見た目がよいものになると思います。

FCFG100125449_TP_V

持ち運びに便利そうです

上手に作れば見た目ももっとよくなるだろうし、手軽にどこでも摂取することができるのは大きな魅力ですね。

私はいつのころからか、人が大勢いる場所がすごく苦手になりました。満員電車とか新宿の路上とか、立ちんぼしているだけで精神的にダメージをくらいます(クラブは人が多くてもひとりの世界だから大丈夫)。

「うひゃー」というときでもCBDオイルがあれば安心できます。チョコレートなら、ポッケから手軽に取り出して摂取できそうですね!

念のためのお願い

こういうものは「自分の意思で使うためだけに、自分で作る」ようにしてください。何も知らない女の子へ食べさせてエロいことをしてやろうとか、ストリートで高値で販売しようとか、絶対にやらないようにしてください。

CBDオイルは「落ち着く」ためのものなので、エロにもストリートにも向いていませんが、この新しい可能性を大切に育てるために悪いことには使わないようにしましょう。

ブルーバードボタニカル社 濃縮タイプCBDオイル4種セット

もうすぐバレンタインデーということで、コレも気になりますね。

※CBDオイルは医薬品ではありません
※このブログはCBDオイルの効果を保証・証明するものではありません。個人的な感想です