【自分で】ZenFone2のバッテリー交換方法

シェアする

スポンサーリンク

ZenFone2のバッテリー交換方法です。まだバッテリーだけの販売はされていないようですので、参考までに。

【関連】【自分で修理】ASUS Zenfone2のフロントパネル交換方法【ディスプレイ】

おやくそく

自分で分解・修理するとメーカー保証が受けられなくなります。また、分解・修理に伴って故障する可能性があります。自己責任にて行いましょう。

用意するもの

トルクスドライバーのような特別な工具は必要ありません。先の細いドライバー(精密ドライバー)があれば大丈夫です。

  1. 精密ドライバー プラス
  2. 一般的な両面テープ
  3. つまようじ
  4. ドライヤー(ヒートガン)

手順1:フタを外してケーブルを抜く

電源を切り、SIMカードを入れるときのように背面パネルを外します。SIMカードとMicro SDカードも外しておきましょう。自分の体に静電気が貯まっていると破損の危険性があるので、金属製のドアノブやMacなどに触れて、静電気を逃がしておきます。

P9270391

プラスの形のネジをすべて外します。ドライバーを使うのはこのときだけです。ふつうのプラスネジなので、先の細かい「精密ドライバー」があれば対応できます。外周部分はすべて同じ長さの黒いネジ、音量上下ボタンの右下のところだけが、銀色の長いネジです。ネジの数は黒ネジが13個、銀ネジが1つです。取り忘れのないように気をつけましょう。

カメラの右上にひとつだけ「SEAL」と書かれたシールの裏に隠れたネジがあるので、シールをはがしてからネジを外しましょう。

P9270394

すべてのネジが取れたら、裏蓋をそーっと外していきます。裏蓋の真ん中部分(SIMカードが刺さる箇所の両脇あたり)は両面テープで本体と貼り付けられているため、均等に圧力をかけながらそーっと剥がしていく必要があります。

裏蓋が取れたら、パーツをひとつずつ取り外していきます。

P9270395

外すのは全部で8カ所。端子を破損しないように、爪楊枝とヘラ片手にそーっとやります。

P9270396

1つ目は簡単です。ただ乗せられているだけのパーツがあるので持ち上げて外します。

P9270398

1つ目のパーツの下に、フラットケーブルのあるパーツが隠れています。このケーブルのコネクタは「白いストッパー」が付いています。このストッパーが倒れているときは「ロック状態(参考画像)」、「起こしてあるときはロック解除状態(参考画像)」です。ケーブルを抜くときにはつまようじなどで白いストッパー部分を動かしてロックを解除し、差し込み終わったら再度ロックしましょう。

ロックを解除し、ケーブルを抜いて取り外します。

P9270397

3つ目と4つ目は細いケーブルです。真上に持ち上げるとピンっと外れます。

P9270401

ここまで外すと、本体下部にあるバッテリーが取り外せるようになります。こちらも強力な両面テープが右下あたりに貼り付けられています(上記画像の右下にある白い横長なものが両面テープです)。ドライヤー等で適宜加熱しながら剥がしていきましょう。

これでバッテリーの取り外しが完了です。新しいバッテリーと交換できると思います。

おやくそく

自分で分解・修理するとメーカー保証が受けられなくなります。また、分解・修理に伴って故障する可能性があります。自己責任にて行いましょう。